戦勝70周年式典 プーチンの憂愁

モスクワで、対ドイツ戦勝70周年の軍事パレードが行われました。

モスクワ近郊まで迫ったヒトラーのドイツ軍を、ソ連軍が撃退した独ソ戦争のことを、ロシアでは「大祖国戦争」と呼びます(ちなみに「祖国戦争」といえば、ナポレオン軍を撃退した戦いとなります)。

赤の広場。右はクレムリン宮殿(ロシア大統領官邸)。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

大陸間弾道ミサイルRS-25。
画像

カザフスタン軍。旧ソ連加盟国です。
画像

ウズベキスタン軍。旧ソ連加盟国です。
画像

おしゃれなモンゴル軍。ソ連と同盟関係にありました。
画像

インド軍。ソ連と同盟関係にありました。
画像

そして今回、中国人民解放軍が初参加。
画像

ちなみに、ソ連と同盟していたのは中華民国で、中華人民共和国は存在せず、毛沢東一派はただの抗日ゲリラでした。

晴れ舞台を迎えたプーチン大統領ですが、なぜか浮かぬ顔。
画像


プーチン、最近急に老けたなぁ…
画像


きっと10年前の戦勝60周年のことを思い出していたのでしょう。

2005年、チェチェン・ゲリラ掃討のため、ブッシュの「対テロ戦争」に歩調を合わせていたプーチン。グルジア問題を抱えていたものの、西側諸国との関係はいまよりずっと良好でした。

戦勝60周年の式典には、西側諸国オールキャストが出席。敗戦国のドイツ・日本からも首脳が出席し、和解を演出しました。

小泉、シラク(仏)、シュレーダー(独)、プーチン、ブッシュ。
画像

和気あいあいですね。ww

この場には胡錦濤(こきんとう)もいたのですが、小泉パフォーマンスに圧倒されて存在感をなくしていました。

プーチンの演説も、西側諸国に気を使ったものになっていました。
「ロシアは、ファシズムに対する勝利を自分たちだけの勝利とは思わない。私たちはアメリカ、イギリス、フランスなど連合国の支援を忘れることはない」
「ロシアとドイツの歴史的な和解は、戦後の欧州において大変価値のある達成の1つであり、現在の国際社会における見本といえる」

今回(2015)も60カ国以上の首脳に招待状を出したものの、出席したのはわずか20カ国。ウクライナ問題でプーチンを非難する西側諸国がボイコットしたからです。この結果、旧ソ連圏諸国と中国だけが出席する寂しい式典になり、習近平が主賓扱いになったのです。

左からカザフスタンのナザルバエフ大統領、プーチン、習近平。
画像


なお、北朝鮮の刈り上げ君も招待されたのですが、「国内事情」を理由に辞退。留守にするとクーデタが起こりかねないので、動けないようです。
画像

南のパク・クネさんも、米議会での安倍演説以来、「胃が痛い」とずっと寝込んでいて欠席。


今回は、プーチンの演説内容もガラッと変わりました。
「われわれは世界を一極化させる試みを目の当たりにしている。これは世界の安定的な成長を害するものだ」
「ナチズムと日本の軍国主義に苦しめられ、戦った国々に感謝する」

9月に対日戦勝記念式典をやる予定の習近平が喜びそうな表現です。


一方、ロシアと事実上の戦争状態にあるウクライナのポロシェンコ大統領は、東欧諸国の首脳とともにポーランドで行われた式典に出席。

左から、EUのトゥスク大統領(ポーランド前首相)、ウクライナのポロシェンコ大統領、ポーランドのコモロフスキ大統領。
画像


ポーランドのコモロフスキ大統領
「我々は第二次大戦中、ドイツとソ連の全体主義の被害者となった。大戦の終わりは、ソ連による何十年もの支配の始まりに過ぎなかった」
(ロシアによるクリミア併合は)「(独ソがポーランドを分割併合した)1939年以来の時代錯誤の行動で、受け入れられない」

ウクライナのポロシェンコ大統領
「侵略と編入の歴史を繰り返すわけにはいかない」


安倍首相もこれくらい言うべきだったでしょう。
「我が国は確かに中華民国を侵略したが、大戦末期には中立条約を破棄したソ連によって侵略され、いまも千島列島を軍事占領されている。戦勝国も敗戦国もともに歴史から学ぶべきであり、戦勝国は何をしても許されるという発想は、新たな戦争を生むだけである」

実は安倍首相、モスクワの式典に招待されていたのですが、「日程が調整できない」のを理由にやんわりと断りました。行かなくてよかったと思います。

順風満帆に見える安倍外交ですが、日露関係の改善(領土問題解決)と日朝関係の改善(拉致問題)だけは足踏み状態です。

だからといって、日本の立場を捻じ曲げてまで擦り寄る必要はありません。下手に出れば、足元を見られ、条件を釣り上げられるのは目に見えています。

ロシア最大の資金源である石油と天然ガスの輸出は、昨年以来の原油価格の値下がりで大打撃を受けており、武器輸出にしか活路を見出せないプーチン。だからロシア製武器の「お得意さん」である中国に気を使い、AIIB(アジア・インフラ投資銀行)にも加盟したのです。

しかし中国の膨張は、長く国境を接するロシアの脅威になります。カザフスタンなど中央アジア諸国への中国の投資(新シルクロード計画)は、旧ソ連諸国を中国が従属させる動きだとロシアは警戒しています。中露関係は、笑顔で握手をかわしつつ、テーブルの下で足を蹴り合うような関係です。


結局プーチンには、日本と組むしか道はないのです。
画像



駐日露大使「2国間の政治日程に影響与えない」と強調 対独戦勝70周年式典に安倍首相欠席
ロシアのアファナシエフ駐日大使が7日、都内の在日ロシア大使館で会見を行い、モスクワで9日に開催される対ドイツ戦勝70周年式典に安倍晋三首相が欠席することについて、「われわれは(日本政府の)決定を尊重する」と指摘、式典参加見送りが今後の二国間の政治日程に影響を与えるものではない、との見解を示した。

大使は「(両国間で)対話を続けるために雰囲気作りが必要。対話よりも制裁を使う手段は役に立たない」とも強調した。一方、安倍首相が今夏に発表する戦後70年の談話については「どういう中身になるかは、わが国にとっても重要だ」と述べ、内容を注視していることを明らかにした。
(2015.5.7 18:27 産経)




対露外交は、機が熟すのを待て!




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。
☆気持玉は管理人に元気を与えます。よろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 71

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

リンクさせていただきました。
2015年05月11日 06:54
はじめまして。

読ませていただきました。
新聞より緻密な考察、感服いたしました。

このたび、新聞社説の比較を行っているコンテンツより、リンクさせていただきました。

http://orizume.com/?p=31004

問題ありましたら、削除いたします。
ご確認をよろしくお願いいたします。
管理人
2015年05月12日 01:09
ご紹介いただきありがとうございます。
当ブログはリンクフリーです。
ドラグーン
2015年05月14日 01:21
愚問ですが、機会あるごとに音楽プレーヤーで先生の講義音声を拝聴していたり、あるいは、授業プリント・センター世界史講義(中継出版)を読んでて思うのは、どうやったらこれだけ広大な体系的知識を頭の中にインストールできるのだろう、というこです。

世界史もそうですが、先生はそれ以外にも幅広い見識があり、驚かされます。

暗記(知識のインプット)のコツみたいのはありますか?

やはり、インプットとアウトプットのバランスを取るべきなのでしょうか?

先生で言えば、予備校の授業、ブログ、書籍などアウトプットする機会があるからこそ、効率よく強固な知識体系ができあがるのでしょうか?

ただ漫然とたくさんの本に触れるよりは、1冊でもいいので、アウトプットを念頭にしたインプットに傾注することを心がけたほうがいいのでしょうか?

あと、蛇足ですが、先生の格調高いトークスキル(一人芝居や途切れない心地よいリズム)はどうやって身につけたのでしょうか?(実際、友達や家族に音声を聴かせてみましたが「すごく聞きやすいねぇ」と漏らしていました。もちろん、こういったプロフェッショナルの技術の会得には一朝一夕ではいかないでしょうか、なにかコツがあれば御教授いただければと思い。。。

才能に恵まれた足の速い人に、どうやったら足が速くなりますか?というのは、それは当人だってわからないことでしょうから、意味のない質問かもしれません。しかし、最近、自分の脳のメモリが低下していることを危惧して、それを改善したく、筆を取った次第です。

長文失礼いたしました。ご回答楽しみにしております。
管理人
2015年05月14日 05:09
トスカニーニという指揮者が、いつも暗譜で指揮をするので有名でしたが、ある日突然、曲を思い出せなくなって指揮棒を置き、そのまま引退してしまったそうです。プロ根性ですね。

私も講義中に言葉に詰まるようになったら、引き際だと考えます。今のところは大丈夫そうですが…

おっしゃる通り、職業柄、本で読んだ知識をアウトプットする、しかも観客の前で、同じ話を何度もする、しかも毎年繰り返す、ということをやっているので、身についたのだと思います。役者や噺家が台本を覚えるのと、基本的には同じです。

学生に勧めているのは、確実にモノにしたい知識については読む、聞くだけでなく、書く、喋ると身につくよ、ということです。授業で聞いた話を家族に喋る。短い文にまとめる。これは効果があります。読みっぱなし、聞きっぱなしは頭に残りません。

トークスキルについては、経験としか言いようがありませんが、意識していることは間の取り方ですね。一瞬黙ることによって、リスナーの意識を覚醒させ、集中させる。これは大学や会社のプレゼンなどでも応用できると思います。
ドラグーン
2015年05月14日 23:21
ご回答ありがとうございます。

>確実にモノにしたい知識については

そもそも自分はどんな知識を身につけたいのかを選別すべき気がしました。難しいですね。世界史は、直接今の仕事に関係しませんが、勉強したおかげでニュースがわかるようになりました。でも、漠然とした理解なので、他人に話す機会があったとき、先生みたくしゃべれなくて悲しくなるんです(もちろん、プロと比較するのはおこがましいのですが)。

>一瞬黙ることによって、リスナーの意識を覚醒させ、集中させる。これは大学や会社のプレゼンなどでも応用できると思います。

これは参考になります。実際、自分も含め、先生の講義を聞いた人はみな、間をとるのがうまいといっていました。もちろん、特徴のあるとおる声も武器なのかもしれませんが。

また質問させてください。
ありがとうございました。
ドラグーン
2015年05月17日 21:52
先日、神奈川県藤沢市江ノ島の児玉神社にいってまいりました。

休日ということもあり、人でいっぱいでしたが、ほとんどの人は酒やメシ(特にシラスやサザエ)を食うか、あるいは、江島神社に足を向けており、ちょっと離れたところにある児玉神社は人が少なくさみしい感じでした。

周りの人も、児玉源太郎という人を少しでも知れば、きっと酒や飯にうつつを抜かさず、ああ、今自分らがこうやってのんきに平和ボケできるのも、明治の元勲達がいたからだよなぁ、と引き締まるきがしました…

児玉神社は台湾の方が資金を拠出してできたそうです。また、本人が日露戦争前、陸軍参謀本部次長に就任し、一人になる時間が欲しいということで、しばしば江ノ島の山にこもっていたそうです。児玉神社から見える江ノ島の景色は格別でした。

ネットでいろいろ調べたところ、個人的には台湾の経営と日露勝利の貢献という点で、児玉源太郎をすごく評価しているのですが、先生はどう評価されますか?(司馬遼太郎は過大評価しているという記事は散見されました)
管理人
2015年05月18日 05:46
日本人ではなく、台湾の方々が建てたというのは、いい話ですね。台湾では日本統治時代の神社再建の話もあるそうです。
http://www.sankei.com/premium/news/150513/prm1505130002-n1.html

勝っていた日露戦争をあの段階でやめたのが児玉の最大の業績ですね。昭和の日本軍に児玉がいたら、あのような愚劣な戦争にはならなかったと思います。

原宿の東郷神社にもぜひお参りしてください。竹下通りをちょっと脇道に入るだけです。
ドラグーン
2015年05月18日 22:30
ありがとうございます。

>勝っていた日露戦争をあの段階でやめたのが児玉の最大の業績ですね。昭和の日本軍に児玉がいたら、あのような愚劣な戦争にはならなかったと思います。

おっしゃる通りです。今よりもはるかに限られた情報源の中、即講和という選択肢を冷静沈着に選らんだのは知将としかいいようがありません。

また、彼が統帥権の改革に成功していたら、満州事変も日中戦争も太平洋戦争もなかったかもしれません。。。



1894年、陸軍次官だった児玉は内閣法制局との調整で、参謀本部の帷幄上奏の範囲を戦時の部隊編成や作戦計画に限定、平時編成など軍政事案は内閣の閣議決定事項とする案を出した。結局この案は陸軍省の正式決定にはならなかった。

「なっとく日本史:児玉源太郎 統帥権独立 抑制図り改革案」
http://mainichi.jp/feature/news/20130622ddp014040007000c.html

東郷神社、ぜひいってみたいと思います。
そのときには、感想をご報告します。

ありがとうございました。
バロンドーラー
2015年05月19日 00:19
先生の専門は世界史でいらっしゃると思いますが、大阪都構想の住民投票否決に関してどう思われますでしょうか。そして、大阪都構想が可決されていたら、東京や日本にどんな影響があったのでしょうか。なかなか関東に住んでいると理解できないので、よろしくお願いします。
管理人
2015年05月19日 03:58
10年前の小泉劇場を思い出し、シラけて見てました。

「郵政民営化」ですべてがうまくいく。(小泉)
「大阪市解体」ですべてがうまくいく。(橋下)
「敵」を作り出し、大衆を煽る手法がそっくりです。

「大阪府と大阪市との二重行政をなくせ」というのはわかる。だからといって「大阪市解体」というのがわからない。「政令指定都市を解体すれば、国からの交付金が下りなくなくなる」という反対派の意見に対し、反論ができていなかったようです。

ただし橋下にも功績もあります。大阪市に巣食ってきた利権団体ーー解放同盟や日教組をあぶり出したことです。小泉が、自民党内の親中派を「抵抗勢力」と呼んで叩いたのと似ています。

「維新」は橋下個人商店みたいな政党ですから、橋下引退で瓦解するでしょう。「維新」の支持者は民主党や共産党には絶対投票しませんから、来年夏の参院選でどういう行動をとるか?

維新票が自民に流れればますます一強体制が強まり、棄権すれば安倍政権が進める憲法改正にブレーキがかかります。今回、大阪自民が都構想反対に回ったので、その遺恨も残ると思います。安倍さんは作戦練り直しでしょう。
バロンドーラー
2015年05月19日 13:00
橋下は憲法改正などいいこと言ってるかと思いきや時々ん?というような発言もしていて微妙な感じでした。安倍さんは都構想に理解を示していたようですが改憲に影響が出るのは避けたいですね。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック