もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ来日 自衛隊の与那国島配備

<<   作成日時 : 2014/04/25 07:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 17

オバマ大統領が2度目の来日です。
画像


前回、オバマを迎えたのはルーピー鳩山。「トラスト・ミー」発言はこのとき。
画像

「トラストミーは食事の勧め」鳩山氏 陛下との会見にも難癖(2014.4.25 産経)

今回は国賓です。国賓というのは、(事実上の国家元首である)天皇陛下が宮中にお招きする賓客という意味。相手も国家元首でなければ、国賓にはなりません(国王か大統領であることが条件で、首相クラスではだめ)。米大統領が国賓として来日するのは、1996年(橋本龍太郎政権のとき)のクリントン大統領以来、18年ぶり。


実は、今回の来日が決まるまで、すったもんだの連続でした。

最初は、日本・フィリピン・マレーシアの3カ国歴訪の予定でしたが、途中で韓国が割り込んできて、「日本を訪問するのに、わが国を無視するのか!」と大騒ぎに。

「ああ、めんどくせぇ…」と(たぶん)思いつつ、冷たくするとアノ国はますます中国にすり寄ることが予想されるので、4カ国訪問に変更。この影響で日本滞在が1泊になってしまい、「国賓で迎えるのに1泊とは非礼ではないか」と今度は日本側が抗議し、土壇場で2泊になったのです。

また、国賓として招待された国家元首は夫婦で訪れるのが外交儀礼です。しかし今回は、オバマ大統領にミシェル夫人は同行しません。

つい先日、中高生の娘たちを連れて中国に長期滞在し、パンダと遊んでいたミシェル夫人ですが、今回は「子供の学校の都合」という訳のわからない理由で同行しないというのです。

おりしも、TPP交渉が大詰めを迎えています。米国側は、米国産農産物5品目の関税撤廃を日本に要求しつつ、日本車に対する自動車関税の撤廃を拒否。「米国製自動車をもっと買え。数値目標を決めろ。目標以下なら、米国の自動車関税も元のままだ」と、ふざけた要求をしています。オバマ訪日を機に話をまとめろと、米国側の圧力も高まっていました。


それでも安倍政権がオバマ訪日にこだわったのは、中国をけん制するためです。

「安倍は軍国主義者、日本は危険だ。米中は対日戦争で連合国側だった」

という中国のプロパガンダに対抗するためです。

4月23日 銀座の高級寿司屋で安倍首相と非公式会談。
画像

左奥は佐々江駐米大使、隣の横顔はキャロライン・ケネディ駐日大使。

4月24日 明治神宮参拝。
画像


ブッシュJr大統領が訪日の際、靖国神社に参拝する意向を示したのに、中国に「配慮」する日本外務省が抵抗して明治神宮参拝に切り替えたという経緯があります。オバマ政権は、安倍首相の靖国参拝による日中関係悪化に「失望した」とコメントしている以上、靖国参拝はありえません。近代日本の「建国の父」である明治天皇を祭る明治神宮への参拝は、米国側の最大限の配慮とはいえるでしょう。

同日 日米首脳会談。
画像

画像


同日夜 宮中晩餐会。
画像

画像


私は、今回のオバマ来日にはほとんど何も期待していなかったのですが、ちょっとびっくりするような成果がありました。

尖閣への日米安保適用を、オバマ大統領自身が明言したのです。来日前、読売新聞の単独インタビューで語り、安倍首相との首脳会談後の記者会見でも繰り前したのです。


オバマ大統領「尖閣は安保対象」明言
オバマ米大統領は首脳会談後の共同記者会見で「日本の施政下にある領土、尖閣諸島を含め、日米安保条約第5条の適用対象になる」と明言した。大統領発言は日本側の求めに応じたもので、共同声明にも明記する。日米が足並みをそろえて海洋進出を活発にする中国をけん制した格好。大統領は安倍晋三首相がさらなる国際貢献に向け「積極的平和主義」を掲げ、集団的自衛権の行使容認に取り組んでいることについて支持する考えを表明した。

両首脳は会談で、力による一方的な現状変更に反対し、アジア太平洋地域の安定を日米同盟が主導する方針を確認。首相は日米同盟を「アジア太平洋地域の平和と繁栄の礎としてかけがえのないものだ」と強調。「平和で繁栄するアジア太平洋を確実にするため、日米同盟の主導的な役割を実現していきたい」と呼びかけた。「大統領のアジア歴訪はアジア重視のリバランス(再均衡)政策を裏付けるもので、強く支持し、歓迎したい」と述べた。…

自衛隊と米軍の協力を拡大し、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)再改定を急ぐ方針を申し合わせた。米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、首相は5年以内の運用停止など沖縄の負担軽減へ米側にさらなる協力を求めた。…
(2014/4/24 13:47 日経新聞)


国務長官、国防長官レベルでは、この種の発言は繰り返されてきましたが、米軍の最高司令官である大統領が直接これに言及したことの意味は非常に大きいと思います。習近平は、衝撃を受けているでしょう。

これまで米中関係の悪化を恐れ、むしろ安倍政権に冷淡だったオバマ政権が、ここにきて態度を変えた理由は、先月のキャロライン・ケネディ駐日大使と安倍首相との対談が転機となったようです。これは、青山繁晴氏(独立総合研究所)の情報です。

日米関係は19:28まで。


要約すると、

1.オバマは親中派の側近に影響されて、アベはナショナリストと思い込み、嫌っていた。昨年12月の安倍首相の靖国参拝でこれが決定的になり、今回の訪日も危うくなっていた。

2.中国がこれを利用して安倍政権の引き下ろしを画策し、自民党内の親中派(野中広務・古賀誠・野田毅)がこれに呼応して暗躍していた。
画像

画像


3.安倍首相はキャロライン大使と会談し、自分の支持基盤である保守派を納得させるため靖国に参拝したのであり、自分は非合理なイデオロギーに振り回されるナショナリストではなく、国益追求のリアリストだと伝え、彼女は納得した。安倍首相の河野談話継承発言もこの流れ。

4.キャロライン大使は帰国してオバマと会談し、安倍首相を正当に評価するよう説得することに成功した。尖閣への安保条約適用発言も、彼女の進言による。


安倍首相の靖国参拝に関する米国大使館の「失望した」発言に対して、抗議のメールやファックスが米国大使館に殺到しました。こうしたことも、キャロライン大使の意識を変えたと思います。アベは日本国民に支持されている、と。やはり、黙っていては通じないのです。


ここで、日米安保条約の内容を確認しておきましょう。

日米安保条約第5条

各締約国は、
日本国の施政の下にある領域における、
いずれか一方に対する武力攻撃

自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて

共通の危険に対処するように行動することを宣言する。



ここで「日本の領土」=日本が領有権を主張している領域

ではなく、

「日本国の施政の下にある領域」=日本が実効支配している領域

という表現になっているのは、日本が領有権を主張しているがロシアが実効支配している北方領土や、同じく韓国が実効支配している竹島を、日米安保の適用範囲から外すためです。尖閣の場合は(今のところ)日本が実効支配しているので適用範囲内になる、という意味です。

逆にいえば、尖閣で領海侵犯を行い、海上保安庁の停船命令を無視して逆に当て逃げした中国船の船長を、処分保留のまま釈放した菅直人のような政権のもとでは、日本の尖閣への実効支配は危うくなり、日米安保が適用されるかどうかも不透明になる、ということです。


安倍政権は日本最西端への島、与那国(よなぐに)島にレーダー基地を建設し、2015年から沿岸警備部隊など150人を配備することを決定、起工式が行われました。これまで宮古島にあるレーダーが最西端だったのが、200キロ西に移動したのです。
画像


与那国は国境の島であるにもかかわらず、これまで自衛隊員はゼロ、警察官が2名駐在というお寒い状況だったのです。外国の特殊部隊が20人も上陸すれば、簡単に占領できるでしょう。150人の自衛官が駐留すれば、そうはいかなくなります。

与那国に自衛隊を配備するな、と運動するいつもの護憲派
画像



また、沖縄本島の那覇基地には、レーダー搭載の早期警戒機E-2Cを4機、航空自衛官130人とともに配備しました。これまでE-2Cは青森県三沢基地に配備されていたものを、ローテーションで沖縄まで派遣していたのです。
画像



自国の領土を守る意思もないような国を、本気で助けてくれる同盟国などありません。日本が主権国家として当然の気概を示せば、米国も同盟国として無視できなくなる。今回のオバマ訪日は、一方が他方に依存するだけだった戦後の異常な日米関係から脱却する、ターニングポイントになったと思います。


オバマ訪日に先立ち、ヘーゲル国務長官が北京を訪問。常万全(じょうばんぜん)国防部長との会談で、やはり尖閣への安保条約適用を明言しています。常万全は、「領土と主権問題で妥協しない」というお決まりのセリフを返すのが精いっぱい。
画像

画像


米国のご機嫌を損ねるのはまずい、と判断した中国側は、ヘーゲル長官を例のハリボテ空母「遼寧」に招待しました。しかしヘーゲル長官は、「旧式だ。大したこたぁない」の一言。
画像


中国海軍は5年に一度の観艦式を開催し、日本の自衛隊を除く環太平洋諸国の海軍に招待状を送りました。これに対して米国は、「日本を招かないなら米国も参加しない」とまさかのボイコット。米中「G2」時代の到来をアピールしたかった中国海軍はメンツをつぶされ、開催の20日前に観艦式そのものをドタキャンするという狼狽ぶり。


明らかに、潮目が変わってきたようです。




残念だったな、習近平君。

画像




と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも


人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
オバマは寿司を半分残したらしいというのが少し気になってたんですが、これなら大丈夫そうですね。

学習参考書コーナーの懐かしい雰囲気を久々に味わいつつ、『面白センター』を買いました!もぎせか資料館の音声ファイルを聴いたあとに読むといい復習になりますし、より理解がはかどりますね。
次の思想史本も期待してます!
yut
2014/04/25 12:53
先生は毎回のブログで一般的にはあまり知られていないこと(今回だとケネディ氏のオバマ大統領への進言)をよく引用していますが、それらはすべてネット上で得た情報でしょうか。だとしたら、それらの情報の信憑性はどうやって調べていますか。(ネット上にはでたらめも多いですし)
op
2014/04/25 15:52
yut様
ありがとうございます! 大学生や社会人の方にも、読んでいただけると嬉しいです。

op様
情報自体の合理性と、情報提供者の信用ですね。

今回のキャロライン大使に関する情報は、安部政権の慰安婦問題に対する方向転換(河野談話の継承)と、オバマ政権の対日姿勢の軟化を説明するうえで合理性があります。

情報源の青山繁晴氏については、数年来、発言をウォッチさせていただいていた結果、安全保障とエネルギー問題のプロであり、信頼に値する、というのが私の評価です。経済についてはちょっと弱いようですが…

私のブログ記事の半分はコピペですが、出典を明記しています。ここが、小保方晴子さんの博士論文と違うところです。
管理人
2014/04/25 21:50
夏期講習の「現代史総整理」や『東大世界史論述問題集』、および過去の記事などで先生は「アメリカの民主党(特にキッシンジャー派)は親中派だから...」と仰いました。そのことが頭にありましたので、今回のオバマ訪日には一抹の不安がありました。それだけに今回の日米提携強化には非常に心強いものを感じます。

ところで、記事とは関係ありませんが2つ質問があります。

1 今日は2005年の福知山線脱線事故から9年ですが、あの事故の要因の一つはJR西日本の「日勤教育(と称するイジメ)」でした。そこで、先月のもぎせか塾で先生が仰ったことを踏まえて考えるならば、「日勤教育」は「理」ということになるでしょうか。(「現実(気)」を無視し、基準を上回る速度を出した結果、事故に繋がったから)

2 明日は旧ソ連・チェルノブイリ原発事故から28年ですが、当時の国家の最高指導者たるゴルバチョフですら西側に指摘されるまで事故を知らなかった(=国家の最高指導者でありながら、聾桟敷のような状態だった)のはなぜでしょうか。

長文失礼しました。よろしくお願いいたします。
Midosuji30000
2014/04/25 23:14
1.福知山線の事故と類似するのは、ガダルカナルの航空戦ですね。ニューギニアのラバウル基地から片道3時間かけてガ島へ飛び、十数分の空中戦をやってまた戻ってくる、という作戦です。『永遠のゼロ』では、主人公の宮部が「こんな作戦は無理だ」と呟いて殴られるシーンがあります。

戦果はわずかで、多くのベテランパイロットが命を落とし、制空権を敵に完全に奪われる結果となりました。

何をやりたいのか、そのために何が必要なのかという大戦略が示されないまま現場の兵士に責任が負わされ、不可能だというと「根性が足りない」といって殴る。「理」の暴走ではなく、逆に「理」の欠如です。インパール作戦の悲惨もこれが原因。大東亜戦争における敗北は、すべて同じ構造です。

2.恐怖政治と官僚制の弊害です。ソ連の官僚は(今の中国・北朝鮮もそうですが)、党に個人情報を完全に握られていました。勤務態度から日頃の言動、党への忠誠心まで査定され、出世に影響します。下手すりゃ収容所行きです。

当然、都合の悪いことは隠す。徹底的にミスは隠し、なかったことにする。計画通りいかなくても、大成功したと報告書を書く。小さな嘘が積み重ねられた膨大な書類がモスクワに送られ、書記長に報告される。だから本当のことは、誰にもわからないのです。
管理人
2014/04/26 02:17
85年の就任当初からゴルバチョフはペレストロイカ、グラスノスチを方針として掲げていますが、書記長よりも下のクラスの人間は「これは我々を懐柔するための演技じゃないか?」という猜疑心を持っていたということでしょうか?
Midosuji30000
2014/04/26 07:28
先ほど先生の「経済は世界史から学べ」を購入しました!地方の小さな本屋さんに行きましたが、ちゃんとありました。まだ、はじめに…のところですが(笑)頑張りま〜す。
mo
2014/04/26 13:31
Midosuji30000様
グラスノスチの始動はチェルノブイリの後です。情報公開に反対する旧守派が、事故の衝撃でおとなしくなったからです。ジャガイモ飢饉の衝撃で、穀物法反対派がおとなしくなったのと同じです。

mo様
お買い上げありがとうございます!
管理人
2014/04/26 16:34
×穀物法反対派→◯穀物法維持派、でした。失礼。
管理人
2014/04/26 17:26
事実誤認でした。訂正します。

それと、〈「理」の欠如〉とは、「具体的な目標・ゴールがないまま精神論のみで突っ走る」という理解でよいでしょうか?(例えば毛沢東の大躍進計画は10年で農業および工業で米英に追いつくという目標がありましたし、あの日先生が例として挙げられたポル・ポトにしても国民全員を農業に従事させることを狙っていたわけですから...)

自分でももう一度動画を見て復習しようと思います。
Midosuji30000
2014/04/26 20:03
オバマ大統領が韓国訪問の際、慰安婦について「人権侵害だ」と主張していたようですが、実際は「再検証すべき」との主張をしていたようですね。

再検証すべきとの主張をまるごと削除した日本のマスゴミには怒りを覚えますが、頑張るしかないですね!!
元駿台生
2014/04/27 11:17
こういうマスコミ報道は、全部疑ったほうがいいですね。一次情報に当たらないとだめです。

ソウルの米国大使館のサイトに全文があります。
http://seoul.usembassy.gov/p_rok_042514f.html

靖国問題に触れた記者の質問への答えの部分ですね。
"the comfort women here in South Korea, for example, have to recognize that this was a terrible, egregious violation of human rights."
「たとえば韓国の慰安婦について、これが恐るべき、目に余る人権侵害だったことを認識すべきだ」

"there should be an accurate and clear account of what happened."
「何が起こったのか、正確かつ明白な説明がなされるべきだ」

後段は、安倍政権が進める「河野談話の再検証」を支持する内容です。安倍・オバマ会談で、韓国では慰安婦問題を質問されたらこう話す、と打ち合わせ済みだったのでしょう。
管理人
2014/04/28 00:48
朴大統領はいちおう「謝罪」はしたようですが、これとて遺族に面と向かってではありませんでした。葬儀(?)では遺族に反省の弁を述べるふりをし、実際は政府関係者を呼んで誠意があるように演出しただけだったという...。誠意がないどころではなく、もはや死者に対する冒涜ですね!人間として許せません!

質問なのですが、朴の退陣は時間の問題でしょうか?いまさら慰安婦問題を持ち出して、お得意の〈反日パフォーマンス〉をやっても無駄でしょうか?
Midosuji30000
2014/05/01 23:34
支持率落ちたと言っても56%ですから、安部政権並みの支持率です。首相や担当閣僚を辞めさせるなど、トカゲの尻尾切りがうまくいっているようです。

また、いざとなれば前任者に習って「竹島上陸」という伝家の宝刀を抜けば、支持率は10%ほど跳ね上がります。心配ご無用。
管理人
2014/05/02 00:41
仮に竹島上陸ということがあったとして、フォークランド紛争のときのアルゼンチン・ガルチェリ政権のごとく、

竹島上陸→日本・集団的自衛権公使→韓国軍を排除→朴、退陣へ

といった筋書きにはならないでしょうか?
Midosuji30000
2014/05/02 09:22
日本が実効支配していない竹島は、日米安保第5条の適用外ですので、日本単独で奪回するしかありません。

その場合、韓国が国連安保理に提訴し、対日武力制裁の発動を求めるでしょう。拒否権を持つ五大国のうち中国は賛成、残り4カ国が棄権すれば、反対ゼロで可決。中国軍が韓国のために竹島奪回に動くことになります。米国が反対すれば安保理決議は通りませんが、旧敵国条項により中国単独で日本に武力制裁を課すこともできます。

フォークランド紛争のとき、英国はNATO、アルゼンチンはリオ協定の加盟国ですから、いずれも米国に集団的自衛権発動を求めました。股裂き状態になった米国は、中立を維持しました。日米、米韓関係もこれと同じです。
管理人
2014/05/02 13:12
国賓オバマ大統領とケネディ駐日大使が警察公安から迫害を受ける

日本にはびこり、天皇家を弾圧するソ連KGB官房機密費公安のゼロ(官邸では「お化け」と呼ばれている)
http://www.youtube.com/watch?v=QhF6CAdySxI#t=58
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/23858.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/23867.jpg
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/23868.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/ja8119__/imgs/d/1/d168b852.png
国賓オバマ大統領とケネディ駐日大使が警察...
2014/05/02 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
オバマ来日 自衛隊の与那国島配備 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる