テーマ:世界史

アジア的専制と生態史観

ロシアではプーチンが大統領再選を果たし、事実上の終身大統領に。 中国では、習近平が憲法を改正し、終身国家主席に。 トルコでは、エルドアンが憲法を改正し、大統領権限を強化。 21世紀のユーラシアでは、ロシア帝国、中華帝国、トルコ(オスマン)帝国が甦りつつあります。 朝鮮半島では、民主主義国家の韓国が、独…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

墨子に学ぶ憲法改正

世論はいまだ割れています。 憲法改正、賛成51%…自衛隊「合憲」76% (2018年04月30日 09時30分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180429-OYT1T50099.html 自衛隊明記、賛否割れる 賛成27% 反対32% (毎日新聞2018年5…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

10月に、宗教本を出します。

不敗太陽神ソル・インヴィクトゥス タイトル(仮)は、『神武天皇とイエス・キリスト』 どうです? ちょっと衝撃的でしょう。 最初は、『茂木誠の宗教講座』だったんですが、インパクトが弱いということで、これにしました。 「イエス・キリストは日本人だった…」みたいなトンデモ本ではありません。 キリスト教紀…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

フィリピン大統領が米国と「決別」

「私は米国との決別を表明する」 「私は、あなたたち(中国人)のイデオロギー的な流れに自分の身を置き直した。場合によってはロシアへも行ってプーチン大統領と話し合い、世界に立ち向かっているのはわれわれ三者──中国、フィリピン、ロシア──だと彼に伝えるだろう。これしか道はない」 (フィリピンのドゥテルテ大統領 10月21日 訪問…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トランプ大統領で日本はどうなる?

3月16日、フロリダ、オハイオなど5州で大統領予備選。ミニ・スーパーチューズデー。 このあたりから、勝ち目がない候補者、選挙資金が続かない候補は、選挙戦から撤退していきます。 「なんてこった…」 「わがふるさとのフロリダもトランプか…」 「ルビオは撤退だ。ヒスパニックが多い地元で負けてはどうしようもない」 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ロシア軍のシリア空爆 「南京」のユネスコ登録

10/17(金)と10/24(金)は、オトナカレッジはお休みです。 過去の放送分は、こちらで聞けます。 ブログ更新が遅れて申し訳ありません... 論述テストの採点を片付けたので、この週末は12月に出す新書の最終チェックと、参考書の改定作業と、『新潮45』の原稿と… よお~し。やっと、できた…(こういう…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

思想史本、ついに発売!

『永遠のゼロ』のミリオンセラー作家、百田尚樹(ひゃくた・なおき)さん。 毎回、ジャンルの違う小説を書いてヒットを飛ばしています。百田さんの足元にも及びませんが、私も毎回ジャンルの違う本を出してみようと密かに考えています。 『経済は世界史から学べ』   ↓ 『世界のしくみが見える世界史講義』   ↓ 『世界史で学べ!地…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

戦勝国なき対日戦勝70周年パレード

ソ連時代のロシア。共産党内の権力闘争は秘密のベールに包まれていました。 突然、政府要人が失脚し、何の説明もありません。 そこで、革命記念日など式典の際にモスクワのクレムリン宮殿のひな壇に並ぶ共産党要人の立ち位置から、党内の権力関係を予測するという研究が生まれます。これを「クレムリノロジー」といいました。 共産主義者は「…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

「安倍談話」の破壊力について

冒頭にお知らせ。 ヒカルランドさんで有料セミナーやります。 8月 30日 (日), 13:00 ~ 16:00 「茂木の世界史授業----世界の宗教から日本を考える」 http://hikarulandpark.jp/html/page4.html 3月にやった「イエス・キリストと神武天皇」の続編です。 さて、夏…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あのとき日本が原爆を保有していたら…

ドイツの物理学者オットー・ハーンによる核分裂エネルギーの発見(1938)は、日本にも伝えられました。 陸軍は理化学研究所の仁科芳雄(にしな・よしお)博士に、海軍は京都帝大の荒勝文策(あらかつ・ぶんさく)博士にそれぞれ原爆開発の研究を依頼します。陸軍・海軍が縦割りで別々にやるというのが、いかにも帝国陸海軍です。 理化学研究…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

糖質制限ダイエットとTPP

昨年12月より、管理人は糖質制限ダイエットをはじめました。 30歳前後にメタボ(標準体重+10kg)になり、ある日、鏡に映ったおのれのあさましい姿に愕然とした私は、それ以後、水泳、エアロバイク、ジョギング、筋トレ、カロリー制限、プチ断食…と涙ぐましい努力を続けてきました。 週1、2回のエアロバイク30分、腹筋30回×3セット…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

安倍とメルケルが仕切るG7 日露和解への提案

ドイツのエルマウで開催された主要7カ国(G7)首脳会議が閉幕。 G7なのになぜ9人いるのか? EU代表として欧州大統領と欧州委員会議長が加わっているからです。 左からトゥスクEU大統領、安倍首相、ハーパー首相(加)、オバマ大統領、メルケル首相、オランド大統領(仏)、キャメロン首相(英)、レンツィ首相(伊)、ユン…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

地政学本、本日発売!

国会での安保法制論議やマスコミの論調を見てると、 「世界の国々はみな平和を望んでいる。日本が武器を捨てれば、誰も攻めてこない」 という間違った性善説に立脚していることがわかります。自民党が参考人として国会に招いた憲法学者たちが「安保法制は違憲」と発言し、朝日新聞などは鬼の首を取ったようにはしゃいでいますが、そもそも日本国憲法…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

地政学本、6月10日に出します!

タイトルが… 二匹目のドジョウ感でいっぱいですが(笑)、内容には自信があります。 領土領海を日々脅かされている昨今。 お花畑日本人もようやくリアルな国際政治に目覚めつつあり、地政学モノの入門書も数冊出ています。しかし、世界史--数百年単位の時間軸という視点から地政学を解説したものは、日本語のものでは初めてだと思…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

最強の潜水艦 豪州への武器輸出

そうりゅう(蒼龍)型潜水艦 建造途中。手前が船尾で、X型の舵が特徴。 海自の最新鋭潜水艦、豪に技術情報提供へ 政府は(5月)18日、国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合を開き、日豪両国による新型潜水艦の共同開発に向けた協議を進めるため、海上自衛隊の最新鋭潜水艦「そうりゅう型」に関連する技術情報を豪側に…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

戦勝70周年式典 プーチンの憂愁

モスクワで、対ドイツ戦勝70周年の軍事パレードが行われました。 モスクワ近郊まで迫ったヒトラーのドイツ軍を、ソ連軍が撃退した独ソ戦争のことを、ロシアでは「大祖国戦争」と呼びます(ちなみに「祖国戦争」といえば、ナポレオン軍を撃退した戦いとなります)。 赤の広場。右はクレムリン宮殿(ロシア大統領官邸)。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

安倍首相、米国議会で歴史的な演説

米連邦議会の上下両院合同会議で演説する安倍首相。 右からベイナー下院議長、バイデン副大統領(上院議長) ******************** 1945年2月19日、硫黄島(いおうとう)に、米海兵隊が上陸しました。 すでに占領したサイパン島から離陸、連日の日本本土空爆を行っていた米空軍のB-29爆撃機にとって、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

消費増税延期で衆議院解散 インパール作戦70年

安部首相が、衆議院を電撃解散しました。 ・本年(2014)4月から消費税を8%に引き上げたあと、来年(2015)10月に法律(社会保障・税一体改革法)通り10%に引き上げるかどうか考えてきた。 ・増税の結果、景気が腰折れし、税率をあげても税収が増えなければ意味がない。 ・7~9月のGDP速報によれば、成長軌道に戻ってい…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

10月の新刊 『世界のしくみが見える世界史講義』

この表紙をはじめて見た時… 私も、のけぞりました! 版元はヒカルランドさん。スピリチュアルものをたくさん出している新進の出版社さんですが、これから教養系にも手を広げたい、というお話でしたので、お受けしました。 ヤギワタルさんのイラストが何とも味わいがあります。 今回は、講義形式です。 編集者さん…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

スコットランド独立問題と沖縄県知事選

9月18日、スコットランド独立の是非を問う住民投票が、否決されました。 反対55%、賛成44%。 直前の世論調査では独立支持派が優勢。英国のキャメロン首相は、このままでは連合王国を崩壊させた首相として歴史に汚名を残すことに… スコットランド入りしたキャメロン首相が必死の説得。自治権の大幅拡大を約束。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ヤルカンドの惨劇 ラマダン明けのウイグルで起こったこと

中華人民共和国憲法 第36条 1. 中華人民共和国公民は、宗教信仰の自由を有する。 2. いかなる国家機関、社会団体又は個人も、公民に宗教の信仰又は不信仰を強制してはならず、宗教を信仰する公民と宗教を信仰しない公民とを差別してはならない。 ******************** 故郷メッカで迫害された預言者ムハン…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

敵との和解 日豪関係の1世紀

今年は第一次大戦勃発100周年です。 毎年7月14日にパリで行われるフランス革命記念日の軍事パレードですが、今年は第一次大戦100周年を記念する特別なものとなり、80カ国の軍の代表がパレードに参加しました。日本の陸上自衛隊の自衛官3名も、戦勝国の一員としてパレードしました。 日本の左がベラルーシ。(右がどこの国か、どなたか教…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

集団的自衛権を行使しなかった結果…

集団的自衛権の行使とは軍事同盟に基づいて、自国の軍隊が外国軍隊と共同作戦を行うこと。 集団的自衛権を行使しない、とは、中立政策に基づき、いかなる国とも軍事同盟を結ばず、共同作戦も行わず、外国軍隊の駐留も認めないことです。 「日本は憲法9条に従い、集団的自衛権の行使を認めてこなかった」 などというのは国内でしか通用しない…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

フィンランドに学ぶ正しい負け方

ワールドカップ・ブラジル大会は、残念な結果に終わりました。 どうも日本人は、「負けること」が下手な民族のようです。戦う前は根拠のない楽観主義に支配され、一度負けると冷静さを失い、客観的な敗因分析ができないまま、同じ失敗を繰り返す。そのあげく、忌まわしい記憶として忘れてしまおうとする。先の大戦の記憶も同じ。 今回は、フィンラン…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

河野談話を検証した結果…

アウシュヴィッツの元看守が、158件の殺人幇助容疑で逮捕されました。 (写真はこちらからお借りしました) 元ナチス看守 米東部で逮捕 89歳、158件殺人ほう助容疑 【ニューヨーク=吉枝道生】第二次大戦当時、ナチス・ドイツのユダヤ人大虐殺(ホロコースト)があったアウシュビッツ強制収容所(ポーランド)の元看守の男(89…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

南シナ海緊迫 武器輸出禁止の偽善

5月7日、南シナ海の海底油田をめぐり、中越の海上警察が衝突。 中国が開発を強行している海底油田。 3日、中国国営石油会社が海底油田の掘削開始を通告。 ベトナムは、「わが国の排他的経済水域EEZ内での掘削は認めない」と抗議し、武装警備艇30隻を派遣。中国海警も大型巡視船など数十隻を現地に派遣。 油田に接近す…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

習近平を迎えた爆弾テロ

4月30日、習近平を狙った爆弾テロが発生しました。 ウイグルは、チベットとともに1950年代に中華人民共和国に併合され、「兵団」と呼ばれる大量の漢人屯田兵が流入した地域です。自治区とは名前だけで、ウイグル人の自治区主席は傀儡(かいらい)で、漢人の自治区共産党書記が全権を握っています。かつての満州国で、日本人の関東軍司令官が全権…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

クリミア独立と沖縄独立

ウクライナからの分離とロシアへの編入を問うクリミアの住民投票が3月16日に行われ、圧倒的多数で可決されました。 投票率82.7%、賛成95.7%。 クリミア住民は、ロシア系60%、ウクライナ系25%、タタール系15%です。ロシアへの併合を嫌うタタール系が投票をボイコットしたので投票率は8割強となりました。しかし、ロシア系…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

クリミア危機 進撃のプーチン

3月7日、文化放送のオトナカレッジという番組に生出演しました。 https://www.youtube.com/watch?v=BlZrA8Q36Ww&feature=youtu.be メールをたくさんいただき、ありがとうございました。番組内でほとんど紹介できず申し訳ありません。調子に乗って、ちょっと喋りすぎました… * …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

建国記念日とクリスマス

2月11日は建国記念日でした。 といっても戦後の学校では祝日の意味を教えませんから、日本人の多くは、 「建国?…ま、休みになるなら何でもいいや」 とか考えませんし、某社会学者さんのように、 「日本の建国は、1945年もしくは1946年」 とか思っているうっかりさんもいるわけです。 建国記念日と…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more