もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS よみがえる日本の翼 三菱MRJの挑戦

<<   作成日時 : 2014/08/30 07:53   >>

ナイス ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 15

三菱・ゼロ・ファイター
画像

1940年(皇紀2600年)に三菱重工が開発。正式名称は零式(れいしき)艦上戦闘機。

通称「ゼロ戦」。

中国戦線においては、空中戦による被撃墜ゼロという圧倒的強さ。

真珠湾攻撃以来、ラバウル航空戦を始めとする太平洋上の日米戦争において、零戦は圧倒的な機動力、戦闘力を誇示し、無数の米軍機を撃墜しました。

敗戦がなければ、三菱重工は旅客機や、ジェット機の開発に進んでいたでしょう。

敗戦後、連合国軍最高司令部(GHQ)は日本の航空産業の復活を恐れ、航空禁止法を発令して航空機製造を禁じました。工場は接収され、期待も設計図も、すべて没収されたのです。

サンフランシスコ条約の発効(1952)により航空禁止令は解除されましたが、失われた7年間の航空機技術の進歩は目覚ましく、世界の航空機市場は米英の企業が独占していたのです。

零戦を開発した技術者たちは新幹線の設計などに転身しましたが、国産の翼の曲という願いを持ち続けた人たちもいたのです。また朝鮮戦争の軍需景気により、米軍向けの航空機部品の製造ラインはすでに復活していました。

通産省(経済産業省の前身)の課長だった赤澤璋一。元海軍の軍人で戦艦「比叡」の主計官としてミッドウェー海戦にも参戦した人物です。のち富士通の副社長を務めました。

この赤沢課長が三菱重工、川崎重工、富士重工などに呼びかけ、国産旅客機製造のための新会社(日本航空機製造)を立ち上げます。国策としての大プロジェクトなので、特定企業だけの独占させたくないという配慮からです。設計チームには、「ゼロ戦」の設計者(『風立ちぬ』の主人公)の堀越二郎(三菱)、「隼(はやぶさ)」設計者の太田稔(富士重工)ら、当時のオールキャストが迎えられました。

「ゼロ戦」設計チーム(中央が堀越)
画像


当初は輸送機として開発が始まったため、「輸送機設計」の頭文字をとって「YSー11」と名付けられたこの国産旅客機は180機以上生産され、プロペラ機時代の名機と呼ばれました。ギリシアなどへの輸出もされています。
画像


すでに生産は終了、多くが退役しましたが、海自の情報収集機としては、いまも現役です。
画像


しかし、半官半民の国策会社だった日本航空機製造は官僚の天下り先となって組織が硬直化し、YS11も国際市場での競争に敗れ、同社は赤字を抱えて解散します。旅客機開発は各メーカーが独自に進めることになりました。その先頭を行くのがホンダと三菱です。

ホンダビジネスジェットは、8人乗りのプライベートジェット機として開発され、100機以上が生産されました。海外の富裕層をターゲットにした輸出用です。
画像

画像

画像


1機450万ドルで買えますので、余裕のある方はどうぞ(^_^;)


三菱リージョナルジェット(MRJ)は90人乗りで、地域(リージョナル)路線に特化した中型旅客機です。気体の3割を炭素繊維に置き換え、軽量化、省燃費を実現しました。
画像

画像

画像


機体は三菱製ですが、エンジンは米国製、内装の6割も輸入品です。組み立ては日本で行っています。
画像


画像


いま、世界の航空機シェアはこうなっています。

大型機…エアバス(欧)、ボーイング(米)の2強

中小型機…ボンバルディア(カナダ)、エンブラエル(ブラジル)の2強

三菱MRJは、中小型機市場に殴り込みをかけるという話です。
画像



JAL、小型機「MRJ」32機発注 21年から国内路線で導入へ
[東京 28日 ロイター] 日本航空(JAL) は28日、三菱重工業 子会社の三菱航空機(名古屋市)が開発している次世代小型旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」32機の導入を決定したと発表した。2021年中にJAL子会社で国内の地方路線を運航するジェイエアがMRJの運航を開始する予定。

燃油費が収益に直結する航空各社は、老朽化した航空機を中心に燃費効率の高い新型機に切り替えている。MRJは最新鋭のエンジンを搭載しており、従来の同型機と比べて燃費性能が2割以上高い。JALも導入する21年から7年程度かけて順次、従来機をすべてMRJに切り替える方針だ。

JALの植木義晴社長は同日午後会見し、MRJ購入に至った理由について、客室の広さや燃費性能などを挙げたほか、同機の価格を含む三菱航空機側との交渉で「非常に良い条件を提案していただいた」と述べた。32機すべてが確定済みの発注で、発注額は定価ベースでは約1500億円。実際の支払い額については明らかにしなかった。…


<開発は順調、受注400機の大台に「大きな意味」>
MRJの受注数はJALを合わせると計407機(オプション機を含む)。小型ジェット旅客機の新規需要は今後およそ20年間で5000機が見込まれている中、三菱航空機はその半分のシェア獲得を目指している。

会見に同席した三菱航空機の江川豪雄会長は、300機台と400機台では「(目標達成までの)道筋の印象が違う」と語り、JALからの受注は「ボリューム的に大きな意味がある」と述べた。…

世界の小型旅客機市場はブラジルのエンブラエルとカナダのボンバルディアの2社がほぼ独占しており、三菱航空機は後発。ただ、JALが導入を決めたことで、江川会長は「MRJの信頼が飛躍的に高まり、今後の受注に弾みがつく」と語り、他社からの新規受注に期待を寄せた。同社では欧州の航空会社などに営業攻勢をかけているほか、東南アジアやラテンアメリカも有望な市場とみている。

MRJは米プラット&ホイットニー社が開発した最新鋭の次世代型エンジンを採用。騒音が小さいほか、燃費性能に優れている。国内ではANAホールディングスが25機を17年以降に導入する予定。ことし7月には米イースタン航空から40機、ミャンマーのエアマンダレイから10機の発注を受けている。© Thomson Reuters 2014 All rights reserved.
(2014年 08月 28日 20:15 ロイター)

航空機産業は関連部品・内装など裾野の広い産業です。これらをすべて国産化すれば、確実に景気回復に役立ちます。アベノミクスがもたらした円安効果が、日本の航空機産業の復活を後押ししているというニュースです。


国産ステルス戦闘機の実験機「心神(しんしん)」も完成しました。2015年1月に、最初のテスト飛行が行われます。
画像


米国は日本の戦闘機開発については神経質で、現在主力のF-2戦闘機も日本の単独開発を認めず、日米共同開発という形で「許可」しました。戦後レジームからの脱却を掲げる安倍政権が、米国の圧力に屈せず、ステルス戦闘機の自主開発に踏み切れるかどうか、見極めたいと思います。この件については、何か動きがあればお伝えします。

ちなみにこの「心神」も、大型ロケットH-IIAも、製造しているのは三菱重工です。軍事・宇宙・航空産業は技術的には一体のもので、用途が違うだけです。安倍政権による「武器輸出3原則」の事実上の廃止により、この分野はこれから大きく躍進すると思います。





三菱MRJに乗ってみたい!
 



と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。
☆気持玉は管理人に元気を与えます。よろしくお願いします。

(おまけ)
富士総合火力演習2014に行ってみた
https://www.youtube.com/watch?v=mx8BndNDp4s

戦車は完全に国産(こちらも三菱重工製)。米国は、日本の戦車製造には口を出さないようです。帝国陸軍の戦車部隊は主に満州に配属され、米軍の脅威とはならなかったからでしょう。カリフォルニアあたりで戦車決戦をやっていれば、戦後は日本の戦車製造も禁じたでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
動画「質問に答える!(情報の収集と伝達)」を改めて見直してみて、新たな疑問がわきました。

