テーマ:科学

北の「水爆」実験 日本の核融合炉

1月6日「水爆実験成功」を伝える朝鮮中央テレビ 元素は、原子核に含まれる陽子の数で決まります。 水素は陽子1個なので、原子番号1。 ヘリウムは陽子2個(中性子2個)なので原子番号2。  … 原子核(陽子+中性子)の質量(重さ)が増えると金属になります。235個のウラン235や、239個のプルトニウム239の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

あのとき日本が原爆を保有していたら…

ドイツの物理学者オットー・ハーンによる核分裂エネルギーの発見(1938)は、日本にも伝えられました。 陸軍は理化学研究所の仁科芳雄(にしな・よしお)博士に、海軍は京都帝大の荒勝文策(あらかつ・ぶんさく)博士にそれぞれ原爆開発の研究を依頼します。陸軍・海軍が縦割りで別々にやるというのが、いかにも帝国陸海軍です。 理化学研究…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

糖質制限ダイエットとTPP

昨年12月より、管理人は糖質制限ダイエットをはじめました。 30歳前後にメタボ(標準体重+10kg)になり、ある日、鏡に映ったおのれのあさましい姿に愕然とした私は、それ以後、水泳、エアロバイク、ジョギング、筋トレ、カロリー制限、プチ断食…と涙ぐましい努力を続けてきました。 週1、2回のエアロバイク30分、腹筋30回×3セット…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エボラ上陸を阻止できるか?

羽田到着の男性が発熱、エボラ検査で搬送 リベリア滞在 厚生労働省は27日、西アフリカに滞在歴が有り、同日午後に羽田空港に到着した40代男性に発熱の症状があるとして、エボラ出血熱の感染の有無を含め検査していると発表した。男性は国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に搬送され、血液などの検体を国立感染症研究所に送って詳しい検査を進め…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

エボラ 人類の敵

「エボラは、我々より早く動き、我々よりはるか先にいる」 「流行拡大を抑えるためには、少なくとも感染死亡者の70%が他の人に汚染することなく埋葬する必要がある。この目標を達成できれば、我々は流行拡大を回避できる。これは10月1日から60日間の勝負だ」 (アンソニー・バリー国連特別代表。国連安保理での発言) エボラ出血熱は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

よみがえる日本の翼 三菱MRJの挑戦

三菱・ゼロ・ファイター 1940年(皇紀2600年)に三菱重工が開発。正式名称は零式(れいしき)艦上戦闘機。 通称「ゼロ戦」。 中国戦線においては、空中戦による被撃墜ゼロという圧倒的強さ。 真珠湾攻撃以来、ラバウル航空戦を始めとする太平洋上の日米戦争において、零戦は圧倒的な機動力、戦闘力を誇示し、無数の米軍機を撃…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

理化学研究所と朝日新聞

世の中には「病的な嘘つき」が存在します。 また、何かの目的でその嘘を利用しようとする人たちがいて、この結果、「集団的な嘘」が生まれることがあります。 一度「集団的な嘘」が生まれると、「みんなが言っているから」という理由で嘘に信憑性が生まれ、疑いもなくこれを信じてしまう人々が現れる。そうなると、「実はあれは嘘でした」と言い訳が…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

消えたSTAP細胞

STAP細胞を発見した(?)小保方晴子さん 病気やけがで臓器や体の組織が機能しなくなった人に、健康な他人の臓器を移植をすると機能を回復できます。臓器移植です。すでに、骨髄バンク、角膜バンクなどの形で、臓器提供に応じる方が登録を行うシステムがあります。 二つある腎臓や、液体である血液・骨髄は生体移植できますが、一つしか…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

iPS細胞・山中教授の快挙 作家村上春樹の偽善

追記しました(121012) 糖尿病、パーキンソン病など難病で苦しむ人たちには朗報です。 京大の山中伸弥教授が、2012年のノーベル医学・生理学賞を受賞されました。 山中教授は、整形外科の臨床医をやめて研究者に転じたものの、米国と日本の研究環境のギャップに悩み、それでも条件の不利な日本に留まり、世界的な業績…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

もんじゅ

高速増殖炉もんじゅ 原子爆弾にウラン型(広島型)とプルトニウム型(長崎型)があるように、原子炉にもウラン型(軽水炉・黒鉛炉)とプルトニウム型(高速増殖炉、プルサーマル)があります。 中東依存の石油に代わるエネルギー源として日本が原子力を選んだとき、最大の問題は原料をどうするか、でした。岡山県の人形峠で天然ウランが採掘され…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

冥界の王

人間の手で物質を作り出す。神の領域への挑戦。 古くは「錬金術」Alchemyと呼ばれました。古代エジプト語で「土」を表すKhemetに、アラビア語の冠詞Alがついたものです。エジプトでは、トキの頭を持つ知恵の神トートが人間に伝えた魔術として伝えられました。ギリシアの自然哲学者たちも影響を受け、あらゆる物質は共通の原子から成り立つと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガス革命

そのとき、柴の間に燃え上がっている炎の中に主の御使いが現れた。 彼が見ると、見よ、柴は火に燃えているのに、柴は燃え尽きない。モーセは言った。 「道をそれて、この不思議な光景を見届けよう。 どうしてあの柴は燃え尽きないのだろう。」 神は柴の間から声をかけられた。 「モーセよ、モーセよ。ここに近づいてはならない。履物を脱ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発を超えるもの

18世紀、イギリスのジェームズ=ワットが完成した蒸気機関。 左側のドラム缶を外から熱してお湯を沸かし、蒸気圧を使っててこを持ちあげ、右側の車輪を回すというシステム(外燃機関)です。19世紀になると、フルトンの蒸気船(汽船)、スティーヴンソンの蒸気機関車(汽車)、と発明が続き、交通革命が起こりました。しかし、外燃機関は熱効率…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

動く大地 2

「この諏訪盆地から東の関東平野まで、かつては海底だったのだ…」 南アルプス(赤石山脈)から北方を見渡した若者の頭脳に明確なイメージが浮かびました。 赤石山脈上空から見た飛騨山脈と諏訪湖(Wikipedia) 若者の名はハインリヒ=ナウマン。 ビスマルクのドイツ帝国から極東の小国へ派遣された、20代後半(!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動く大地 1

南米東岸とアフリカ西岸の海岸線がぴったりと一致する。 それは、両大陸がつながっていた証拠ではないのか? すでに17世紀の哲学者フランシス=ベーコンが仮説を立てています。 1910年代、ドイツの気象学者ヴェーゲナーは、『大陸と大洋の起源』(1912)を発表し、大陸移動説を唱えました。特定の地層や特定の生物の化石が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

未来

2031年。 がれきの中で生まれた赤ん坊が、今年成人式を迎える。 ぼくらは避難所で生まれた…らしい。両親から聞いた話だ。 想像を絶する津波の話も、行方不明の親戚の話も、恐ろしい原発事故の話も、両親から聞かされた。でも、自分では何も覚えていない。少年時代は、避難先の北関東で過ごした。両親はいわゆる原発難民で、家も土地も故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再臨界?

「ぼくは原子力にものすごく詳しいんだ」 ――菅直人首相(3月16日、内閣特別顧問・笹森元経団連会長に) 「臨界って何だ?」 ――菅直人首相(3月某日、某内閣官房参与に) 東工大理学部卒で原子力にものすごく詳しく、しかも臨界を知らない菅首相のために、文学部史学専攻の私が説明してあげましょう。 すべての物質は、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

戦う微生物

ウランを食べるバクテリア 放射線に強い微生物たち [Deinococcus radiodurans(デイノコッカス・ラディオデュランス)は、「放射線に耐える奇妙な果実」という意味。1956年にオレゴン農業試験場で発見された。当時、食品保存の研究のために、牛肉の缶詰にガンマ線を照射して滅菌する実験が行なわれていたが、その缶詰を保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体にいい放射線

国際宇宙ステーションから「帰還」した宇宙ザクラ 中将姫誓願桜(岐阜市) 宇宙帰りのサクラ異変…なぜか発芽・急成 宇宙を旅した桜の種は、北海道から沖縄まで13地域の子供たちが集めた名木14種類。このうち岐阜市の中将姫(ちゅうじょうひめ)誓願桜(せいがんざくら)は、樹齢1200年と言われるヤマザクラの一種で、米粒ほどの小さ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ベクレルとキュリー

1895年11月8日。日清戦争が終わって半年後。 ドイツ帝国、ヴュルツブルク大学の実験室の明かりが消されました。この日の実験は、真空管に高電圧をかけたときに発生する電子の流れ(陰極線)を測定することでした。実験を行ったのは、ヴィルヘルム=レントゲン博士。 陰極線を見やすくするために、真空管は黒いボール紙で覆ってありました。と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

警鐘

食品による内部被曝について、専門家からの警鐘です。 菅谷・松本市長が食品安全委に出席 長期的な調査訴え 菅谷(すげのや)昭・松本市長は25日、都内で開いた内閣府の食品安全委員会に参考人として初めて出席し、意見を述べた。市長は「チェルノブイリ原発事故の被ばく地ベラルーシでは、子どもの甲状腺がんの発症率は事故後5年間で、事故前の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

臨界

臨界を起こさなければ、チェルノブイリにはならない。 現在起こっている問題は2つ。 (1)1号機・2号機・3号機の炉心溶融(メルトダウン)原子炉・圧力容器内の冷却水循環が停止したため、燃料棒(低濃縮ウラン)が過熱。水位が低下して水面から露出した燃料棒が溶けた。現在、放水により小康状態を保っている。 なお、燃料棒のジルコニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝る子は覚える

受験生に耳よりな情報です… 英単語や古文単語、日本史・世界史などの暗記モノは寝る前にやれ! 経験的にはわかっていましたし、私もそのようにアドバイスしてきました。覚えた後、別の情報が入ってしまうと記憶を上書きしてしまうのだと。 このことが、実験で証明された、というニュースです。 目や耳から入…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more