もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 南シナ海の要塞化 バンドン会議60周年

<<   作成日時 : 2015/04/26 10:21   >>

面白い ブログ気持玉 78 / トラックバック 0 / コメント 7

フィリピン沖で、中国軍の要塞建設が進んでいます。
画像

(クリックすると拡大します)

イギリスの軍事情報誌「IHSジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」が、衛星写真を公開しました。中国・フィリピン・ベトナムが領有権を争う南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)。建設中の中国海軍基地がはっきり写っています。サンゴ礁に大量の土砂を運んで埋め立て、巨大な基地をいくつも作っているのです。

これらの島々は、かつてはベトナムが実行支配していましたが、スプラトリー諸島海戦(1988)で中国海軍が圧勝(ベトナム兵70名を機銃掃射で殺害)した結果、中国が実行支配するようになりました。


最初は小規模な建造物を作り、兵士を常駐させ、2014年あたりから大規模工事を開始しました。「礁(リーフ)」はサンゴが作った浅瀬のことで、満潮時には水没します。そこに盛り土をして人工的に島を作っている。

水没の危機にある沖ノ鳥島を日本が護岸工事して保全しているのを見て、

「あれは岩であって島ではない。沖ノ鳥島を起点とする日本のEEZは認めない」

と主張する中国が、その何百倍、何千倍もの造成工事をやっているのです。ちなみに沖ノ鳥島では造成工事は最少限度とし、サンゴの育成を図っています。

ファイアリー・クロス礁(永暑礁)。3000メートルの滑走路を建設中。
画像

画像

画像


スービ礁(渚碧礁)。
画像

画像

画像


ガヴェイ礁(南薫礁)。
画像


ジョンソン南礁(南瓜礁)。
画像



沖縄の米軍基地移設問題で、「辺野古(へのこ)のサンゴがぁ〜! ジュゴンがぁ〜!」と騒ぐ人たちは、南シナ海で現在進行中のすさまじい自然破壊について、なぜ沈黙するのか? 

日本の捕鯨船に体当たりを繰り返した勇敢なシーシェパードの諸君はどこへ消えたのか? 中国の竣工船に、なぜ体当たりしないのか? 偽善者どもめ。

フィリピンは、例の中国主導のAIIB(アジア・インフラ投資銀行)に参加表明しています。そのフィリピンに対して、中国が領土問題で手加減することは一切ありません。

日本がAIIBに参加表明すれば、きっと日中関係がよくなって尖閣をめぐる対立も解消に向かう、などと考えるのは馬鹿げています。

スプラトリー諸島の中国軍基地が完成すればフィリピンに対する重大な脅威となりますが、フィリピン政府は指をくわえてオロオロしているだけです。フィリピン海軍が弱すぎて、勝負にならないからです。

中国のミサイル巡洋艦ハルビン
画像


フィリピン海軍最大のフリゲート艦ラジャ・フマボン(1943年建造の超老朽艦)
画像


西太平洋各国の海軍力比較
画像


フィリピン海軍、お話になりません。米国か日本を頼るしかないのは当然でしょう。

2014年10月には、初の米日比の海軍合同演習を実施。アキノ大統領は20年ぶりに米軍のフィリピン駐留を認める協定にサインしました。

2015年4月には、米豪比の海軍合同演習を実施。過去最大級の規模です。


********************

バンドン会議(アジア・アフリカ会議)。
画像


1955年。インドネシアのスカルノ、インドのネルー、中国の周恩来、エジプトのナセルら、アジア・アフリカの新興国の指導者が呼びかけ、西欧列強が行ってきた帝国主義的な力の支配を脱することを宣言した歴史的な会議です。前の年にはインドシナ戦争(フランスvsベトナム)がベトナムの勝利で終結。アジアは希望に満ちていました。

日本は1952年にサンフランシスコ条約が発効して主権回復したばかり。その日本は、「アジアの一員」としてバンドン会議に招待されたのです。「日本が残虐なファシスト国家で植民地を苦しめた」のであれば、この会議には招待されなかったでしょう。

あれから半世紀、今度は中国が帝国主義的な力の支配を東南アジアに及ぼしつつある中、バンドン会議(アジア・アフリカ会議)60周年の記念式典が、インドネシアのジャカルタで開催されました。

安倍首相も招待され、演説を行いました。
画像


「共に生きる。

スカルノ大統領が語った、この言葉は、60年を経た今でも、バンドンの精神として、私たちが共有するものであります。

古来、アジア・アフリカから、多くの思想や宗教が生まれ、世界へと伝播していった。多様性を認め合う、寛容の精神は、私たちが誇るべき共有財産であります。

その精神の下、戦後、日本の国際社会への復帰を後押ししてくれたのも、アジア、アフリカの友人たちでありました。この場を借りて、心から、感謝します。…

そして今、この地に再び集った私たちは、60年前より、はるかに多くの「リスク」を共有しています。

強い者が、弱い者を力で振り回すことは、断じてあってはなりません。バンドンの先人たちの知恵は、法の支配が、大小に関係なく、国家の尊厳を守るということでした。…

その中で、日本は、これからも、出来る限りの努力を惜しまないつもりです。

 ”侵略または侵略の脅威、武力行使によって、他国の領土保全や政治的独立を侵さない”
 ”国際紛争は平和的手段によって解決する”


バンドンで確認されたこの原則を、日本は、先の大戦の深い反省と共に、いかなる時でも守り抜く国であろう、と誓いました。

そして、この原則の下に平和と繁栄を目指すアジア・アフリカ諸国の中にあって、その先頭に立ちたい、と決意したのです。…」
(2015.4.22 バンドン会議60周年記念首脳会議における安倍総理大臣スピーチ)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page3_001191.html

この演説が何を意図したものか、もはや明らかでしょう。

会議に参加しなかった韓国は、「謝罪がない」と、いつも通りの安倍叩き。
「安倍首相演説に韓国政府が遺憾の意」4月22日 19時26分(NHK)

朝日新聞もこれに同調。
「首相演説 大戦反省・おわび触れず バンドン会議」2015年4月22日14時23分

ところが、安倍演説で皮肉られた当の中国は、一言の安倍批判もなし。ちょうど靖国神社の春季例大祭で多くの国会議員が昇殿参拝したのに、これについても沈黙です。




なぜか?




AIIB(アジア・インフラ投資銀行)への日本の参加がどうしても必要だからです。

前回、北京APECでの日中首脳会談でわざとムスッとした態度をとった習近平が、2回目の日中会談を求めてきたのも同じ理由です。とにかくいまは日本をおだてて、カネを引き出したい…

安倍さんは圧倒的に優位な立場で会談に臨みました。だからこの顔。
画像


対するきんぺーさんの微妙な顔ww
画像

「こんなとき、どういう顔をすればいいのか、わからないの…」

画像





笑えばいいと思うよ。




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。
☆気持玉は管理人に元気を与えます。よろしくお願いします。

お読みになったご感想を一言、Amazon等のレビューにお願いいたします。


世界のしくみが見える世界史講義
ヒカルランド
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界のしくみが見える世界史講義 (Knock‐the‐Knowing) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 78
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、一応世界第二位の経済大国であるし、決して中国をあなどってはいけないと思っているんですが、どうもこのAIIBは泥船のような気がしてなりません。日本政府が今現在、様子見(不参加)をしていることに支持します。

ふと、昔、世界史で学習した欧州自由貿易連合(EFTA)のことを思い出しました。

@イギリスがECに対抗して設立
Aでも本当はECに入りたいなぁ
B結局EC加盟。EFTAは抜ける

みたいな流れでしたか。私はこれをイギリスの外交的敗北だと思っています。
先生は、このイギリスEFTAと中国AIIB との類似点はあると思いますか。それとも、私の考えすぎでしょうか。
個人的調べようと思ったのですが、EFTAがパッとしない組織なのか、あまり資料が見つかりませんでした。

通りすがり
2015/04/27 19:53
ECとEFTAは関税同盟ですから排他的(二股かけられない)でしたが、ADBとAIIBは国際投資銀行ですから両方に出資できます。現に中国も、日・米に次ぐADBの出資国です。ただ、お山の大将になりたいから、二足のわらじでAIIBを作ったわけです。

この点が、アングロ・サクソン嫌いのド・ゴールによってECから完全に締め出されていた英国との違いですね。
管理人
2015/04/28 01:10
MOGISEKA SOUND ONLY の動画のデザインすごくかっこいいです。

動画編集ソフトは何を使われていますか?
ドラグーン
2015/05/02 15:57
ありがとうございます。Evaのパクリです。(^^;

マック用のアプリiMovieを使いました。タイトルはPhotoshopで別に作っています。iMovieのタイトルは使えませんので。
管理人
2015/05/03 02:09
返信ありがとうございます。

そうですか、どこかで見たことがあるなと思ったんですけど、エヴァでしたか。

また、いろいろとご教授いただければと思います。
ドラグーン
2015/05/03 11:31
細かくて恐縮ですが、

>南シナ海の要塞化 バンドン会議70周年

>バンドン会議(アジア・アフリカ会議)70周年の記念式典が、インドネシアのジャカルタで開催されました。

バンドン会議は60周年ではないでしょうか?
ドラグーン
2015/05/03 21:20
訂正しました。ありがとうございます。
管理人
2015/05/04 00:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
南シナ海の要塞化 バンドン会議60周年 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる