もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月の新刊 『世界のしくみが見える世界史講義』

<<   作成日時 : 2014/09/28 05:55   >>

ナイス ブログ気持玉 101 / トラックバック 0 / コメント 17

この表紙をはじめて見た時…

画像


私も、のけぞりました!

版元はヒカルランドさん。スピリチュアルものをたくさん出している新進の出版社さんですが、これから教養系にも手を広げたい、というお話でしたので、お受けしました。

ヤギワタル
さんのイラストが何とも味わいがあります。


今回は、講義形式です。

編集者さんを相手に10時間くらい講義した内容を、ライターさんが書き起こしたものです。
国際ニュースの根っこの部分がわかるように、世界史の基礎知識を伝授する「オトナ向けの世界史」です。学習参考書を「おもて世界史」とすると、こちらは「うら世界史」です。学参には書けないことも、いろいろ書いちゃいました。

目次だけ御紹介しましょう。


第1章 日中・日韓関係を理解する

・「中国」は『史記』の正統史観から始まった
・封建制度の基本原理は血縁関係
・諸子百家――統治システム再建の試み
・「中国人」は民族ではない
・「倭国」から「日本」となった白村江の戦い
・「中華思想」という妄想を生みだした朱子学
・元寇から生まれた倭寇
・倭寇の実体は無国籍武装集団
・地方を荒廃させた両班、地方を開発した大名
・朝鮮の小中華思想が生まれた原因
・韓国、中国の「反日」の正体は何か

第2章 一神教を理解する

・ユダヤ教は虐げられた民族の怨念
・イエス・キリストはキリスト教徒ではなかった
・最後の預言者ムハンマド
・カリフとイマーム――ムハンマドの後継者争い
・イスラム原理主義はどこから生まれたか
・イスラムの近代化と「中東問題の始まり」
・パレスチナ問題とは何か
・「アラブの春」とは何だったのか

第3章 ヨーロッパ文明を理解する

・国家権力の起源――民主主義はどう誕生したか?
・民主主義は衆愚化する
・ローマ帝国はいかに衰亡し、教会の支配がはじまったか
・ローマの財政破綻とカトリックの誕生
・政教分離ができた国、できなかった国
・封建制と聖俗の争い
・十字軍と三圃制――ヨーロッパによる世界支配の始まり
・世界は終わらずに始まった!?

第4章 近代ヨーロッパを理解する

・宗教改革が資本主義を生んだ
・主権国家はどう誕生したか?――自然法思想と国際法
・ルソーの狂気から恐怖政治が生まれた
・社会主義の理想と革命の現実
・革命では軍を掌握した党派が勝つ
・ナショナリズムとグローバリズムの戦い

第5章 アメリカ合衆国を理解する

・ネイションを問わない国――アメリカ合衆国の誕生
・「マニフェスト・デスティニー」と黒船
・アメリカの「内戦」
・世界を「解放」するための戦争?
・アメリカ合衆国に中華系大統領が生まれる日



アマゾンで予約注文できます。

世界のしくみが見える世界史講義
ヒカルランド
茂木 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界のしくみが見える世界史講義 (Knock‐the‐Knowing) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


版元のヒカルランド様よりAmazonキャンペーンのお知らせ
『世界のしくみが見える世界史講義』をAmazonで購入された方を対象に、抽選でプレゼントを行います。
●購入期間 2014年10月23日〜10月30日24時まで
(これ以前に予約された方も対象となります)。
●プレゼント内容
@茂木先生の有料セミナー(2015年2月11日)に無料でご招待 5名様。
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000000296/
A茂木先生のサイン色紙(素敵なイラスト入り)のプレゼント 20名様。
●応募方法 Amazonで購入すると、Amazonから受付メールが来ます。このメールにお名前、ご希望(@色紙、Aセミナーのいずれか)を明記の上、以下のアドレスに転送してください。当選者にはメールでお知らせいたします。
info@hikarulandpark.jp






おおっ、こいつは楽しみだ!





と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。
☆気持玉は管理人に元気を与えます。よろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 101
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、新刊出版、待ってました!
おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。



Togozo
2014/09/28 10:09
さきほどはありがとうございました。
勉強させていただきます。

そして、新刊おめでとうございます。
10月頃本屋にいって手に取ってみようと思います。

ところで、ひとつ思ったのですが、

>編集者さんを相手に10時間くらい講義

とのことですが、こういったスタイルの書籍は世の中にたくさんありますよね。

これは著者が机に向かって直接原稿を書く場合よりも、より読者目線の内容になることを意図して採用しているのですか?

実際、黙々と原稿を書いたほうが気が楽ではないですか?

本のつくり方に興味があったのでご質問しました。
ドラグーン
2014/09/28 17:24
皆様、ご支援ありがとうございます。10月中旬の発売になりますので、いましばらく待ちください。

ドラグーン様
自分で原稿を書くのと、口述筆記とでは全然違いますね。

喋るときには聞き手の反応をものすごく意識しますので、読者からみれば、はるかに読みやすいものになると思います。

今回も、「中国・韓国、イスラム、欧米とざっくり分ける」ということだけが決まっていて、あとはぶっつけ本番です。職業的にいつも喋っているので、その点は楽でした。

実はこのブログ記事も、次の著書の原稿も、音声認識ソフトを使って喋って書いています。
管理人
2014/09/29 02:46
おめでとうございます。楽しみにしておりました。10月23日が待ち遠しいです。

ところで、
>このブログ記事も、次の著書の原稿も、音声認識ソフトを使って喋って書いています。
とのことですが、4月の『面白センター』もその方法で執筆なさったのですか?
Midosuji30000
2014/09/29 11:34
ありがとうございます。面白センターは書き下ろしです。
管理人
2014/09/29 11:53
新刊おめでとうございます。
是非購入させていただきます。
茂木先生が表紙になり、一躍有名人ですね。
もぎせかファン
2014/09/30 10:39
ありがとうございます。人目を避けて生きて参りましたので、かなり恥かしいです。
管理人
2014/10/01 06:01
記事に関係ない内容で申し訳ありません。

先月発足した改造内閣で法務大臣が松島みどり氏になりましたが、彼女は考え方や方針がどう見ても民主党的です。なぜ安倍さんは同じ女性でも弁護士資格を持つ稲田朋美さんではなく彼女を選んだのでしょうか?先生はどのようにお考えですか?

https://www.youtube.com/watch?v=fNLi4HbMKhw
2008年にだらだら答弁を続けて出入り禁止処分を受けた時の様子です。TVタックルより。
https://www.youtube.com/watch?v=BCJsGRMhESc
解説文に「第二の田中真紀子と言われるトンデモ○○(自主規制)」とありますが、この○○をあえて埋めるとしたら何が入るのでしょうか?
Midosuji30000
2014/10/02 01:24
元朝日新聞記者だからでは?
法相は集団的自衛権問題、特定秘密保護法問題で朝日をはじめとするマスコミのバッシングを受けやすいポストです。敵の内情を知るという点でも、押しの強さでも、松島さんは適任と判断したのでしょう。

稲田さんは安倍首相からみてもっとも思想的に近く、後継者と目している女性です。党内の要職につけてキャリアを積ませようという判断でしょう。
管理人
2014/10/02 03:04
新刊おめでとうございます。
表紙のイラストが可愛いですね。
23日発売の書籍は永久保存版として購入させていただきます。
質問ですが、Kindle版はいつ頃の発売になりますか?
先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
mo
2014/10/02 04:12
ありがとうございます。
Kindle化はAmazon様がお決めになることですので、私には何とも言えません。紙の本の売り上げ次第と思われますので、よろしくお願いいたします。
管理人
2014/10/02 08:22
確かに「敵」側の人物を上手く利用するというのは奇策だと思いますが、彼女は「大臣」としての資質に欠けるのではないでしょうか。およそ政治家には、それこそ「巨視的な見方」が必要で、ある特定の属性が優遇されるような状況を作るような人物はよろしくないと思います。性犯罪の厳罰化の必要性を頻りに説いておられますが(厳罰化自体に反対というわけではありません)、なぜ「女性の人生を狂わせる」ことのみを問題視するのかがわかりません。それをいうなら、2006年に小田急線で起きた防衛医大教授痴漢冤罪でっち上げ事件をはじめとする、痴漢冤罪でそれこそ人生を狂わされた男性も少なくない、そういった人に対する配慮およびでっち上げた者に対する処分はどうなるのか?という話になります。
2008年には大阪の地下鉄御堂筋線で阪田真紀子という日本一の○○女による示談金目的でのでっち上げ事件が起きていますが、男性に対するこのような悪質な性犯罪をも厳罰化することではじめて「性犯罪の厳罰化」を語る資格があるのではないでしょうか?
Midosuji30000
2014/10/02 10:39
オーディオブックも先生が朗読すればバカ売れ間違いなしですよ
shin
2014/10/04 22:49
声優デビューですか?
体が一つでは足りません…
管理人
2014/10/07 00:53
前回の朗読本は、先生の朗読なら、即買でした。10時間の講義を録音して販売するのもいいかもです。5個くらいに分割すれば、本よりずっと儲かるかもです。自分は奥山真司さんの地政学の音声講座を聴きましたが、一講座、一万しました。高かった。2000円くらいなら余裕で買う人いると思いますよ。ちなみに僕は買うと思いますよ。
shin
2014/10/10 23:57
予備校をクビになったらそうします。(^_^;)
管理人
2014/10/12 17:25
アマゾンでポチろうとしたら、キンドルないのですね・・・。残念。「経済は世界史から学べ」はあるのに。紙の本は個人的にいらないのでぜひキンドルをお願いします!って上にアマゾン次第とコメントされてますね。あー読みたい!
shun
2014/10/29 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月の新刊 『世界のしくみが見える世界史講義』 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる