TPPと医療崩壊

画像


電気ノコで指を2本切断した無保険の男性。

中指6万ドル(480万円)、薬指1万2千ドル(96万円)を病院から請求され、中指を断念。
画像


治療費が支払えず強制退院、タクシーに乗せられ、スラム街に捨てられた老婆。
画像

腕には医療用タグがつけられたままだった。
画像

(マイケル=ムーア監督『シッコ SiCKO』

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

あなたが風邪をひいて病院に行く。

窓口で必ず、「保険証を出してください」

といわれるでしょう。あなたが未成年であれば、お父さんかお母さんの保険証を見せる。そうすると、実際にかかった治療費の3割だけを支払えばいい。「3千円です」と言われたら、実際の診療費は3千円÷0.3=1万円です。それでは、差額の7千円は誰が払っているのか?

みんなで払っているのです。

日本国民は(在日外国人も含めて)、税金のほかに社会保険料を徴収されます。これは強制です。一生、ほとんど風邪も引かない人もいれば、大病で入退院を繰り返す人も、病院で寝たきりの人もいる。社会保険料は、健康状態に関わらず、収入に応じて徴収されます。医療費が安くなるので、病気をすれば得をし、健康であれば損をすることになる。日本に短期滞在している外国人が病気になれば、社会保険料をほとんど支払っていないのに、安い治療を受けることができる。それでも、このシステムに文句を言う人はいません。

私も、年に数回風邪を引くくらいで、幸いにして大病はありませんので、1年間に支払う社会保険料は実際に支払った医療費をはるかに超えています。大赤字です。それでも不満はありません。

人間、いつ病気になるか予想がつかない。また、病気で困っている人の経済的な負担を、健康な人が手助けするのは当然だ、というのが、国民皆保険の精神です。公的医療保険制度を始めたのはビスマルクです。

当時、ドイツでは貧困に苦しむ労働者の革命運動が高揚し、社会主義政党が勢力を拡大していました。ビスマルクは保守主義の政治家ですが、社会主義政党を抑え込むために社会主義的政策(社会政策)を採用したのです。老齢年金、疾病保険(健康保険)はビスマルクが最初に実現し、これにならってヨーロッパ諸国やカナダが公的医療保険制度を採用したのです。

イギリスでは保険料ではなく税で医療費をまかなうNHS(国民保健サービス)というシステムを労働党のアトリー政権が採用しました。「ゆりかごから墓場まで」の社会保障制度の始まりです。保険料(保険税)は収入に応じて徴収しますが、低所得者のほうが生活環境が劣悪であり、病気になりやすい傾向があります。この人たちの医療費は国全体で負担することになり、財政赤字の原因となります。しかし、国営企業の民営化に大ナタを振るった、「鉄の女」といわれた保守党のサッチャー政権でさえ、公的保険システムには手を触れなかったのです。

日本では高度経済成長期がはじまる1961年から、現在の国民皆保険の社会保険制度が導入されました。

ところが先進国で唯一、国民皆保険制度がない国があります。

アメリカ合衆国です。

「自分の身は自分で守る」、というフロンティア精神の国。護身用に銃を持つことも憲法で認められています。病気や事故も「自己責任」であり、「他人の面倒までみていられない」、ましてや「政府の世話になるのはまっぴらごめん」という考えが根本にあります。あれだけ銃の乱射事件があっても銃規制がちっとも進まないことと、国民皆保険制度が存在しないことは、根っこが同じなのです。同じアングロ=サクソン系の移民国家でも、カナダには皆保険制度があるので、米国が特殊なのです。

19世紀末以降、ヨーロッパやアジアから貧困層が大量に移民労働者として流れ込み、「自分の身を守れない」人々が大きな力をもつようになりました。彼らを支持母体としたのが民主党であり、大きな政府による社会福祉政策を掲げます。一方、フロンティア精神と個人の自由を守り、政府の権限をできるだけ弱め、増税にも断固反対するのが共和党です。

ケネディ暗殺の後、政権を受け継いだジョンソン民主党政権は「偉大な社会」の実現を公約し、米国初の公的年金制度を部分的に実現しました。

医療改革法案にサインするジョンソン大統領(1965年)
画像


ジョンソン医療制度改革
メディケア…65歳以上の高齢者向けの公的医療保険。
メディケイド…低所得者向けの公的医療保険。

これは画期的なシステムでしたが、医療費の高騰が財政を圧迫しました。ジョンソンはヴェトナム戦争にも介入したので、軍事費と社会保障費によって、国家財政は「火の車」となりました。

ヴェトナム戦争を終わらせたニクソン共和党政権は、公的医療保険の拡大には断固反対し、民間の保険に全国民を加入させようと試みます。マイケル=ムーア監督のドキュメンタリー映画『シッコ SiCKO』の中には、このアイデアに関するニクソンと側近との生々しい会話テープが登場します。

画像

側近「この件に関して副大統領と、問題を一つに絞り込みました。エドガー=カーザーが運営するカイザー=パーマネンテのような保険維持機構を入れるか、入れないかです」
ニクソン「言っておくが、私は医療保障なぞに興味はない」
側近「あっ、お言葉ですが、彼らは民間企業です」
ニクソン「それなら、話は別だ」
側近「エドガー=カイザーは、営利目的でカイザー財団を運営しています。なぜそんなことが可能なのか、彼を呼んで直接、話を聞きました。それでわかったのですが、治療コストを抑えた者に報奨金を出し、医療を減らせば、カネが儲かるしくみです」
ニクソン「なるほど、それは報奨金の正しい使い道だな。悪くない」

カイザー財団は、保険会社と病院を経営しています。カイザー保険の加入者だけが、カイザー病院で治療を受けられる仕組みです。保険会社お抱えの医師たちは、患者の医療費を減らすことで会社から報奨金をもらえるのです。
画像


カイザーをはじめとする民間の保険会社は、毎月しっかり保険料を取り立てながら、いざという時には「契約書に不備がある」だの、「この病気は対象外」だの、あれこれいちゃもんをつけて給付金の払いを渋ることで、莫大な利益を挙げています。政府は莫大な社会保障費を節約できました。結局、損をしたのは保険会社から給付金をもらえない患者たちと、そういう患者を抱え込んだ現場の医師たちです。

いまでも、64歳未満の中・高所得者には公的医療保険がなく、実費で医療費を支払うか、民間の保険会社に入るしかありません。保険会社はどの州でも1社か2社の独占状態で、競争原理が働かず保険料は上がる一方。

自動車保険の場合、新車の保険料は安いが、故障の多い中古車の保険料は高い。これと同様に民間の健康保険は、健康な若者や高所得者は保険料が安く、持病を持つ中高年や低所得者の保険料はべらぼうに高い。公的医療保険なら、こういう問題は起こりません。

結局、保険に入れない人々、保険料を払えない人々は、無保険となります。アメリカ人の6人に1人、6500万人が無保険です。病気や怪我で医者にかかれば実費です。米国の1世帯当たりの月々の保険料支払いは10万円を越え、年間の医療費は130万円を越えます。

日米の医療費の比較
          アメリカ              日本  
盲腸  243万円(1日入院)    8万円(7日間入院)  
出産  115万円(2日間入院)  39万円(7日間入院)  
肺炎  113万円(4日間入院)  30万円(4日間入院)
(堤 未果 『貧困大国アメリカ』岩波新書)

べらぼうな料金を請求されるのを恐れて、なかなか医者へ行けない。自分で治そうとする。容体が悪化して救急医療(ER)に担ぎ込まれる(ERは、患者を拒否できないと法律で決まっている)。容体が安定すると、病院から追い出される。料金を払えず、行き場もない患者を、タクシーに乗せて路上に遺棄する悪質な病院も後を絶たない。

個人破産の半数は医療費が原因
米国内で破産した人のおよそ半数が、医療費の高騰が原因で破産しており、病気のために自己破産に陥った人々の大半は中産階級で医療保険加入者であることが調査で判明した。

Health Affairs誌上で発表された研究によれば、医療費が原因による自己破産により、債務者や、約70万人の児童を含む扶養家族など、毎年約200万人の米国民が影響を受けていると見積もられている。

「研究結果は恐ろしいものでした。ビル・ゲイツでもない限り、誰でも深刻な病気にかかったりしたら破産しかねない」研究を指揮したハーバード・メディカル・スクールのデビッド・ヒメルスタイン医師は語る。

「医療費が原因で破産した人のほとんどは、たまたま病気になった平均的アメリカ人でした。医療保険はほとんど役に立たなかったのです」

調査担当者達は、カリフォルニア州、イリノイ州、ペンシルベニア州、テネシー州、テキサス州の裁判所で、931人の個人破産記録を入手する許可を得た。

調査対象のおよそ半数が医療費を破産原因として挙げており、全米で190万から220万人(破産者とその扶養家族)が医療費破産を経験していると推定される」と研究者達は指摘している。

「病気から自己破産に陥る者のうち、病気になってからの個人負担費用平均額は1万1,854ドルであり、病気に罹患した際に保険に加入していた者は75.7%だった」
(2005/02/02 ロイター)

90年代、クリントン民主党政権下で、大統領夫人ヒラリー=クリントンが公的医療保険の導入を推進しましたが、共和党および保険・製薬業界の猛反発と議会工作(莫大な政治献金)によって挫折。

そして2008年、オバマ民主党政権が公的医療保険導入を掲げて政権につきましたが、保険・製薬業界をバックにつけた野党・共和党の激しい抵抗にあいます。公的医療保険が導入されれば、民間の保険を解約する人が続出するので保険会社には死活問題となる。製薬会社は薬の値段が下がることを恐れる。

妥協に妥協を重ねたオバマは、公的医療保険の導入を結局、断念しました。

医療改革法案にサインするオバマ大統領(2010年3月)
画像


オバマ医療制度改革(2010) 
1.公的医療保険の導入はしない。
2.10年間で国民の95%を民間保険に加入させ、加入者には税を控除(減税)。
3.持病を理由に、民間保険会社が保険加入を拒否できないようにする。

結局、全国民を民間保険会社に加入させ、保険料負担は政府が肩代わりする、という話です。民間保険会社はまったく損をしない。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

米国の保険会社は、90年代から日本市場にも進出しています。

日本には健康保険制度がありますので、米国のように好き勝手はできません。健康保険の利かない部分、入院費補助とか、通院の交通費とか、個室に入院する場合の差額ベッド代とか、美容整形とか、歯並びの矯正とかです。こういう部分を自由診療(保険外診療)といいますが、ここに、アヒルのCMのアフラックとか、AIU保険とか、米国資本の保険会社が参入しています。

米国の公的年金制度を粉砕した彼らから見れば、日本の健康保険が邪魔でしょうがない。

「これは不公平だ。日本の保険市場は閉鎖的だ」
「非関税障壁だ。我々に対する不当な営業妨害だ」
「米国政府の圧力で、日本を門戸開放させよう」
 ↓
野田民主党政権
「TPP交渉では、公的医療制度は交渉の対象外です」
画像

 ↓
TPP交渉 米国の目標 医療制度見直し要求 政府説明と矛盾
米国政府が、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で獲得する目標を列挙した資料に、公的医療保険制度の運用について「透明性と公平な手続きの尊重を求める」と明記し、同制度の自由化を交渉参加国に要求するとの方針を示していたことが分かった。米国は既存の自由貿易協定(FTA)でも医療制度への市場原理の導入を交渉相手国に迫り、一部の国では既に薬価が上がっている。医療制度の自由化を目指す米国の方針が明らかになったことで、同制度は交渉の対象外と説明してきた日本政府の情報の信頼性が問われそうだ。
(10月26日 日本農業新聞)
 ↓
医療自由化目標 「入手していた」 米国文書で厚労相
米国政府がTPP交渉で、公的医療保険の運用で自由化を求める文書を公表していたにもかかわらず、日本政府が「公的医療保険制度は交渉の対象外」と国民に説明していた問題で、小宮山洋子厚生労働相は27日、「9月16日に外務省を通じて受け取っていた」と述べ、入手していたことを明らかにした。公的医療制度の根幹である薬価の決定方法が交渉対象になる可能性も認めた。
(10月28日 日本農業新聞)
 ↓
11月2日 日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会の3団体が共同声明。
国民皆保険が維持されないならば、TPP交渉参加は認められない
 ↓
11月4日 野田首相がG20に出席中の仏カンヌで会見。
「TPP参加について、最終的には私の政治判断が必要」


TPPは、震災でダメージを受けている日本の農業を壊滅させるだけでなく、国民皆保険制度を崩壊させる危険があります。こういう問題はすべての情報を国民に開示し、数年かけて議論をし、最終的には小泉の「郵政解散」のように総選挙で国民の信を問い、決断すべき大問題です。

民主党政権は、TPPのデメリットや危険性を徹底的に隠し、情報を操作し、国民の信を問う前に外国政府と約束を交わそうとしています。

震災復興対策、福島の放射線汚染対策、米軍普天間移設問題など、日本の防衛や国土保全に関しては、のらりくらりと仕事をしない一方で、日本の弱体化につながるような政策には、積極的に前のめりとなる民主党政権。

今回のG20首脳会議でも、野田は将来の消費税10%引き上げを公約。選挙公約違反(国民への詐欺)の政策を、外国の首脳と勝手に公約してくる。TPPもこれと同じ。菅がAPECで勝手に「平成の開国」とぶち上げ、国民には説明しない。選挙もしない。民主主義をまったく理解していない民主党政権。

「日本社会の破壊者」として歴史に名を残すつもりか、野田。

米国に屈し、国論を無視して開国した井伊直弼の最期を忘れたのか。

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします。

マイケル=ムーア監督『シッコ』…TPPで実現する「米国型の開かれた社会」




シッコ [DVD]
ギャガ・コミュニケーションズ
2008-04-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シッコ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
岩波書店
堤 未果

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

ここ
2011年11月07日 01:33
夜中に失礼します。冬期講習のパンフレットをなんとなく見ていたら先生が直前1期に大宮で授業をされることに今更きづきました(泣)
申し込もうか迷ってるのですが、私、大宮まで行くと往復2時間かかるんです。それでも先生の授業はすごく大好きなので申し込みしようか悩んでいて・・・(自分で決めろよって感じなのですが)

そこでお聞きしたいことがあります。
大宮で先生が担当されるファイナルアタックというのは、レベルというのはどれくらいなのですか?
あくまでセンター対策ということなら自分でできないこともないかなとは思いますが、一応私大用の演習も交えるということなら検討したいと思います。(学校の予定もあり、まだどうなるかわかりませんが。)

よろしくお願いします。

ps先生が眼帯されてるのを見かけたのですが大丈夫ですか?
管理人
2011年11月07日 02:59
ファイナルアタックは完全にセンター対策の問題演習です。往復2時間も電車に乗っている時間があるなら、私のセンター問題集をやってください。

〉ps先生が眼帯されてるのを見かけたのですが大丈夫ですか?

大丈夫です。ネルソンは片目・片腕でトラファルガー海戦を戦いました。片目で授業するくらい、何でもありません。
ここ
2011年11月08日 00:05
わかりました。

ありがとうございます。
ここ
2011年11月08日 00:15
ネルソン・・・そうなんですか
睡眠時間をろくにとれない生活だと前に先生がおっしゃっていたのを見たので、忙しさで目に症状が出てしまったのかな・・・と思ったので。
お体大切にしてください。

連続コメント失礼しました。先生の問題集、買わせていただきます!
管理人
2011年11月08日 06:04
どうもありがとう。資料館に誤植などの正誤表がありますので、確認してください。
受験生
2011年11月08日 22:44
こんばんは。

ドーバー海峡に敷かれた海底ケーブル(電信?)について。



これを敷くことで、具体的にどんなことが可能になったのですか?


モールス信号はSOSとか単純なメッセージしか送れませんが…

目、お大事になさって下さい。
管理人
2011年11月09日 04:39
ドーヴァー海峡ケーブルは1851年開通、ロンドン万博、ルイ=ナポレオンのクーデタと同年ですね。当時は電話はありませんので、電信ケーブルです。米英間の大西洋横断ケーブルは南北戦争直後の1866年、日米間の太平洋横断ケーブルは日露戦争直後の1906年に開通します。

電信(モールス信号)は、文字や数字を2進法、0と1で表します(コンピュータ言語と同じ)。スイッチを入れたり切ったりして情報を伝えます。
A→01、B→1000、C→1010、D→100、…

従って、どんな長い文章でも打てますが、打つにも読むにも時間がかかります。

HELPと打つ場合、H(0000)・E(0)・L(0100)・P(0110)・となります。これでは緊急時に間に合わないので、緊急信号としてSOSを決めたのです。SOSは何かの略号ではなく、打電しやすいのです。

S(000)・O(111)・S(000)

「単純なメッセージしか送れない」のは、緊急信号のことですね。SOS以外にも何種類かあります。

目は回復しました。ありがとう。
受験生
2011年11月10日 14:30
一応アルファベットは打てるんですね!

太平洋戦争真珠湾のときに例の暗号で(攻撃開始の知らせ)送ったのも電信でしょうか?
受験生
2011年11月10日 17:05
チャンパー、占城、林邑、全て同じものを指しますか?
管理人
2011年11月11日 04:03
真珠湾のときもキューバ危機のときも電信を使っています。受信データは紙テープに穴をあけて記録しました(テレタイプ)。1970年代にコンピュータによるデータ通信(電話回線を使用)が可能になり、90年代にインターネットによる通信が普及します。

> チャンパー、占城、林邑、全て同じものを指しますか?

同じ国ですが、「林邑」は漢代、「占城」は唐代以降の中国史書に出てくる国名です。
すーんだーいの浪人
2011年11月11日 21:10
速報:TPP交渉参加決定(本日午後8時に記者発表)

PS:昨日の国会議論において、野田首相は条約が国内法より上位にあること、TPPにISD条項が盛り込まれていること、アメリカ議会がすでにTPP批准に向けて最終調整に入った=既存のTPP条項を全く変更する意思がない=交渉参加しても日本は条項丸のみか国際的信頼を失墜させて離脱するかの2択しかない、を知らないと発言(国会で西田昌二議員がマジギレし、速記が1分に一回中断するほど紛糾)

国会批准かスキャンダルでの政権交代か 最終防衛ラインはこの2つしか残されていません

これを御覧の皆さんは周りの人にもっと真剣にTPPについて考えるよう促し、反対の意見を広めてください

この記事へのトラックバック