先生はテレビを見ずにネットから情報を収集するとおっしゃっていますが、そもそも気になる『キーワード』をどこからかニュースとして入手しているはずです。本当に誰かのブログからしか収集していないのか不思議です。

先生は、ニュースを読み解くカギになる『キーワード』をどのように収集なさっているのか是非お聞かせください。
よろしくお願いいたします。
Midosuji30000
2014/08/31 00:55
先生、こんにちは
民主石井一氏の旭日大綬章受章記念パーティーでの問題発言で、気になった事があります。
この勲章は明治の勲一等旭日大綬章に相当するとの事、ならば相当程度社会に貢献したであろう方ですが、自分は民主党政権時の彼の行動を知るものとして、首をかしげざるをえません。また受章者をみていると、大企業の会長、もしくは大臣経験の方ばかりです。中には本当に貢献されている方もいるのでしょうが、今回の事を考えるとなんとなく肩書だけでもらえてしまう印象を受けます。現代社会で旭日大綬章受章を受章できる基準とはいったい何でしょうか?
Togozo
2014/08/31 01:32
Midosuji30000様
速報性ならこれ。
http://www.2nn.jp/news5plus/

たとえば「お、エボラ熱が拡大してきたな」、と気になったら「エボラ」でググる。それだけです。

Togozo様
宮内庁はガチガチの先例主義ですので、「議員勤続何年で○○章」と決まっているのです。その政治家の能力や品位とは関係ありません。そのうち鳩山・菅も受章するでしょう。

石井一(はじめ)は小沢の側近。小沢の傀儡だった羽田政権で国家公安委員長を務め、のち小沢と共に民主党に合流した人物です。小沢は西松建設を通じて北朝鮮と繋がりがあり、石井はその辺のどす黒い部分を知っています。国家公安委員長時代に、北に情報を渡していた可能性もあります。

横田めぐみさんは、金ファミリーに深く関わっており、小沢と金ファミリーとの関係も知っているでしょう。だから彼女が帰国して洗いざらい喋ってしまうことを、石井は恐れているのです。

同じように戦々恐々としている政治家が、他にもたくさんいるはず。彼らが拉致問題をもみ消そうとしてきたのです。
管理人
2014/08/31 05:37
先生、お返事ありがとうございます。

そのうち鳩山・菅も受章という言葉に、本当?と思ってしまいましたが、先例主義という事であれば頷けます。

横田めぐみさんの帰国が難しいというのは、いったいどんなものなのか少しだけ想像がつくようになりました。
金ファミリーのみならず日本国内の事情にも深く関与、もしくは知っているからなんですね。
Togozo
2014/08/31 11:05
ありがとうございました。

もう一つ、朝鮮戦後史についてお願いします。
北朝鮮はそもそも、「ソ連によって独立を与えられた」国家なのでしょうか、それとも、「金日成をはじめとするゲリラたちが自力で独立を勝ち取った国家」なのでしょうか?
一方、韓国の場合はフィリピン同様、完全にアメリカに独立「させてもらった」国という印象があります。歴史にifを持ち込むことはナンセンスでしょうが、もし初代大統領が朴正煕だったならば、あの国の歴史はまた違ったと思います。

よろしくお願いします。
Midosuji30000
2014/08/31 11:42
「普天堡の戦い」でググってください。

偉大な太陽、民族の首領である金日成同志の、抗日パルチザン闘争における最大の戦果がどういうものか、わかります。
管理人
2014/09/01 08:12
Wikipediaでチェックしました。金日成軍による日本人の殺戮ですね。

あと、李承晩について、先生の『面白センター』に「反日親米」とありますが、親米でありながら、その事実上の同盟国(?)である日本には敵対的であったというのはどういうことでしょうか?(自らの出自でもある両班制度を、日本によって廃止されたことに対する怨嗟の念があったということは理解しております。)
李大統領は、アメリカがソ連に対抗するため対日方針を大幅に変更したということをついに理解できないまま四月革命を招いてしまったという認識でよいでしょうか?
Midosuji30000
2014/09/02 19:38
李承晩の場合、反日が目的であって親米は方便です。今生きていれば、間違いなく親中でしょう。
管理人
2014/09/02 22:55
こんばんは。MRJも国産ステルス機も将来が楽しみですね。車の省エネ開発は各国で盛んなイメージですが、飛行機にも繊維素材を使用して低燃費に力を入れたり、開発競争がある事を知りとても勉強になりました。

それから、火力演習の動画を拝見しました。実際に間近で見る演習光景は迫力がありそうですね。
私の地元から遠くない所に、自衛隊の駐屯地があります。昨年は、市のお祭会場に自衛隊の方が来てくださり、車両展示やバイクなどの試乗が出来ました(凄い人気で私は参加できず)。他に陸上自衛隊の野営テント張り体験コーナーもあった様です。今年も展示等がありましたら、イベントに参加して自衛隊の大変さを少しでも実感してみたいなと思います。
(感想でした)

※先生の新刊を楽しみにしています!
mo
2014/09/02 23:41
自衛隊に対する国民感情は、東日本大震災で劇的に変わりました。非常時に示した圧倒的な機動力と無私の精神により、真の国民軍に生まれ変わったと思います。私も機会があるごとに、感謝の気持ちを伝えたいと思います。
管理人
2014/09/03 08:20
「慰安婦問題」が大々的に報じられるようになったのは1991年で、その頃の韓国側の大統領は盧泰愚だったと思いますが、盧大統領の対日方針はどのようなものだったのでしょうか?
ちなみに、「慰安婦問題」は朝日の捏造でしかないと盧泰愚氏自身が述べているそうです(※)。

※http://www.youtube.com/watch?v=UQyWqXihX4Y
もし既にご覧でしたら申し訳ありません。
Midosuji30000
2014/09/05 00:33
朴正煕、全斗煥、盧泰愚と3代続いた軍人大統領の時代、日韓関係は良好でした。北朝鮮は、日韓離間のため様々な工作を仕掛けました。当時、朝日新聞は韓国軍事政権批判の急先鋒でした。

ところが盧泰愚が韓国を民主化してしまった。韓国批判をしにくくなった朝日が、「歴史問題」をほじくり始めた。慰安婦強制連行の捏造も、その一貫だと思います。

日韓離間が目的ですが、韓国世論がこれに乗ってしまったために、金泳三以後の文民大統領は世論に迎合して行ったのです。
管理人
2014/09/05 03:34
>当時、朝日新聞は韓国軍事政権批判の急先鋒でした

なぜ当時の朝日新聞は軍事政権を批判していたのですか?

ところで、先日大阪を旅行した際、梅田の阪神デパートで日本料理店に入った際、その店のメニューに「ケ小平閣下も来店した店です」と書いてありました。おそらく「改革・開放」政策を行うにあたって日本視察のため訪日した際にその店で食事したと思われるのですが、そもそもケ小平は日本に対してはどのような態度を取っていたのでしょうか?

長文失礼しました。よろしくお願いいたします。
Midosuji30000
2014/09/06 01:09
> なぜ当時の朝日新聞は軍事政権を批判していたのですか?

北朝鮮支持の左翼が朝日新聞を支配していたからです。

> ケ小平は日本に対してはどのような態度を取っていたのでしょうか?

「韜光養晦(とうこうようかい)」です。

戦後の東アジア史については、もぎせか資料館・録音ファイルにもまとめてありますので、ご活用ください。
管理人
2014/09/06 09:29
ご参考まで。

心神 国産ステルス開発秘話
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_19.html

FSXの秘話と日本への教訓
http://ochimusya.at.webry.info/201203/article_1.html

おっち
2014/09/15 16:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
よみがえる日本の翼 三菱MRJの挑戦 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる