もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 米朝ミサイル危機は去ったのか?

<<   作成日時 : 2017/08/27 05:47   >>

面白い ブログ気持玉 160 / トラックバック 0 / コメント 13

『アメリカは東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて東洋を征服しようという非道な野望を強め、…

軍備を増強し、わが国に挑戦し、更にわが国の平和的通商にあらゆる妨害を加え、ついには意図的に経済制裁を行い、わが国の生存に重大なる脅威を加えている。

私は政府に事態の平和解決を求め、長い間、忍耐してきたが、アメリカは少しも譲ろうとする精神がなく、むやみに事態の解決を遅らせ、ますます経済上・軍事上の脅威を増大し、それによってわが国を屈服させようとしている…

事ここに至って、わが国は今や、自存と自衛のために決然と立上がり、一切の障害を破砕する以外にない』


…名文だ。まさにアメリカ帝国主義の本質を言い当てている。

これが何だかわかるか?」

−−−明日の労働新聞の社説ですか?
「1941年12月8日、真珠湾攻撃を裁可した昭和天皇の詔勅だ」

−−−まさか日帝の…!
「そうだ。日帝は自存自衛のためにハワイを攻撃した。アメリカから徹底的に経済制裁を受け、石油を止められ、鉄鋼を止められ、しかも日帝と交戦中だった中華民国に対してアメリカは公然と軍事援助を続けていた。交戦国に武器を送るのは戦争行為だ。だから東條首相は真珠湾攻撃を命じた」

−−−なるほど。今と同じですな。
「そうだ。いまアメリカは、中国・ロシアを従えてわが国に対する経済制裁を発動し、グアム島からは戦略爆撃機B-1ランサーを何度も飛来させては領空侵犯を繰り返し、南朝鮮軍を指揮下において、侵略を狙っている。これに対してわが国はどう対処すべきか? 恫喝に怯えて膝を屈せよと?」

−−−否! 自存自衛のため、立ち上がるべきです!
「東條大将もそう判断した。空母6隻を中心とする機動部隊をハワイ沖へ送り、米太平洋艦隊を奇襲攻撃することに成功した」

−−−古い記録フィルムで見たことがあります。
「Youtubeでいつでも見られるぞ。そもそも機動部隊、空母打撃群という発想は日本海軍の発明だ。大戦当初、機動部隊を持つ国は世界で日本とアメリカだけだった。半年後のミッドウェー海戦では米日両国の機動部隊が激突し、日本がこれを失ったことが、戦争全体の勝敗を決した」

−−−日本が勝った可能性も?
「半年間は暴れてみせる、と連合艦隊の山本提督が言っている。それ以上やれば負ける、ということだ。日本海軍は、保有艦数では米国に匹敵していたが、工業力が十分の一程度だった。米艦は沈没してもすぐに新造艦が就航したが、日本艦は沈没すればあとが続かなかった。これは教訓だ。いま、アメリカのGDPは?」

−−−およそ20兆ドルです。
「日本が5兆ドル、南朝鮮が2兆ドルだ。わが国のGDPは国家機密だが、CIAは400億ドルと推計している。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/03/20/0800000000AJP20170320001800882.HTML

当たらずとも遠からずだ。米国の20兆ドルは、わが国の400億ドルの何倍か?」

−−−50、いや500倍です…
「これが現実なのだ。わが国の生産力は、日本の一つの県程度しかない。正面から米国を叩けば、たちまち粉砕される。米空軍がわが国を空爆し、米陸軍がわが国に進駐し、米軍基地をつくり、わが国は永遠に米国のしもべとなる。日本のようにな」

−−−理不尽です。
「だから核ミサイルを持つのだ。日本軍も核開発をしていたが、間に合わなかったのだ。敗戦までに核実験に成功していれば、アメリカは報復を恐れてヒロシマへの原爆投下をためらっただろう」

−−−しかし米国は、核ミサイルを放棄せよと要求しています。
「笑止だ。米国にそそのかされて核開発を放棄したリビアのカダフィがどうなった? 殺されたではないか。核の放棄は防衛力を失い、外堀を埋められることを意味する」

−−−核の放棄はしない、全面戦争もしない、となると…?
「条件闘争だ。インドもパキスタンも核保有を強行したが、結局アメリカは認めたではないか。問題は、どこまでがアメリカの許容範囲なのか、どこがレッドラインなのか、見極めるのが難しい」

−−−オバマ政権は、わが国の核ミサイル開発に無関心のように見えました。
「オバマはチキンだったからな。2012年、わが国初の人工衛星・光明星3号の打ち上げ成功に際しても、国連に追加制裁を求めただけだった。水爆実験についても同様だった。トランプに代わっても、この点のあいまいさは同じだった。空母2隻、ロナルドレーガンとニミッツを東海(日本海)に派遣したが、何もせずに撤収してしまった」

−−−この間、わが人民軍は、ミサイルの射程距離の延長を粛々と進めてまいりました。
「そしてついに、火星(ファソン)14号が完成した。アラスカまで届くICBM(大陸間弾道ミサイル)だ。7月4日、米独立記念日の贈り物として発射したが、不用意に刺激しないように、真上に打ち上げて東海(日本海)に落下させてやったのだ」
画像

画像



「7月28日には2発目の発射に成功し、ついに米本土を射程に収めた」
画像

画像

http://fingfx.thomsonreuters.com/gfx/rngs/NORTHKOREA-MISSILE-LJA/0100507M0JK/index.html

−−−わが国の科学技術の高さを、世界に知らしめた偉業でした!
「いや、まだ甘い。大気圏再突入の際に燃え尽きてしまった。日本のNHKのカメラに、燃えながら落下する弾頭が写っている。これでは核を起爆できない」

−−−トランプは、水爆とICBMの開発がレッドラインだといっていました。
「ところが7月のICBM発射に対して、トランプは迎撃もせず、得意のツイッターで非難しただけだった。“口撃"だけとは、敵も朝鮮人に似てきたな」

−−−一同、笑。
「私は真珠湾攻撃はやらない。その直前で止める。生き残るためだ。本当のレッドラインを知りたい。そこで、グアム島近海へのミサイル発射計画を公表した。グアム島のアンダーセン空軍基地を無力化できれば、ここを基地とするB−1爆撃機の飛来もなくなる」

−−−8月中旬、中距離ミサイル4発を発射し、ヒロシマ上空を飛ばせてグアム島の周囲40キロ内の海域に打ち込む計画でした。
画像


「ところが、トランプは8月8日の会見でこういった。

North Korea best not make any more threats to the United States, They will be met with fire and fury like the world has never seen.
『北朝鮮はもうこれ以上、米国を脅迫しないほうがいい。さもなくば、世界がかつて見たこともないような戦火と憤怒に見舞われるだろう』


トランプはこれを、2度繰り返した。わかりやすい言葉だ」

−−−8月11日には中国共産党機関紙の環球時報が、来たるべき朝米戦争に対する態度を明らかにしました。
・朝鮮側の先制攻撃で開戦した場合、中国は中立を保つ。
・米国側の先制攻撃で開戦し、朝鮮の体制変更を図る場合、中国は介入し、米朝戦争になるだろう。

「これを受けて、米国のマティス国防長官、ティラーソン国務長官が8月14日のWSJ紙に連名で寄稿した。
・グアム島を含む米国への攻撃には、ただちに反撃する。
・北朝鮮の体制変更や、米軍の北朝鮮侵攻は目指さない。

これは北京へのメッセージだ。朝米戦争は空爆だけの限定的なもので、地上部隊は投入しない。中国とは争わない…と」

−−−やっと、レッドラインが見えてまいりました。
「油断するな。挑発に挑発を重ねて、相手に最初の1発を撃たせてから徹底的に反撃するのがアメリカのやり方だ。東條は、これに引っかかって真珠湾を叩いた。

私は、東條になりたくない」

−−−米国内では、トランプ下ろしが加速しております。支持率挽回のため、限定戦争に打って出るかもしれませぬ。
「国際関係は変数が多すぎて、容易に方程式が解けぬ。最近のニュースがわかる、何かよい解説書はないだろうか?」

−−−日本で、9月6日にこういう本が出版されるようです。


「前作は読んだぞ。さっそく翻訳してくれ。著者は"もぎせかブログ館“の管理人だな。1カ月もブログの更新をサボりやがって、管理人失格だ」

−−−予備校の夏期講習と、本の最終校正が重なって、ブログを書く時間がまったくなかった模様です。
「まあ、ブログはカネにならないからな。背に腹は代えられない、ということか。夏期講習とやらは、もう終わったのか」

−−−はい。9月はブログも定期更新されるでしょう。




そいつは楽しみだ!




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。


☆気持玉は管理人に執筆意欲を与えます。よろしくお願いします。


N予備校世界史ネット講義 挙手や質問もできます。
http://www.nnn.ed.nico/lessons/all
ご覧になるためには、アプリのダウンロード、会員登録(月額1000円ちょっと)が必要です。

文化放送オトナカレッジ「地政学講座」



図解 世界史で学べ! 地政学
祥伝社
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図解 世界史で学べ! 地政学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 160
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
さいごw

2017/08/27 18:10
戦前の日本も中国問題抱えながらアメリカに戦いを挑んで負けた状況みると色々と今の北朝鮮詰んでるような・・。
前門の米帝、後門の中華帝国といったところですか。
どっちか手を組みたいのが本音なんでしょうが、米国と手を組むのは金日成神話を否定する事に繋がるからダメ、中国と手を組む場合は国ごと乗っ取られる危険性が高いのでダメ。うわー地獄ですな。
だから、ミサイル外交しか手を打てないんですかね・・?
バコダ
2017/08/28 19:59
ブログ更新お疲れ様です。

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ
の前作はもっているのですが、前作と本作では内容面で別の本という認識でいいですか?
ドラグーン
2017/08/29 09:54
『ニュースのなぜ』シリーズは、直近のニュースを解説します。前作が2015年12月刊行でしたから、『2』ではそれ以後に起こったニュース…ブレグジット、トランプ政権成立、北朝鮮ミサイル危機などを解説しています。
管理人
2017/08/29 16:51
返信ありがとうございます!
発売され次第、書店にて確認したいと思います!

失礼します〜。
ドラグーン
2017/08/29 22:36
「ニュースのなぜ」は私も持っています。次作を楽しみにしています。
リザーブドッグ
2017/09/01 23:01
戦前の日本と先帝陛下を現在の北朝鮮と金正恩をダブらせての解説、言いたいことは分かるが味噌も糞も一緒にしないでくれと言いたい。似ているようで全く非な物である。不愉快極まる。
通りすがり
2017/09/02 22:16
このブログは公正中立かつ客観的な記述でなく、「当事者に語らせる」という手法をよくとります。金正恩ならこう考えるだろう、という憶測であって、管理人がそう考えているわけではありません。

名君・昭和天皇と独裁国家の首領を一緒にされて不快だ、というお気持ちはよくわかります。私も不快です。

それでは何が違うのか、論理的に説明いたしましょう。

昭和天皇は、憲法上は国家元首であり、軍の統帥権を握る大元帥でした。しかし実態は、政府と軍の決定を追認するだけの立憲君主でした。このことは昭和天皇御自身が回顧録で明言されています。

昭和天皇は最後まで日米開戦に反対でした。開戦の詔勅に署名したのは、立憲君主としての務めを優先されたからです。

この点が、党・政府・軍の3権を握る完全な独裁者・金正恩との決定的な違いです。
管理人
2017/09/03 11:12
こんにちは。

ヒカルランドさんの宗教本やsb新書のニュースなぜ本関連のキャンペーンはないですか?U^ェ^U
ドラグーン
2017/09/04 11:09
今回の北朝鮮問題でロシアはどうしたいのでしょうか。人民日報だったか、環球時報ななんかで、「朝鮮の核化は認めず、この事に関して、ロシアと協力する」と書いてあったみたいですが、ロシアが北朝鮮問題で中国と協力する理由はなんでしょうか。
勉強中
2017/09/04 23:33
「北朝鮮の保全」がロシアの利益です。米軍の北朝鮮攻撃、親米政権の樹立はもちろん、中国軍の北朝鮮進駐、親中政権の樹立もプーチンは望みません。とりあえず米軍に攻撃を思いとどまらせるため、中国と歩調を合わせているのです。
管理人
2017/09/05 12:23
本のキャンペーンは、出版社に相談します。
管理人
2017/09/05 12:25
中国のプーさん(習近平)に喧嘩を売り、ロシアのプーさん(プーチン)に擦り寄る金正恩ww
バコダ
2017/09/06 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
米朝ミサイル危機は去ったのか? もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる