テーマ:災害

エボラ上陸を阻止できるか?

羽田到着の男性が発熱、エボラ検査で搬送 リベリア滞在 厚生労働省は27日、西アフリカに滞在歴が有り、同日午後に羽田空港に到着した40代男性に発熱の症状があるとして、エボラ出血熱の感染の有無を含め検査していると発表した。男性は国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に搬送され、血液などの検体を国立感染症研究所に送って詳しい検査を進め…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

エボラ 人類の敵

「エボラは、我々より早く動き、我々よりはるか先にいる」 「流行拡大を抑えるためには、少なくとも感染死亡者の70%が他の人に汚染することなく埋葬する必要がある。この目標を達成できれば、我々は流行拡大を回避できる。これは10月1日から60日間の勝負だ」 (アンソニー・バリー国連特別代表。国連安保理での発言) エボラ出血熱は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝日新聞、落城

謝罪会見する朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長と杉浦報道担当取締役(右) 今回の謝罪対象は、福島原発事故報道の嘘+慰安婦報道の嘘です。 ******************** 2011年3月15日。東日本大震災4日目。 津波で電源を喪失した福島第一原発では、炉心溶融(メルトダウン)のため水素が発生。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

韓国の客船沈没事故

韓国で、恐るべき海難事故が進行中です。 「進行中」というのは、乗客の生死が不明だからです。 4月16日朝、韓国南西部の珍島(チンド)沖で、大型客船のセウォル号が転覆、2時間で沈没しました。船内に閉じ込められた300名の乗客の名の大半は、済州(チェジュ)島へ向かっていた修学旅行生。ソウル郊外にある檀園高校の2年生です。 …
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

サムライの死 外道の戯言(ざれごと)

ノモンハン事件(1939)で日本軍と対戦したソ連極東軍戦車部隊司令官ジューコフの、スターリンへの報告です。 「日本軍兵士の間では規律がよく保たれ、兵士は真剣で頑強だった。彼らに降伏という言葉はなく、最後の一兵までよく戦った。…若い指揮官たちはよく訓練され、狂信的な頑張りをみせた。だが古参の下士官、年老いた高級将校は訓練不足で積極性…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

震災から1年 宮城県石巻市を歩く

「あのあと始めてここ来たんよ。見ると、思いだすでしょ。お父さん帰ってこねぇし…」 丘の上で、テレビ局のインタビューを受けながら、泣いている老婦人がいました。 港には漁師のおじいさんがぽつんと一人。 「今はシラウオ漁。朝5時がら出てる。…採れる魚? 変わんねぇなぁ。…港も沈下して、…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

唖然

7月23日、20:50頃 浙江省温州市で、中国高速鉄道同士が衝突。 先行車 杭州発、福建省福州南行きのD3115列車 後続車 北京南発、福州行きのD301列車 集中豪雨の中、落雷による停電で停車中のD3115に、後続のD301が突っ込んだ結果、D3115の後部2両が高架から落下。D301の全部4両が脱線、先…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もんじゅ

高速増殖炉もんじゅ 原子爆弾にウラン型(広島型)とプルトニウム型(長崎型)があるように、原子炉にもウラン型(軽水炉・黒鉛炉)とプルトニウム型(高速増殖炉、プルサーマル)があります。 中東依存の石油に代わるエネルギー源として日本が原子力を選んだとき、最大の問題は原料をどうするか、でした。岡山県の人形峠で天然ウランが採掘され…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

インドネシア=ラヤ

2004年12月26日、スマトラ島北西部を襲った巨大地震。 マグニチュード9.1(東日本大震災の1.4倍)。震源域は1千数百キロで、銚子沖から北方領土までの距離。直後に大規模な津波が発生し、この津波はインド沿岸からアフリカ東岸にまで達し、被害をもたらしました。 スマトラ島・ジャワ島は、ユーラシアプレートの最南端の縁に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

守るべきもの

もはや、お笑いの世界… 3月12日、水蒸気爆発を起こした福島第一原発1号機への注水を、政府が止めた、止めないという件。 5月25日 IAEA(国際原子力機関)調査団が来日 「原発事故の詳しい経緯を説明せよ」 管首相「東電が説明しろ」(オレは知らない)  ↓ 東電「総理官邸からの指示により、真水注入から海水注入…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

消えた線量計

80キロ圏放射線量マップ(文科省) イラク戦争のあと、米兵やイラクの一般市民の間で癌の発生や染色体異常が多発しました。原因と考えられているのが、米軍が使用した劣化ウラン弾です。ウランの重さを利用して、戦車の鋼鉄の装甲を突き破ることができます。先端には、核爆発しないウラン238を使用しています。この放射性物質が、細かい粉じんとな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

放伐

斉(せい)の宣王が問うた。 「殷の湯王が夏(か)の桀(けつ)王を追放し、周の武王が殷の紂(ちゅう)王を討伐(とうばつ)したという。…武王はもと紂王の家臣だった。臣がその君主を殺してもよいのか?」 孟子は答えた。 「仁を損なう者を賊、義を損なう者を残と呼ぶ。残賊(ざんぞく)は君主でなく、ただの人間。紂というただの人間を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原発を超えるもの

18世紀、イギリスのジェームズ=ワットが完成した蒸気機関。 左側のドラム缶を外から熱してお湯を沸かし、蒸気圧を使っててこを持ちあげ、右側の車輪を回すというシステム(外燃機関)です。19世紀になると、フルトンの蒸気船(汽船)、スティーヴンソンの蒸気機関車(汽車)、と発明が続き、交通革命が起こりました。しかし、外燃機関は熱効率…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一流と三流

震災発生から2カ月。 5月11日、岩手県南三陸町での追悼集会(時事) 住宅地は今もがれきの山であり、避難所生活は先の見通しが立たず、義援金の分配も遅れています。第一原発はくすぶり続け、東京電力はようやく1号機のメルトダウンを認めました。 福島第一原発1号機「メルトダウン」漏水も(読売新聞) 民主党政権は、ナン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動く大地 2

「この諏訪盆地から東の関東平野まで、かつては海底だったのだ…」 南アルプス(赤石山脈)から北方を見渡した若者の頭脳に明確なイメージが浮かびました。 赤石山脈上空から見た飛騨山脈と諏訪湖(Wikipedia) 若者の名はハインリヒ=ナウマン。 ビスマルクのドイツ帝国から極東の小国へ派遣された、20代後半(!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動く大地 1

南米東岸とアフリカ西岸の海岸線がぴったりと一致する。 それは、両大陸がつながっていた証拠ではないのか? すでに17世紀の哲学者フランシス=ベーコンが仮説を立てています。 1910年代、ドイツの気象学者ヴェーゲナーは、『大陸と大洋の起源』(1912)を発表し、大陸移動説を唱えました。特定の地層や特定の生物の化石が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

風の谷

「火は一日で森を灰にするが、水と風は100年かけて森を育てる」 「汚れているのは土なんです」 宮崎アニメの初期の傑作『風の谷のナウシカ』。 「火の七日間」と呼ばれる最終戦争の後、1000年が経過した未来、放射線で土壌が汚染され、放射線耐性菌類で覆われた「腐海」が広がる世界。海風が吹き抜けることで、「腐海」の浸…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

現場

「日本軍の下士官と兵士は頑強で勇敢であり、青年将校は狂信的な頑強さで戦うが、高級将校は無能である」 ――ノモンハン事件(1939)の際、ジューコフ司令官からスターリンへの報告 福島第一原発の内部映像/関西テレビ・ニュースアンカー(2011.4.22) 免震重要棟の入口 現場の指揮をとる吉田昌郎所長 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国父

南三陸町の被災地を視察された天皇・皇后両陛下 がれきに向かって黙祷される両陛下 避難所で被災者を激励される両陛下 初めての東北・被災地入り 両陛下"がれきの町"に黙礼 お見舞い「1人でも多く」 前に進む勇気、お与えに 宮内庁によると、両陛下は当初から「一日も早く東北地方に入りたい」という意向を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紙

「明日も来るからね」 (dailymail 24th April 2011) 相沢寿人(ひさひと)くん、9歳。宮城県石巻市在住。 あの日、父親が運転する車で家族――両親、祖母と、従兄弟2人と一緒に逃げる途中、道路は駐車場で行き止まりとなってしまい、車ごと津波に飲み込まれました。 無我夢中で窓をたたき割って脱出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基地と原発

1945年の普天間飛行場。周囲には畑が広がっている。 (宜野湾市HP)  ↓ 2005年の普天間基地。周囲には住宅がびっしり。 1945年、沖縄戦の最中に、米軍は日本本土空爆の拠点としてオキナワの重要性に着目し、基地建設を急ぎました。嘉手納(かでな)基地の場合は日本陸軍航空隊から接収しましたが、普天間基地の場合は農地…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Tomodachi

兵士2万人、艦船20隻、航空機160機。 米軍が、今回の震災・原発事故の被災地に派遣した兵力です。災害救援としては史上空前の規模となりました。作戦名はOperation Tomodachi。 三陸沖に向かう米空母ロナルド=レーガン。 韓国沖での対北朝鮮軍事演習を中止して、被災地に向かった。 (…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ペットの試練

緊急避難する時、ペットをどうするか? クルマがあれば連れて行くこともできますが、車がない人はどうするか。地域全体に避難命令が出れば、ご近所に預けるわけにもいかない。集団での避難所生活が始まれば、ペット持ち込みは不可能。 1~2週間で戻れるなら多めに餌と水を用意して、留守番させることはできますが、それ以上の避難生活になるならに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

相信希望

1999年9月21日。 日付が変わって間もない深夜1:47。台湾中部の山間部を直下型地震が襲いました。 台湾大震災。マグニチュード7.6。最大震度7。死者は2千数百人に達し、20世紀に台湾を襲った震災としては最大級のものとなりました。 3年前に初の自由選挙で当選した李登輝総統(大統領)は、軍のヘリで被災地に乗り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来

2031年。 がれきの中で生まれた赤ん坊が、今年成人式を迎える。 ぼくらは避難所で生まれた…らしい。両親から聞いた話だ。 想像を絶する津波の話も、行方不明の親戚の話も、恐ろしい原発事故の話も、両親から聞かされた。でも、自分では何も覚えていない。少年時代は、避難先の北関東で過ごした。両親はいわゆる原発難民で、家も土地も故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再臨界?

「ぼくは原子力にものすごく詳しいんだ」 ――菅直人首相(3月16日、内閣特別顧問・笹森元経団連会長に) 「臨界って何だ?」 ――菅直人首相(3月某日、某内閣官房参与に) 東工大理学部卒で原子力にものすごく詳しく、しかも臨界を知らない菅首相のために、文学部史学専攻の私が説明してあげましょう。 すべての物質は、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

捨て身

この人、体を張ってます。 フリージャーナリストの神保哲生さんが、退避勧告の出ている20キロ圏内に潜入し、ビデオに収めました。 ゴーストタウンに徘徊する飼い犬や牛たち。避難した飼い主が連れていくわけにもいかず、放したのでしょう。繋いだままでは餓死させるだけですから。 真実を報道するために、ジャーナリストは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人災

低レベル放射能汚染水1万トンを海に放出。 いま起こっていること。 1.福島第一原発の1号機~4号機で、津波により冷却装置が故障し、いまだ復旧せず。 2.1~3号機では炉心溶融、4号機では使用済み核燃料プールで水位低下。 3.1、3、4号機では化学反応による水素爆発が起こり、外壁(原子炉建屋)が半壊。 4.原子炉…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

戦う微生物

ウランを食べるバクテリア 放射線に強い微生物たち [Deinococcus radiodurans(デイノコッカス・ラディオデュランス)は、「放射線に耐える奇妙な果実」という意味。1956年にオレゴン農業試験場で発見された。当時、食品保存の研究のために、牛肉の缶詰にガンマ線を照射して滅菌する実験が行なわれていたが、その缶詰を保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体にいい放射線

国際宇宙ステーションから「帰還」した宇宙ザクラ 中将姫誓願桜(岐阜市) 宇宙帰りのサクラ異変…なぜか発芽・急成 宇宙を旅した桜の種は、北海道から沖縄まで13地域の子供たちが集めた名木14種類。このうち岐阜市の中将姫(ちゅうじょうひめ)誓願桜(せいがんざくら)は、樹齢1200年と言われるヤマザクラの一種で、米粒ほどの小さ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more