もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 日朝首脳会談(バーチャル版)

<<   作成日時 : 2017/09/15 05:35   >>

面白い ブログ気持玉 115 / トラックバック 0 / コメント 24

「労働党委員長。私は国内の反対を押し切ってここへ来た。今日は、腹を割って話したい」

「望むところです」

「9月3日、あなたがたは6回目の地下核実験を強行した。わが国の気象庁および防衛省の分析によれば、マグニチュード6.1の地震が発生したが、その地震波から160キロトンの地下核実験であることは明白である。爆発規模から水爆である蓋然性も強い。国連安保理決議の明白な違反であり、唯一の戦争被爆国であるわが国の国民感情を逆なでする暴挙である。最大級の言葉で抗議し、再発防止を要求する」
画像

画像

「いかにも、われわれの科学者チームは本格的な水爆開発に成功した」
画像

「このヒョウタン型の一方に起爆用の小型原爆、もう一方に水爆本体である重水素化リチウムのカプセルが入っている。原爆の超高圧エネルギーで重水素化リチウムを圧縮し、水素の核融合を誘発する」

「これが、9月3日の実験に使われた実物なのか?」

「軍事機密は公開できない」

「アメリカは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発と水爆開発を武力行使のレッドラインとしている。なぜ、戦争の危機を煽るのか」

「アメリカに軍事攻撃をためらわせる抑止力の確保が最終目標だ。ミサイルだけでは抑止力にならない。その弾頭に搭載する水爆の開発は、わが国自衛のための最低限の手段である。国連の安保理五大国は、いずれも核武装しているではないか。また、インドやパキスタン、イスラエルの核武装を黙認しておきながら、わが国だけにこれを禁じる安保理決議は笑止千万である」
画像

「核拡散防止条約(NPT)は、五大国以外の核武装を禁じている。わが国は条約を遵守する」

「国連憲章は世界中すべての国に自衛権を認めており、その中に核武装をする権利も含まれる。五大国以外の核武装を禁じるNPTは、そもそも国連憲章違反だ。だからわが国はNPTを脱退した。日本も脱退を検討してはいかがか。日本の技術を持ってすれば、一夜で核武装が可能であるとバイデン(米国の前副大統領)も言っているではないか。あなたは何を恐れている。そんなにアメリカ様が怖いのか?」

「アメリカがどうこうではない。国民感情が許さない」

「ほおぅ、国民感情で政治が決まるのか? 国民感情で慰安婦合意を事実上破棄した南朝鮮と同じレベルだな。法治国家でなく情治国家か…」

「…これに先立つ8月29日、あなたがたはわが国の領土・領海である津軽海峡、襟裳(えりも)岬上空を経由して大陸間弾道ミサイルの発射実験を行った。わが国に対し事前の通告もせず、国民に大きな不安を与えた。強く抗議し、再発防止を要求する」
画像

画像

「火星12号は、わが国の自衛に必要な一連のミサイル実験の一部である。これもアメリカからの軍事攻撃を抑止するための手段だ。日本を狙ったものではなく、宇宙空間を飛行したので領空侵犯にもあたらない」

「なぜ日本上空に飛ばすのだ?」

「地図を見ろ。わが国からアメリカ方面に向かって撃てば、日本列島上空を飛行するのは避けられない。むしろ気をつかって津軽海峡の上を飛ばしたのだ。あなたの国では、はじめてのJアラートの発信、PAC-3の配備など、ミサイル迎撃システムの演習になった。加計問題で下がり続けたあなたの内閣支持率も反転上昇したというではないか。あなたがミサイル危機を政治利用している、という批判も日本国内にあるな」

「ばかげている。国民の生命財産を守るのは政府の責務である」

「PAC-3とやらで、宇宙空間を飛ぶ弾道ミサイルを打ち落とせるのか?」

「PAC-3は、地表に落下する最終(ターミナル)段階での迎撃システムである。宇宙空間には届かない」

「ではどうやって、国民の生命財産を守るのだ?」

「イージス艦搭載のミサイルSM−3なら、宇宙空間で迎撃できる。これを地上に2基配備すれば、日本列島全体をカバーできる」

日本の陸上型イージス配備は2023年度、最新レーダー搭載は不透明
(2017年8月30日 / 17:26 ロイター)
https://jp.reuters.com/article/japan-aegis-idJPKCN1BA0VP

「イージス・アショアってやつか。1基800億円、2基で1600億円か。米国のレイセオン社が儲かるわけだ。しかしイージス・アショアでも迎撃は不可能だ」

「どういう意味か?」

「大陸間弾道ミサイルをほぼ垂直に打ち上げ、日本列島に急降下させるロフテッド軌道を取らせれば、ミサイルはマッハ15以上の超高速で落下する。これを迎撃できるシステムは、存在しない」
画像

「しかしそんな超音速で大気圏に突入すれば、地表到達の前に弾頭は燃え尽きてしまい、意味をなさない。7月4日、米独立記念日にあなた方が打ち上げたミサイルが、秋田県沖の日本海上空で燃え尽きる様子がNHKカメラに映っている」

「いや。そもそも、地表に到達する必要はない」

「どういう意味か?」

「宇宙空間で水爆を起爆させる。地上から閃光は見えるだろうが、爆音も衝撃波も感じない。しかし、強力なガンマ線(放射線の一つ)が生み出した電磁波が地上に降り注ぎ、あらゆる電子機器の回路が焼かれて使用不能となる」

「まさか…電磁パルス攻撃か!」
画像


「そうだ。EMP(electromagnetic pulse)だ。GPSも、在日米軍や海自のイージスシステムも機能しなくなる。大規模な停電が発生し、航空機の自動制御も、鉄道の運行も止まる。パソコンもスマホも使えなくなる。メールもラインもツイッターもできなくなるし、Youtubeも、もぎせかブログも見られなくなる。また、原発では冷却水の循環ができなくなる。福島第一原発であれだけの騒ぎになった。あれと同じことが各地で一斉に起こったら、日本人は耐えられるか?」

北朝鮮が示唆する「電磁パルス攻撃」から生きのびるには
(2017.9.13 Diamond online) 
http://diamond.jp/articles/-/141933

「うっ…」

「わが国の生存権と核武装を認めよ」

「核武装は認めない。国連安保理は一致してより強力な経済制裁を発動するだろう。わが国は、国際社会の側に立つ」

「アメリカが提出した、わが国に対する石油の全面禁輸案は安保理を通らない。朝中国境の重油パイプラインは締めることができない。重油の粘性が強く、一度締めると使い物にならなくなるからだ。漁父の利を狙うロシアも、石油やガスの供給をひそかに申し出ている。中露が、日本海への進出基地というわが半島の地政学的価値を理解している以上、石油支援をやめることはない」

国連安保理:北朝鮮制裁決議を全会一致で採択−石油禁輸は見送り
(2017年9月12日 07:19 JST bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-11/OW4ZDB6KLVRG01

「…たとえ安保理決議がザルでも、トランプ大統領が単独で武力制裁に踏み切る可能性がある。アメリカを見くびらない方がいい」

「われわれはすでにアメリカと水面下で交渉を続けている。商売人のトランプは、カネにならない戦争はしない。米国本土を脅かさない核ミサイルなら、容認する可能性がある。朝米合意ができれば、日本はハシゴを外されるわけだ。わが国は欧州諸国とは国交を持っている。英国は不当にもわが国大使を追放したが、国交は切れていない。制裁が解除されれば、米欧の企業がわが国のレアメタルなど資源に群がるだろう。そして日本企業だけがカヤの外になる」

「…米朝関係と日朝関係とは異なる。日本人拉致問題が解決しない限り、日本は独自制裁を解除しない」

「確かに。拉致問題解決は、あなたの選挙公約だからな。

…では逆に聞きたい。仮に拉致問題が解決すれば、わが国の生存権と核武装を認め、国交を結ぶ勇気があるか? 長かったあなたの政権もいつかは終わる。朝日国交回復と拉致問題最終解決の偉業は、歴史に刻まれるだろう」

「うっ…」

「朝日軍事協定を結んでもいい。日本は技術と核燃料をわが国に提供し、わが国は日本の核武装に協力する。何なら、核実験場を貸してもいいぞ。日本は晴れて核保有国となり、アメリカのくびきを脱する。米日関係はやっと対等なものとなり、第1次内閣であなたが掲げていた“戦後政治の総決算”が実現するのだ」

「うっ…う〜ん…う〜ん…」

「あなた! あなた!」

「昭恵…

いまのは夢だったのか…」

「悪い夢を見たの?」

「ああ…北の委員長と話した。ゾッとした。

…それにしても彼はあの若さで、どうしてあそこまで世界を見通せるんだろう?」

「きっと、…これを読んだのよ」






またそっちかよ!




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。


☆気持玉は管理人に執筆意欲を与えます。よろしくお願いします。


N予備校世界史ネット講義
http://www.nnn.ed.nico/lessons/all
ご覧になるためには、アプリのダウンロード、会員登録(月額1000円ちょっと)が必要です。

文化放送オトナカレッジ「地政学講座」

10月の新刊『イエス・キリストと神武天皇』。Amazonで予約できます。


図解 世界史で学べ! 地政学
祥伝社
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図解 世界史で学べ! 地政学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 115
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
傑作ですね。最後にもってかれました(笑)。
勉強中
2017/09/15 12:33
ちょうど第3章を読んでいます。
久米さんだけでなく安倍さんも読んだらいいのに。
今日はそれどころではないのか…。
北海道上空
2017/09/15 15:26
今日も日本上空を北朝鮮のミサイルが飛びましたね。
今の日本はどうするべきなのか、自分には全く見当がつきません。N予備校の授業を聞き、例の本を読んで世界を見通す力を得たいです。

余談ですが、もぎせかサイトの穴埋めプリントの第二次世界大戦後9に答えが違っているところがあったので報告します
人類種
2017/09/15 15:32
欧州統合の解答ですね。ご報告ありがとうございます。
明朝までに修正します。
管理人
2017/09/15 16:13
中国と実質対立している金正恩政権と手を組むのは確かに日本にとってはメリットがありますね。
また、金正恩も中国依存の自国経済を欧米の投資資金で中和して、中国の属国化を防ぎたいという意志はあると思います。
しかし、レアメタル資源・港湾等の利権を狙ったり、北朝鮮を属国・緩衝国として存続させたいという中露が黙って見てくれるかが問題ですね・・・。
茂木先生が講義でよく言われる「邪魔が入った・・」という台詞が出てこなければいいものですが・・・。
バコダ
2017/09/15 18:00
7年程前に駿台お茶の水校で先生の講義を受講していた者です。
7年ぶりに先生のブログを拝読し、懐かしさに思わずコメントしてしまいました。変わらない筆致の力強さとユーモアに感服いたしました。7年経ち、先生のブログと時たまの新聞でしか時事情報を摂取していなかった高校生当時からやや成長(退化?)し、先生のご意見の根幹と自分の考えは異なるようになりましたが、今読んでもやっぱり面白いです。
益々のご活躍を陰ながらお祈りいたします。
まっとん
2017/09/17 01:38
ありがとうございます。

ブログを始めて15年ですが、私も反米→反中→リアリズム、と揺れ動きました。常に柔軟でありたい、と思っています。
管理人
2017/09/17 22:42
「国連憲章は世界中すべての国に自衛権を認めており、その中に核武装をする権利も含まれる。五大国以外の核武装を禁じるNPTは、そもそも国連憲章違反だ。」という情報のソースを教えていただけますでしょうか。
カストロ
2017/09/19 09:25
前半は国連憲章第51条の規定通り、後半はその解釈です。
管理人
2017/09/19 11:18
いつも楽しく拝見しております。
この時期に解散風が吹き始めました。様々な憶測があるかと思いますが、本当の狙いはどこにあるとお考えでしょうか?
ngo
2017/09/19 17:58
トランプの東アジア歴訪、訪日が11月上旬と発表されました。ということは、それまで対北朝鮮攻撃はない、ということです。

とすれば、総選挙による政治的空白を作っても問題ない。逆にいえば、11月以降は何が起こるかわからないので、選挙どころではないということです。

どっちみち来年末には衆院の任期切れとなります。任期ギリギリの選挙は「追い込まれ解散」といって与党が負けます。麻生政権がこれをやって、例の宇宙人に政権を奪われました。

よって、解散は今しかないと思います。
管理人
2017/09/19 23:22
いつも楽しく拝見しております。
日本のマスコミや新聞が報道しない世界の真実が現れつつありますね。
世界の真実が現れてくるにつれて、先人の遺産ともいうべき世界史の重要性が日々増してきているのを感じます。
TPP反対派の中野剛さんが書かれた「富国と強兵」という著書で地政学と経済学を融合した地政経済学という社会科学分野について述べられいます。
個人的には戦争、地理、経済は表裏一体の関係だと考えているので、この著書の内容は概ね正しいと認識してるのですが、よろしければもぎせかさんの意見をお聞きしたいです。
よっちー
2017/09/20 22:08
水戸学を論じた中野剛さんの『日本思想史新論』(ちくま新書)は秀逸でした。

『富国と強兵』は未読ですが、反グローバリスト、経済ナショナリストの立場は変わっていないと想像します。なかなか読書の時間も取れないのですが、読みたい本のリストに加えておきます。
管理人
2017/09/21 01:32
安倍はやめろ
と言っている反対派は、選挙で安倍さんをやめさせるチャンスなのに、なぜ大義がないだの言っているんでしょうか。これだと逆に続けてほしいみたいですけど。
勉強中
2017/09/21 23:51
選挙戦前の解説記事のアップ希望します。
小池小百合は保守寄りのポピュリスト、与党で3分の2に届かなくとも、改憲問題に関しては協力すると思ってましたが、、、、
民進と合流するほどのデマゴーゴスなら、改憲に関しても期待はできませんね。無党派層の票の動きが気になります。
えいのすけ
2017/09/27 21:43
ただいま情報収集中です。形になったらアップします。
管理人
2017/09/28 03:27
カタルーニャ独立について質問です。カタルーニャには税収が豊富で他の州に自分達の税金が使われることに納得できないと報道で見ましたが、これはスペイン国内のナショナリズムを形成できてないことが原因なのでしょうか。また、ナショナリズムの形成ができてないのであれば、その原因は何でしょうか。
勉強中
2017/10/03 10:18
スペインと同じように国民意識(ナショナリズム)の統合ができていないのが英国です(スコットランド独立問題)。ドイツも連邦国家ですが、バイエルンの独立運動は起きていません。

英国とスペインの共通点を考えると、少なくともナポレオン戦争のあと、外国軍隊に蹂躙されていない、ということがあります。

ナショナリズムを喚起する最も重要な要因は外部からの侵略ですが、英国とスペインはそれがなかったということです。
管理人
2017/10/04 00:34
書き込み失礼します。

今回の政界再編の意義は、お花畑組・非愛国的自称「りべらる」が綺麗に切り取られ、衰亡の道を確実にした、ということでしょうか。

政治の色が、現実主義をより鮮明にする方向に行くようならば、「希望」騒動は多少の意義もあるように思います。

書き込み失礼しました。
単独者
2017/10/04 21:04
自民党親中派を粉砕した小泉純一郎と同じく、破壊の天才ですね。彼女は。

今のところ新しいものは何も生み出していませんが…
管理人
2017/10/05 08:15
外交文脈の骨組み、主流を読み取るのに長けて、骨の部分を見極めたら、くそ度胸で、外交・政治を進めるタイプの政治家、世の中の潮流の主流は何かを見極めて国益を損せないようにすることのできる政治家が欲しいなあ…
かつての受講生
2017/10/05 22:12
業務連絡です。資料館の中国・東アジア01の解説ファイルの22ページで、李世民の治世が「開元の治」となっていますが、正しくは「貞観の治」ではないでしょうか。
カストロ
2017/10/06 00:38
同じく28ページ下部で、都での年20日間の労役が、「庸」ではなく
「租」になっています。
カストロ
2017/10/06 00:42
修正の上、再アップしました。ご指摘ありがとうございます。
管理人
2017/10/07 06:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
日朝首脳会談(バーチャル版) もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる