テーマ:米国

米中冷戦はじまる

覇権国家は、みずからの地位を脅かすNo.2の台頭を許しません。 1930年代のドイツと日本、1940年代のソ連がアメリカに挑戦したとき、強烈なしっぺ返しをくらいました。ソ連は対ドイツ戦ではアメリカの同盟国でしたが、スターリンが東欧諸国を要求したとき、アメリカはこれを「敵」とみなしたのです。 1947年のトルーマン・ド…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

総理大臣の選び方

続きの動画をアップします。 ******************** 「今回の自民党総裁選の解説をお願いします。 私は政治に興味を持ち始めた高校生の新参者でして、安倍さん、岸田さん、石破さん、小泉さんのそれぞれの政策の違いについて教えてください」 というおあさんのご質問にお答えします。 2016…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

家康に学ぶトランプ・金正恩会談

6/18(土) 配信YouTubeライブ(生放送)ニュースQ&A https://youtu.be/m3KctwMGX7w ******************** コミュニケーションにおいて言語が占める割合はわずか7%。 音声・音質が38%、表情・仕草は55%。非言語コミュニケーションが9割以上を占めているという研…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

トランプ書簡と米朝会談中止

(お知らせ) 5月30日20:00- YouTube生配信Q&A、第2弾をやります。 https://youtu.be/_Ju_tzylcbo 受験生も、そうでない方も、お気軽にご参加ください。 ******************** 「あなたはご自身の核戦力についてお話しになりますが、我々が持つ核戦力は、はるか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

米国のイラン核合意離脱

トランプ政権が、イランとの核合意から離脱しました。 イラン核合意は、オバマ前政権が主導して安保理5大国+ドイツ、EUとイランとの間で結んだものでした。イラン革命(1979)以来の米国とイランとの対立を終わらせる画期的なもので、オバマ政権最大の外交的成果とオバマは自画自賛しました。 しかしその内容は、 ・イランは今後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トランプのシリア再攻撃、北の核実験停止宣言

トランプはなぜ再びシリアをミサイル攻撃したのか? シリアのアサド政権は、本当に化学兵器を使ったのか? 金正恩はなぜ核実験を凍結したのか? キーパーソンはこの人。 詳細は、動画でお届けします。 こういう「喋るブログ」も悪くない と思った方は、 ←クリックお願いしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニコ生「ロシア史」/ティラーソン解任/森友問題

2018/03/18(日) …という企画をやりました。 http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv311704954 事前に予約された方、プレミアム会員の方は、タイムシフト(録画)でも視聴できます。 ご視聴ありがとうございました。m(_ _)m 2時間でロシア一千年史を語ってみ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ピョンチャン冬季五輪の外交戦

「マイク、サウスコリアから冬季五輪の招待状が来たんだが…君が行ってくれ」 「…私が、ですか?」 「オレは絶対に行かない。去年の訪韓で散々な思いをしたからな。合衆国大統領の名代としては、副大統領の君か、国務長官のティラーソンしかいないが、あのティラーソンでは心許ないので、君しかいない」 「いっそ、欠席されたら?」 「う~ん…」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あの人が、2017年を振り返る

「ヨジョン(余正)、2017年は過酷な一年だったなぁ…」 「兄さん。あなたはほんとうに強い人。脅しに屈しなかった」 「わが国は、歴史上はじめて完璧な自衛手段を持った。米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)、火星15号だ」 「敵どもは結託してわが国の圧殺を図った。米海軍の空母打撃群3つがわが国近海に集結し、グアム…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

米朝ミサイル危機は去ったのか?

「『アメリカは東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて東洋を征服しようという非道な野望を強め、… 軍備を増強し、わが国に挑戦し、更にわが国の平和的通商にあらゆる妨害を加え、ついには意図的に経済制裁を行い、わが国の生存に重大なる脅威を加えている。 私は政府に事態の平和解決を求め、長い間、忍耐してきたが、アメリカは少しも譲ろ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

タオルミーナ・サミット 空母ニミッツが西太平洋へ

伊勢志摩サミットから1年が経ち(早いなぁ~)、イタリアのシチリア島の景勝地タオルミーナでG7首脳会議が開かれました。 人口1万の小さな町ですが、見事な古代劇場があります。 町の人口を超える軍・警察が投入され、テロに備えます。 遺跡をバックに記念撮影 この1年で、G7の指導者が4人も変わりました。 米…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

米中両軍が朝鮮半島周辺に集結

米海軍は、空母を中心に駆逐艦や潜水艦で構成される「空母打撃群」(機動部隊)を10セット保有しています。 第1空母打撃群:空母カール・ビンソン 第2空母打撃群:空母ジョージ・ワシントン/ジョージ・H・W・ブッシュ 第3空母打撃群:空母ジョン・C・ステニス 第5空母打撃群:空母ロナルド・レーガン 第8空母打撃群:空母ハリー・S…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

米朝戦争に中国は不介入

トランプと習近平の間で、何らかの合意が成立しました。 中国は、「米朝戦争」(第2次朝鮮戦争)に介入しないことを確約したようです。 フロリダでの米中首脳会談後の晩餐会で、チョコレートケーキを食べてる時に、 「これからシリアを攻撃する」 とトランプに耳打ちされ、まともな回答もできぬまま逃げるようにして帰国した…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

米軍のシリア攻撃と習近平訪米

米国トランプ政権が、シリア政府軍への軍事攻撃に踏み切りました。 ミサイル駆逐艦「ロス」から発射されたトマホーク・ミサイル 標的となったシリア空軍基地 これまでの経過。 4月4日 英国のNGO「シリア人権監視団」が発表 「シリアのアサド政府軍が北東部で反政府勢力の拠点を空爆し、化学兵器を使用した」 ロシ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

斬首作戦で米中不一致 パク・クネ逮捕

北朝鮮国営メディア「米B-1B爆撃機が半月に5回も朝鮮半島に飛来」 北朝鮮の国営放送・朝鮮中央通信は1日、「(米国が)3月15日から30日までの間に、グアム島に配備された核戦略爆撃機『B-1B』の編隊を5回にわたり延べ9機出撃させ、南朝鮮(韓国)上空でわれわれの重要な対象物を不意に攻撃するための核爆弾投下訓練に狂奔(きょうほん)し…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

金正男暗殺 安倍訪米の成果

北朝鮮のキム王朝(金氏朝鮮)3代目、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄、正男(ジョンナム)がマレーシアの空港で殺害されました。 家族が住む中国領マカオへ帰るため、マレーシアの首都クアラルンプールの空港でチェックインしようとしていた正男は、二人組の女性によって顔にスプレーをかけられ、ハンカチで口と鼻を塞がれました。 http:…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

近況と雑感

半月ぶりの更新となってしまいました。 ごめんなさい。 予備校の直前講習というお仕事で、ブログの更新どころではなかったのです。 昨日で、2016年度の教室での講義はすべて終了しました。 「また1年が終わったな…」という感慨。 ぼくらにとっては毎年のことですが、受験生にとっては、一生に一度か二度の大勝負が始まっ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ドナルド・トランプ大統領就任式

←クリックお願いします。 第45代トランプ大統領の就任式をABCのライブで観ています。 現地時間1月20日11時。あと1時間で政権交代です。 https://www.youtube.com/watch?v=F3LlPJ1wpkE&list=WL&index=96 ワシントンは曇り。寒そうです。 す…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

読者が選ぶ2016年10大ニュース 猛将マティスが米国防長官に

正月忙しくて、まだこれをやってませんでした… 1位 テンプル騎士団とタックス・ヘイブン  5652 2位 トランプ大統領で日本はどうなる? 5609 3位 イギリス国民投票でEU離脱へ  5265 4位 2016米大統領選開票  4995 5位 トランプ外交始動   4594 6位 イランの復活、サウジ崩壊への道  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の真珠湾訪問 空母「遼寧」が太平洋へ

戦艦アリゾナ。 1941年12月7日(日本時間8日)早朝、日本海軍航空隊による真珠湾攻撃で乗組員約1000名とともに沈没。 900体の遺体は船内に残され、燃料の重油の流出は今も続いています。 白い建物はアリゾナ記念館。戦没者の名前を刻む。 2016年12月27日。真珠湾攻撃から75周年。安倍首相がオバ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

トランプ外交始動

12/7(水) 19:00- 大阪で地政学入門の講演をやります。 http://www.sentanjuku.com ******************** 「パパ! マイケルがいらしたわ」 「おお、いま行く!」 「次期大統領閣下、とお呼びしてもよろしいですか?」 「ドナルドでいい。ここはオレの自宅だからな」 …
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

2016米大統領選開票

googleで「大統領」を検索すると開票速報の画面が出ます。 アメリカ大統領選は、州の取り合いです。 各州は、人口に応じて「選挙人」を選出します。カリフォルニア州の選挙人は55人。カリフォルニア州で勝った候補者は、この55人分の票を総取りします。得票率でわずかな差でも、選挙結果は大勝になるしくみです。 東部ニューイ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

米大統領選直前 ヒラリーのメール問題とは何か?

最後のテレビ討論会。 ヒラリー「トランプは女性蔑視発言を繰り返した!」 トランプ「ヒラリー・クリントンは犯罪者だ!」 ******************** 2011年。「アラブの春」と呼ばれる民主化運動が中東諸国を襲い、親ロシアの社会主義政権が次々に崩壊しました。 チュニジアのベン・アリ政権、エジプトのムバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィリピン大統領が米国と「決別」

「私は米国との決別を表明する」 「私は、あなたたち(中国人)のイデオロギー的な流れに自分の身を置き直した。場合によってはロシアへも行ってプーチン大統領と話し合い、世界に立ち向かっているのはわれわれ三者──中国、フィリピン、ロシア──だと彼に伝えるだろう。これしか道はない」 (フィリピンのドゥテルテ大統領 10月21日 訪問…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヒラリー VS トランプ 初のテレビ討論会

(お知らせ) 10/3(月) ラジオ文化放送「吉田照美 飛べサルバドール」に出演しました。 http://www.joqr.co.jp/saru/ ****************************** 決戦まで2カ月を切った2016年アメリカ大統領選、初のテレビ討論会。 すでに両者の主張は出そろ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒラリー・クリントンの病状

講義の準備やら、原稿執筆やら、採点やらに追われ、ブログを書く時間がまったく取れないまま、2週間が経過しました。 今日も徹夜明けで、原稿を仕上げたところです。 まずはこの間のニュース、総まとめ。 ・習近平がホスト役だった杭州G20は、何の成果もなく終わった。 「G7は終わった。これからは中国・インド・ブラジルなどB…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

2016東京都知事選と米大統領候補者指名

初の女性都知事が誕生しました。 都民の税金で豪遊を繰り返してきた舛添要一知事の辞任を受けて行われた都知事選です。 舛添をかばい続けた自民党都議連(内田会長)は、増田寛也(ひろや)候補(元通産官僚→岩手県知事→福田内閣の総務大臣)を擁立しますが、人選でもたついているうちに、小池百合子(小泉内閣の防衛大臣)が党の公認を得ない…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

オバマの広島訪問

「私たちは、この街の中心に立ち、勇気を奮い起こして爆弾が投下された瞬間を想像します。 私たちは、目の当たりにしたものに混乱した子どもたちの恐怖に思いを馳せようとします。 私たちは、声なき叫び声に耳を傾けます。… 私たちは、あの悲惨な戦争が、それ以前に起きた戦争が、それ以後に起きた戦争が進展していく中で殺…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

伊勢志摩サミット G7首脳が伊勢神宮参拝

伊勢神宮は、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮(ないくう)と、豊受大神(とようけのおおかみ)をまつる外宮(げくう)に分かれます。 関連記事:伊勢の式年遷宮 八咫の鏡の謎 http://mogiseka.at.webry.info/201310/article_2.html 内宮の入り口、五十鈴(いすず)川にかかる宇…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トランプ大統領が現実味 豪州の潜水艦受注問題

『日経ビジネス・オンライン』に私のインタビュー記事が載りました。 (前半)日本人には「リアリズム」の視点が欠けている http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/050900165/?rt=nocnt (後半)移民を先兵に領土を奪ってきたリアルな歴史 htt…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more