もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月新刊のお知らせ

<<   作成日時 : 2014/04/14 06:10   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 12

(お知らせ1)

4月の新刊です(右側にリンクがあります)。
画像

『改訂版・センター試験世界史Bの点数が面白いほど取れる本』
(KADOKAWA中経出版)

タイトルが長くて自分でも覚えられません…

『面白センター』とでも呼んでください。

タイトルが『決定版』となっているのは他の著者様の御著書です。私のほうは『改定版』ですので、注文の際にお間違えなきよう…(著者名を必ず確認してください)


もぎせか資料館のほうで書きためていた世界史の解説を1冊にしたものです。原稿がものすごい分量になってしまい(600ページくらい)、削りに削って500ページにまとめました。手に取ると、ずしりと重いです。どうしても1冊にせよ、という出版社様からのご指示があり、分量の関係から文化史は載せられませんでした。

編集・校正に関わってくださった皆さんに心から感謝します。図版作成に携わったイラストレーターさん、注文が多くて申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

前著『経済は世界史から学べ!』の倍の分量で、労力は数倍かかりましたが、

価格が同じ1500円+税


ですのでお買い得です。


「センター対策」と銘をうった受験生向けですが、世界史をもう一度学ぼうか、とお考えの社会人の方も、ぜひお手にとっていただきたいと思います。

「はじめに」にも書きましたが、教科書自体が「短くまとめすぎ」で、物語性を無視した無味乾燥の歴史用語の羅列になっているのです。それをさらに「まとめた」だけの解説書の類が、さらにつまらないものになるのは必然です。

学習参考書は「入試に出ることしか書けない」という縛りがあって苦労しますが、その縛りの中で、書き手の個性、歴史観をどこまで出せるかに挑戦しました。

校正者の方から、「それは定説ではない」、「表現がきつすぎる」などのご意見をいただいた部分もあります。でもあえて、書かせてもらいました。歴史は時に残虐であり、それをあいまいな言葉で美化するのは嘘になるからです。

ご感想をお聞かせください。Amazon、楽天Books、YahooBooks等にも書評を書いていただけると嬉しいです。

学習参考書の関係では、「授業ノート」を書籍化する企画も進んでいます。これは2015年になると思います。



(お知らせ2)

雑誌の取材を受けました。

明治安田生命様の『My経営情報』4月号です。法人顧客向けの月刊誌ということで、書店での販売はありません。
画像


『週刊ダイヤモンド』様からの取材もありますので、またお知らせします。


新学期準備で多忙につき、今日はお知らせだけです。

今年度もよろしくお願いいたします。




人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
迅速な回答ありがとうございました。
文化史については資料集で補うことにしました。これからはこの本と資料集などで頑張っていきたいと思います。
先程この本について質問したものです質問し...
2014/04/14 10:03
受験生「卒業」後も世界史を勉強したいと思い、早速購入いたしました!
Midosuji30000
2014/04/14 16:30
ありがとうございます!
管理人
2014/04/15 00:48
ピルグリム・ファーザーズ(巡礼始祖)について、質問があります。

彼らはイギリス本国に居たたまれなくなって新大陸に渡ったのでしょうか、それとも政治的な理由で追放されたのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
Midosuji30000
2014/04/16 19:17
先日、大阪梅田の紀伊国屋に行ったところ「世界史は経済から学べ!」が入口に積んでありました。ロングセラーですね!
大人になっても世界史を学びたいと考えている人が多いことの現れだと思いました。
もぎせかファン
2014/04/17 03:03
エリザベスからジェームズ1世の時代、国教会の最大の敵は(スペインと結ぶ)カトリック教会です。ピューリタンは国教会の分派(分離派)で、その勢力はまだ微弱、追放する必要もありませんでした。彼らは勝手に出て行ったのです。

チャールズ1世時代に王権と議会との対立が激化すると、議会派が政治的理由でピューリタンに改宗します。
管理人
2014/04/17 03:04
「経済は世界史から学べ!」でしたね。
失礼いたしました。
もぎせかファン
2014/04/17 03:05
もぎせかファン様
ありがとうございます!

編集者さんのお話によると、中日新聞に広告を打ったので、名古屋方面にも出回りつつあります。地方都市の書店様から注文が来るのはこれから、ということです。次の目標は10万部ですので、応援よろしくお願いいたします。
管理人
2014/04/17 03:12
もぎせか録音ファイルの
文化史E古典主義〜ロマン主義
が削除されているようです

一応ご報告を…
ジシュカ
2014/04/17 12:19
はじめまして。
受験生ではなく、40にもなる大人ですが、
受験時は世界史を選択し、しかも苦手でした。
予備校はS台でした。
世界史を勉強しようと思い、茂木先生のこのブログを知りました。
今、先生の講義音声を聞きながら通勤しています。
やはり音声は記憶に残りますね。
予備校時代に先生の講義を聞きたかったです。。

無料でプロの世界史講義を聞かせて頂いているというのもあり、、、というわけではないですが、
茂木先生の参考書があったらというのがあり、発売日に今回の「面白センター」を購入しました。
まだ読んでいませんが、週末に読む予定です。
もちろん、「経済は世界史から学べ」はだいぶ前に購入済みです!
「経済は・・・」は渋谷の紀伊國屋でベストセラーということで平積みされてました。
私が購入したのは1刷ですが、置いてあったのは9刷でした。すごいですね!
ぽんず
2014/04/17 13:23
ジシュカ様
「古典主義〜ロマン主義」録音ファイルを復旧しました。
ご連絡、ありがとうございました。

ぽんず様
「経済は…」は40代ビジネスマン(ウーマン)をメインターゲットとして書きました。売れ方が学習参考書の比ではありませんので、書いた本人がびっくりしています。

大人になってから世界史を勉強し直したい…という方が、それだけたくさんいる、ということですね。この国もまだ、捨てたもんじゃない、と思います。
管理人
2014/04/18 00:11
安倍首相の外交政策は画期的なものであり評価できますが、彼が掲げる「女性が活躍できる...」という方針にはどうも違和感を感じます。「女性の社会進出・地位向上」は結構ですが、地位が上がるということは同時に責任が大きくなることでもあるということを当の女性及び安倍首相らが理解していないのではないかと考えます。その悲劇的帰結がオボコ(小保方の蔑称、名前を記すだけでも反吐が出ますので以下このように表記します)の騒動ではないかと思うのですが(立場が危なくなると他人のせいにして逃げ回る)、いかがでしょうか。

さらに、オボコはやたらと「悪意がない」ことを強調しますが、悪意がないから無罪放免というのならば、例えば「万引きをしたが悪意はなかったのだから釈放してよい」、「人を殺したが悪意がなかったので執行猶予つきでよい」といった詭弁が罷り通ることにもにもつながりかねないと思います。
Midosuji30000
2014/04/18 08:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月新刊のお知らせ もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる