もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS お知らせ いろいろ

<<   作成日時 : 2018/03/03 01:23   >>

ナイス ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 19

FMラジオのピーター・バラカンさんの番組に出演しました。
画像

左は東京FMの村田睦(むつみ)アナ。


東京FM「ライフスタイル・ミュージアム」
http://www.tfm.co.jp/podcasts/museum/

アプリ「ポッドキャスト」をインストールすれば、いつでも聴けます。
apple(iOS)用
android用


バラカンさんはユダヤ系ポーランド系イギリス人。

語学好きで、大学で日本語を専攻。東京でディスクジョッキーとしてデビュー。ハイテンションに語る人が多い音楽業界で、独特の渋みのあるセロトニン系ボイスで洋楽ファンを魅了してきました。

このバラカンさん、「歴史が大嫌いだった」そうです。

これに私はどう答えるか?

対談はそのあたりから始まっています。

********************

神谷宗幣(そうへい)さんと対談しました。


4月から、シリーズ化されるようです。

********************

『超日本史』、Amazon日本史部門で第2位につけました(順位は1時間ごとに変わります)
画像



「あなた! 例の日本史本が増刷よ!」
「増刷ってなんだ?」
「最初に印刷して本屋さんに配本した初版が品薄になってきたので、追加の印刷をすることよ」
「そんなもん、あたり前だろ?」
「それが出版業会では違うのよ。ほとんどの本は初版も大量に売れ残り、出版社に返本されて裁断されちゃうの。本屋さんの店頭から姿を消したら、二度と手に入らなくなるわ」

「…絶版ってやつか。そんなんで、出版社は元がとれるのか?」
「もちろん赤字よ。でも、一部の版を重ねる本で黒字を出しているから、全体としてはプラスになってるの」
「ああ、池◯彰さんとか、佐◯優さんとか、ああいう人たちか」
「そうそう…」
「でもなぁ、ちょっとマンネリ化してきたんじゃないか?」
「だから出版社は、増刷本をかける新しい書き手を求めてるの」

「まあこの本も、増刷できたんならもう買わなくていいだろう」
「ちょっとまって! まだ2刷(ずり)よ。3刷、4刷になったら本物ね」
「池◯彰さんに太刀打ちできるか」

「それに、続編が書けるかどうかも、本編の売り上げによるのよ」
「続編の近現代編を読みたかったら、まず本編を買えってか」
「そうよ。あのピーターバラカンさんも、読みます!っていってたわ」
「そりゃ番組だから、読みませんとはいわんだろ」
「あなたって、ほんとうにへそ曲がりね」

「すべてのことは、裏側から見なきゃわからないってことよ。
…それよりこの人講師なんだろ? 一般向けの講演とかやらないのか?」
「もぎせか塾っていうのを3月にやってるわ。今年は3/31(土)に開催よ」
「どこでやるんだ」
「今年は都内。内容が決まったらこのブログに掲示されるわ」



「おおっ…!」




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。


☆気持玉は管理人に執筆意欲を与えます。よろしくお願いします。


N予備校世界史ネット講義
ご覧になるためには、アプリのダウンロード、会員登録(月額1000円ちょっと)が必要です。

イシキカイカク大学:ネットとリアルの学び場

文化放送オトナカレッジ「地政学講座」



『日経ビジネスアソシエ』に連載記事を掲載中。
日経ビジネスアソシエ 2018年 3 月号
日経BP社
2018-02-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日経ビジネスアソシエ 2018年 3 月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 72
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
すいません、この記事とは関係ないですが、先生がyoutubeでセンターや東京外大の解説をされているときに使っているソフトは何ですか?教えていただけると嬉しいです。
yuu
2018/03/03 12:26
goodnoteです。授業でも使い、重宝してます。
管理人
2018/03/03 16:43
バラ戦争と価格革命が貴族と騎士の没落に影響を与えたという記述を見ました。価格革命が彼らに経済的ダメージを与えたのはイメージができるのですが、バラ戦争は彼らにどのような影響を与えたのでしょうか。
勉強中
2018/03/04 20:02
3/4日本外交についてご質問いただいた方へ。ご回答メールが戻ってしまいますので、こちらに転載します。

ご質問の件ですが、黒田清隆から陸奥宗光、小村寿太郎までの外交は、冷徹なリアリズムによるものだと考えます。劣化するのは大正期、幕末維新の修羅場を知らない帝国大出の秀才が外務官僚を牛耳るようになってからですね。

聖徳太子、中大兄の外交については、近著『超日本史』に書きましてので、ご参照ください。
管理人
2018/03/04 20:54
勉強中様
バラ戦争は封建領主間の最後の私闘です。戦費は荘園からの地代でまかないます。イギリスではすでに貨幣地代に移行し、新大陸銀の流入前からじりじり物価上昇が進んでいました。臨時課税をすれば農民が蜂起するし(タイラーの乱)、戦争は泥沼化する。応仁の乱で守護大名がどんどん没落したのとよく似た状況です。
管理人
2018/03/04 21:07
わざわざ答えていただきありがとうございます!
yuu
2018/03/05 00:34
超日本史を読了させていただきました。

先生は著作の中で「歴史は繰り返す」とか「歴史に学ぶ」とよく記述されていますが、現在の日本の置かれている状況に、過去の日本史や世界史でそっくりなものがあれば、お聞きしたいです。

戦後最大の安全保障上の危機であることはなんとなく理解できる・しているつもりですが、あくまでもシナがメインであって、北朝鮮は前座に過ぎないと思いますが、この点ではいかがでしょうか?

質問ばかりで申し訳ございません。
RT
2018/03/05 11:05
YouTuberのカズヤさんとの本の売り込み対談を希望します笑
通りすがり
2018/03/05 18:38
スペインとの関わり(というか対決)は読み応えありました。この分野で一番最初にそれらしき記述に触れたのは佐藤大輔さんの小説でした(ただ、結局のところその部分に本編が進まないまま亡くなられてしまいました)。
地政学的に歴史を捉えて、さらに予備校の講師でもある神田正史さんとの対談なんかは、それぞれ違う歴史感を持たれているみたいなので、読んでみたいですが、難しそうですね。
紗窓ともえ
2018/03/07 10:45
RT様
ランドパワーから直接の脅威を受けている点で、白村江の戦い、元寇、日清日露、朝鮮戦争に次いで5度目の危機。ラスボスが中国だというのはおっしゃる通りです。

沙窓ともえ様
私自身は、高瀬 弘一先生の研究を紹介しただけです。それがなぜ教科書に反映されないのか不思議です。
管理人
2018/03/08 07:05
回答していただきありがとうございます。

また、質問ですm(_ _)m。歴史上、隣国同士が敵になりやすいのは学んだのですが、それを考えると、中国・朝鮮半島国家(統一されたとして)・日本はどうなるんでしょうか。

中国と日本は朝鮮半島国家を共通の隣国とするので、朝鮮半島国家を共通の敵として仲良くできるのでしょうか(いわゆる、敵の敵は味方)。それとも、朝鮮半島を奪い合うという意味で中国と日本は敵同士なのでしょうか。
勉強中
2018/03/09 00:37
『超日本史』いま読んでいます。

 質問したいのですが、当記事にも名前の挙がっている池上彰について。世評では、彼の解説は誰にも分かりやすいと高評価なのですが、私は彼の解説にどうしても満足できません。
 何故なのかは私自身よく分からないです。ただ、彼の解説の中には自分の考えが見えないこと、或いは、彼の挙げる事実にウソは無いもののミスリードを狙っているのでは?、という印象がします。

 もしよろしければ、先生の池上評を聞かせて頂けませんか?
愚者  
2018/03/09 07:59
勉強中様
北朝鮮主導の統一朝鮮は核保有国になり、中国にとっては属国扱いできない厄介な存在となります。中国は日本と結んで統一朝鮮を牽制しようとするでしょう。

愚者様
批判されないように、敵を作らないように、終始気を使っている印象ですね。NHK時代に身についた保身術でしょう。
管理人
2018/03/10 03:03
ご返事ありがとうございます。
高瀬弘一氏の研究についても調べてみます。ご教示ありがとうございました。
紗窓ともえ
2018/03/11 12:10
番組を拝聴しました。

先生に質問です。
予備校生時代に、覚醒した…とのことですが、
当時の「予備校の先生の御名前」と、「参考になった書籍等」があれば教えてください。よろしく、お願いします。
Cointreau-liqueur
2018/04/14 16:02
沢田先生。下のお名前は失念しました。ご存命なら90を超えていると思います。

「参考になった」とは、何の参考でしょう?
管理人
2018/04/17 09:04
御返事、ありがとうございました。

>「参考になった」とは、何の参考でしょう?

予備校生時代の、覚醒に伴い、参考になった書物あれば…と、
それ以降、世界史を学び、教えるのに、参考になった書籍を教えていただけないでしょうか?

よろしく、お願いします。
Cointreau-liqueur
2018/04/17 14:17
世界史は社会人になってから、一から勉強しました。世界観の形成に役立った本は、梅沢忠夫『文明の生態史観』、山口昌男『文化と両義性』、中井久夫『分裂病と人類』、塩野七生『ローマ人の物語』あたりです。
管理人
2018/04/18 05:03
先生、教えていただき、ありがとうございました。
Cointreau-liqueur
2018/04/18 10:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
お知らせ いろいろ もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる