もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国軍艦が尖閣接続水域に侵入

<<   作成日時 : 2016/06/11 06:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 91 / トラックバック 0 / コメント 14

中国軍艦が、沖縄県尖閣諸島の接続水域にはじめて入りました。

領海…海岸から12海里(22km)まで。その国の主権が及ぶ海域。
接続水域…領海の外側12海里(22km)まで。公海の一部。
画像

これまで中国は、海警(海上警察、日本の海上保安庁にあたる)の巡視船で接続水域、領海への侵犯を繰り返しつつ、軍艦の派遣は自制してきました。

その一線を越えた、ということです。

事件前日の夜。

6月8日21:50 ロシア海軍艦艇が尖閣の接続水域に入る。
対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」1隻に、タンカー1隻、タグボート1隻が随行。
画像

同艦はアジア太平洋地域の30カ国が参加する対テロ共同軍事演習『ADMMプラス-2016』を終え、母港のウラジヴォストークに帰る途中だった。

アドミラル・ヴィノグラードフ遠距離航海(2016年3月-)
http://rybachii.blog84.fc2.com/blog-category-73.html

海上自衛隊のミサイル護衛艦「はたかぜ」がロシア艦を追尾して接続水域に入る。
画像

商船や客船が外国の港に入港したり、狭い海峡を通過する場合、その国の領海内に入ります。これは「無害通航 Innocent Passage」として認められています。

何が無害で何が有害かは、国連海洋法条約(1982)に定めがあります。

第19条2項
外国船舶の通航は、当該外国船舶が領海において次の活動のいずれかに従事する場合には、沿岸国の平和、秩序又は安全を害するものとされる。
(a) 武力による威嚇又は武力の行使であって、沿岸国の主権、領土保全若しくは政治的独立に対するもの(後略)
(b) 兵器(種類のいかんを問わない)を用いる訓練又は演習
(c) 沿岸国の防衛又は安全を害することとなるような情報の収集を目的とする行為
(中略)
(i) 漁獲行為
(j) 調査活動又は測量活動の実施

ロシアは尖閣の領有権を主張していないので、仮に領海に入ったとしても無害通航にあたりますが、念のため「はたかぜ」が追尾したのです。

同じころ、中国海軍のフリゲート艦ジャンカイI級1隻が北西海域から尖閣諸島に接近。
画像


海自の護衛艦「せとぎり」が中国艦を追尾し、シンガポール滞在中の中谷防衛大臣に報告。
画像


中国は尖閣の領有権を公然と主張しており、これまでも領海侵犯を繰り返してきました。そこに軍艦を入れるという行為は、国連海洋法条約第19条2項が定める「沿岸国の平和、秩序又は安全を害する」行為に当たるのは明々白々。

報告を受けた安倍首相は、北京の日本大使館を通じて何度も警告するが、中国政府は黙殺。

6月9日 0:50 中国艦が接続水域に侵入。九場(くば)島・大正島の間を航行していたロシア艦に並走をはじめる。

安倍首相の指示を受け、首相官邸の危機管理センターに「中国海軍艦艇の動向に関する情報連絡室」(室長・西村泰彦)が発足。

1:50 防衛省は自衛隊幹部を緊急招集。

河野克俊統合幕僚長
「相応の対応はとっていく。一般論としては、海上保安庁で対応できない場合は海上警備行動をかけた上で、自衛隊が対応する仕組みになっている」

2:00 外務省の斎木事務次官が、中国大使を呼びつける。
画像


緊迫の一夜、そのとき官邸は…外交儀礼などに構ってられない
外務事務次官の斎木昭隆が駐日中国大使の程永華を外務省に呼びつけたのは9日午前2時。日本政府が駐日大使を深夜や未明に呼ぶのは異例だが、主権に対する毅然(きぜん)とした態度を見せつけるには、外交儀礼に構う必要などなかった。

斎木「中国側の行為は一方的に緊張を高めるような行為だ。日本側としては受け入れるわけにいかない。ただちに接続水域から出るように」
程「……。本国に直ちに伝える。次官はお分かりだと思うが、尖閣諸島は中国の領土だ。抗議は受け入れられない。ただ、こちらも事態がエスカレートすることは望んでいない」

程は平然と言い返したが、その態度は事態を知らされていなかったように斎木は感じた。外務省関係者は「中国の外交部は中国海軍の動きを知らなかったのだと思う」と分析する。
(2016.6.9 23:40 産経)
http://www.sankei.com/politics/news/160609/plt1606090057-n2.html

遺憾の意→大使を呼んで抗議→大使引き上げ→国交断絶→経済制裁→戦争

の2段階目です。「遺憾の意」を得意とする日本の外務省が、深夜2:00に外国大使を叩き起こして呼び出すというのは、ちょっと聞いたことがありません。

中国政府が深夜に日本大使を呼びつけた前例はあります。2010年の中国漁船尖閣衝突事件のとき、「船長を釈放しろ」と圧力をかけたのです。

この間の自衛隊の動きは公表されていませんが、尖閣海域に相当数の潜水艦と艦船が集結して無言の圧力をかけていたはず。当然、在日米軍も情報を共有しています。

1時間後、ロシア艦に続いて中国艦も接続水域を出ました。

北京から「出ろ」と指示がでたのでしょう。

もし日本側が民主党(民進党)政権だったら、「中国を刺激するな」「朝まで待とう」という事なかれ主義の対応を取ったでしょう。中国艦は朝まで接続水域に居座り、飛行機を飛ばして写真を撮らせ、新聞にこれをのせ、

「わが海軍の艦船が、わが領土である魚釣島海域で防衛任務にあたった」

と大々的に宣伝し、尖閣実効支配の既成事実をまた一つ積み上げていたはず。

中国国内では例によって報道管制が敷かれ、日本側の厳重抗議はいっさい報道せず、「中国海軍艦艇が魚釣島の接続水域を航行した」、とだけ報道しました。

6月3〜5日、シンガポールのシャングリラ・ホテルでは、アジア太平洋諸国の防衛担当閣僚が集まる恒例の「シャングリラ対話」を開催。中谷防衛大臣も出席したこの会議で、米国のアシュトン・カーター国防長官が「中国は南シナ海で、孤立の長城を築いている」と非難しました。

「アメリカは、平和で安定した、そして繁栄する、そして地域の原則あるセキュリティ・ネットワークの中で責任ある役割を果たす中国を歓迎する。

だが不幸なことに、この地域では懸案が大きくなっている。それは海洋と、サイバースペースと、上空での中国の活動だ。南シナ海において中国は膨張し、過去に前例のない行動に出ている。それは中国の戦略的意図に関わるものだ。

結果として、中国の南シナ海における行動は、孤立している。いまや地域全体として寄り添い、ネットワーク作りを進めているにもかかわらずだ。不幸なことだが、もし中国がいまの行動を続けるなら、中国は孤立した万里の長城を築いて終わるだろう

これに対して中国の孫建国国防部長は、
「われわれは、あえて事を起こす気はないが、事を起こすことを恐れるものではない。中国は自国の主権と安全の侵犯を許さないし、少数の国家が南シナ海を攪乱するのを座視することもない」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48852


この直後から、中国軍の動きがますます挑発的になっています。

6月7日 南シナ海で情報収集中の米軍偵察機に、中国軍機が30メートルまで接近して威嚇。オバマ政権はNSC(国家安全保障会議)を開いて対応を協議。

6月9日未明 中国軍艦が尖閣の接続水域を航行。

大局的には、オバマ政権のレームダック化、時期大統領候補トランプの在外米軍撤収発言を奇貨として、海洋進出を加速しようという習近平の野心があり、これを受けて人民解放軍の軍人たちが「やる気」になっている、という図式。

今回はうまく対応できましたが、危機はこれからも繰り返しやってくる。

毅然たる態度を維持しつつ、挑発に乗ってはならない。

安倍政権の正念場です。

3月に施行された安保法制の中に、こういう規定があります。

グレーゾーン事態(新法制定でなく閣議決定で対応)
…外国艦船の領海侵犯、武装集団の離島上陸など、戦時と平時の境界線上にある事態を「グレーゾーン」と定義し、海上保安庁/警察に代わって海上自衛隊が出動する海上警備行動/治安出動を迅速化。首相が閣僚(大臣)に電話で了解を取り付けるようにした。従来はいちいち閣議を開いて、承認を得る必要があった。

現在、尖閣海域への領海侵犯を繰り返しているのは中国の海警(海上警察)の艦船。将来、中国海軍の艦船が侵入してきた場合、あるいは中国漁民に偽装した海上民兵が尖閣に上陸してきた場合、海上自衛隊が迅速に対応できるようにした。

関連記事:「安保法制」成立の意味
http://mogiseka.at.webry.info/201509/article_3.html

中国軍艦が居座った場合、防衛大臣は海上自衛隊の出動を命ずる海上警備行動を発令します。今回のように防衛大臣が外遊中でも、電話で海上警備行動の発令ができるようにしたのです。中国側はこれをよく研究し、日本政府が海上警備行動を出す前に軍艦を引き上げたのです。

安保法制が、戦争の抑止に役立った最初の事例といえるでしょう。

中国海軍が体を張って問題提起してくれた日本の安全保障問題。7月の参院選では安保法制の是非を徹底的に議論してもらいたい。




「安保法制=戦争法」というデマを垂れ流す候補者は、全員落選させろ!




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。


☆気持玉は管理人に執筆意欲を与えます。よろしくお願いします。


日中開戦の近未来を描くかわぐちかいじの新作!

空母いぶき 1 (ビッグコミックス)
小学館
2015-09-30
かわぐち かいじ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 空母いぶき 1 (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



文化放送オトナカレッジ「地政学講座」

京王線沿線の啓文堂書店様で『ニュースのなぜ…』が「新書大賞」にエントリさせていただきました。お近くの方は、お立ち寄りください。
画像


9刷御礼! 通算9万3千部です。『経済は世界史から…』の8万部を超えました。
ありがとうございますm(_ _)m

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)
SBクリエイティブ
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニュースの



8刷御礼!
世界史で学べ! 地政学
祥伝社
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界史で学べ! 地政学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 91
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
大学の授業で安全保障の教授が、前からやっていたことだから騒ぎ立てるほどのことではないと言っていて、そんなわけはないだろうと思っていた矢先にこの記事を拝見しまして、事の本質がよく見えました。本当に勉強になります。
バロンドーラー
2016/06/11 12:42
クリントンはTPPに反対を表明してますが労組に配慮しているのでしょうか。
クリントンのバックには財界がいると思うのですが、財界はむしろTPPに賛成なのではないですか?
通りすがり
2016/06/12 08:32
やはり、中国が動き出しましたか。ロシアの方は故意に行った事か意図せずに行った事かは分かりかねますが(個人的には意図せずに行った事と信じたいですが)。
この繋がりから質問をしたいのですが、第一次大戦前の対独包囲網のように中国を孤立させる為にロシアとの関係を良くしておく事は日本にとって益となるのでしょうか?お答え頂ける事を切に願います。
エクスシア
2016/06/12 11:07
通りすがり様
一口に財界といっても、金融・保険業界はTPP推進派、自動車業界は反対派です。自動車業界は労組(全米自動車労連)を抱えていますので、ヒラリーが気にしているのは労組の票です。

エクスシア様
北のロシア、南のインドと連携して中国を封じ込める。これはまさに安倍外交の原則。安倍さんは首相就任前に「安全保障のダイヤモンド構想」としてこのプランを明らかにしています。

以下に、要旨をのせてあります。
http://mogiseka.at.webry.info/201301/article_5.html
管理人
2016/06/12 19:22
市川海老蔵さんの奥さんが乳ガンになったことよりも報道するべきないようですよね。完全に、あちらに主役を持っていかれました。なんだかあきれます。
名なし
2016/06/12 20:14
いつも思うのですが、現在のChina は戦前の日本と同じで軍が様々なことを党まで軽視して勝手に行っているのか、それとも党は承諾していて下級組織の外務省が無視されているだけなのか。
先生はどちらと推測されますか?

こちらは英国の国民投票のニュースを毎日飽きるほどやっています。さすがに南米と違って、サッカーが始まるとすべてを忘れるというわけにはいかないようです。
個人的には欧州がドイツの奴隷から抜け出すためにユーロを廃止する第一歩と思うので離脱賛成!! 高い付加価値税と酷い道路の上を走ると本当に思います。
ポルトガル滞在中
2016/06/16 18:17
軍のエスカレーションを党中央が追認、外交部(外務省)は蚊帳の外、というのが実態だと思います。

毛沢東・ケ小平の時代には党が軍をがっちり統制し、ソ連・インドと敵対するときは日米と提携し、孤立を回避していました。

今回、海軍が南シナ海と尖閣、陸軍がインド国境で同時にトラブルを起こしたのは、陸軍と海軍を統括する習近平に戦略がないのか、そもそも統制がとれていないのかのどちらか。陸海軍が勝手に動いて全世界を敵に回した大日本帝国そっくりです。

ユーロ圏は解体に向かいます。壮大な実験は、おっしゃるとおりドイツ帝国を出現させただけでした。
管理人
2016/06/17 00:46
とにかく茂木先生にコメントできるならと、ここに書き込みます。いつも、素晴らしいブログ読ませていただいてます。そして先生に伝えたかったことはソフィーの世界を読みました。ありがとうございました。こんなに身体が震えるような感覚を感じたのは初めてでした。また、何か本を紹介して頂きたいと思います。
亀井
2016/06/19 16:36
ソフィー級の本にはなかなか出会えませんね。読者の存在を揺るがすような本を、いつか私も書いてみたいです。
管理人
2016/06/20 06:38
大変初歩的な質問なんですが、ソ連の書記長が代わるのはなぜでしょう
独裁なのに権力を奪われるという仕組みが私にはわかりません
駿台が一番
2016/06/23 01:19
お返事ありがとうございます。

先生の推測のとおりだとあの当時の英米首脳の気持ちがわかります。
政府が不拡大という一方で軍が既成事実を積み上げていく。なんと巧妙な連携プレイ(英国)、なんとずる賢い(米国)。

ところで、ケ小平が死んで約15年後に習近平が就任、軍に影響力があった最後の元勲山県有朋が死んで後の同じ頃の日本の首相が大日本帝国を滅ぼした近衛文麿、所は違えど歴史は繰り返すのでしょうか。
ポルトガル滞在中
2016/06/23 03:51
全財産を日経平均株価
(日経225)に変えてきます

止めないでください
止めないでください

え、先生がそんなに止める
なら今回はやめますか。
バタリロ
2016/06/24 13:03
投資は自己責任でお願いいたしますm(_ _)m
管理人
2016/06/25 03:21
とりあえず、この記事を読んで明日の選挙には行こうと思いました。
ちひゃ〜
2016/07/09 00:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国軍艦が尖閣接続水域に侵入 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる