もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 『久米書店』に出てみたら…

<<   作成日時 : 2016/03/11 07:22   >>

ナイス ブログ気持玉 81 / トラックバック 0 / コメント 9

3月13日(日) 18:00- BS日テレ「久米書店」
http://www.bs4.jp/kumebook/index.html
画像

に出演します。

店長の久米宏さん(ツッコミ役)、店員の壇蜜さん(天然ボケ?)を私が訪ねる、という設定の、異色の対談番組です。2時間の収録でしたが、放送は1時間。どういうふうに編集されているのか楽しみです。
  ↓
画像

放映後…
  ↓
収録中は久米さんにあれやこれやとツッコミを入れられ、予備校業界の裏話みたいな雑談がメインになってしまい、これはこれで面白いけど、本の宣伝にならなかったなぁ…出版社に申し訳なかったなぁ…

と思っていました。

ところが放送されたのを見ると、きちっと本の紹介になっていたので、感服しました。番組編集者はプロです。(当たり前だけど)

で、収録後にとんでもない事態が…

『ニュースのなぜ』のAmazon売り上げグラフです。
画像


Amazon新書ランキングでいきなり1位。
画像


Amazon世界史部門のランキングでも1位。これまでベスト10がやっとでした…
画像

※ランキングは1時間ごとに変動します。

わたくしの著者ページです。
画像

画像


『世界史で学べ! 地政学』 → 軍事部門1位
『世界史を動かした思想家たちの格闘』 → 哲学史部門1位
『経済は世界史から学べ!』 → 経済学部門1位

Amazonでは「この商品を買った人はこんな商品も買っています」というおすすめリストが表示されるので、以前出した本も一緒に買っていただいているようです。

『ニュースのなぜ』と並行して書いた『思想家たちの格闘』が、哲学史部門で1位になったのが嬉しいです。この子だけまだ重版がかかっていないので、みなさん応援してやってください。書店様、『ニュースのなぜ』の近くに『思想家たち』を置いてあげてください。


それにしても、




テレビの力、おそるべし




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。



☆気持玉は管理人に執筆意欲を与えます。よろしくお願いします。


『東洋経済オンライン』に寄稿しました。Facebookからコメントもできます。
「よくわかる!歴史から読む「トランプ旋風」」
http://toyokeizai.net/articles/-/108074

文化放送オトナカレッジ、3/18(最終回)は「ヨーロッパ」です。
文化放送オトナカレッジ
オトナカレッジ過去の放送分




丸善・御茶ノ水店さんに、SB新書『ニュースのなぜ?』の直筆サイン本を10冊ほど置いてあります。店員さんにお問い合わせください。
こちらは文教堂・浜松町店さんです。トランプの似顔絵つき色紙は、私が書きました。
画像


4刷御礼! 帯(おび)が久米宏さんに変わりました。

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)
SBクリエイティブ
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニュースの



丸善・御茶ノ水店さんでは、地政学フェアやってます。
画像


7刷御礼!
世界史で学べ! 地政学
祥伝社
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界史で学べ! 地政学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






図説・ゼロからわかる 三大宗教の読み方
実務教育出版
茂木 誠監修
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図説・ゼロからわかる 三大宗教の読み方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 81
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
本の売れ行き好調、おめでとうございます。でも、メディアの力はすごいですね。これじゃ、安倍総理は大変だ。こうなると、やはり放送法は必要な法規ですね。
Be cool!
2016/03/14 10:04
アマゾンの新書一位おめでとうございます!

テレビは見なくなったとはいえ、広告宣伝としては抜群ですね。。。

それより、先生またお仕事が増えそうですね!うれしい悲鳴ですか?
ドラグーン
2016/03/14 11:21
今『久米書店』録画してたのを見ましたけど、この番組では最近で一番おもしろかった。特にあの久米さんとタメ口だわ、斜に構えてしゃべるわ、その態度の大物ぶりにも感服(笑)。
ALEX
2016/03/15 00:29
ネットがなかった学生時代、久米さんと小宮悦子さんのニュースステーションが最大の情報源でした。テレビの黄金時代ですね。

天安門事件も、ソ連崩壊も、あの番組でナマで見ていたので、今回も初対面という気がまったくしませんでした。

私の態度がでかいのではなく、初出演のゲストをあそこまでリラックスさせる久米さんの懐の広さ、と言っておきましょうw
管理人
2016/03/15 03:41
思想家たちの格闘、楽しく読ませていただいたので、是非重版されて欲しいですね。
また記事に関係ない話題で恐縮なのですが、今年早稲田大学に合格しました。宅浪だったので先生のサイトの録音音声とプリントにはとてもお世話になりました、ありがとうございました!
K点
2016/03/15 16:16
K点さん、おめでとうございます。宅浪は自分との戦いですね。少しでもお役に立ててうれしいです。
管理人
2016/03/16 03:47
民主党と維新が合流して「民進党」になりましたが、これは反自民の一点だけでできた野党の寄せ集めであり、そういう意味では民主党と何も変わっていない気がします。私は特に何も期待していませんが、国会ではそこそこの議席数を持つので無視はできない気がします。「自民党が二つに割れるのが良い」と先生はおっしゃりますが、そのような動きはいつあるべきでしょうか。中国が崩壊したあとでしょうか。
カストロ
2016/03/18 02:37
ソ連共産党の出先機関だった日本社会党に対抗して、吉田自由党と鳩山民主党が保守合同(1955)して生まれたのが自民党。

ソ連崩壊後は、中国共産党の出先機関として小鳩民主党が生まれましたが、政権を取ったために正体がバレてしまい、再び野党に転落。「民進党」と看板を変えて国民を欺いても、次の衆院選で大敗するのは目に見えています。

売国野党が壊滅したら、自民党は安心して「保守分裂」できると思います。
管理人
2016/03/18 06:14
久米書店を見たかった。再放送してほしいなー。
na
2016/05/08 18:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
『久米書店』に出てみたら… もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる