もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊観閲式2013 

<<   作成日時 : 2013/11/02 03:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 2

泣いた。

画像


10月27日、自衛隊記念日に朝霞基地で行われた観閲式(閲兵式)です。予行演習は土砂降りの雨でしたが、本番は快晴。

観閲式は陸自・海自・空自が回り持ちで行います。陸自が実施するものを中央観閲式といい、3年に1度行われます。

3年前、観閲したのは菅直人でした。パレードする自衛隊員も、きっと心が折れそうになったでしょう。でも今年は違う。

陸自を代表してパレードしたのは、尖閣防衛に当たる西部方面普通科連隊でした。これは、尖閣を狙うあの国に対する明確なメッセージです。


男性のアナウンスがギレン・ザビかと思いました。

忙しい方は、ここだけでも是非。
 ↓
32:00- 安倍首相訓示
56:29ー 陸上自衛隊の行進 ← 陸軍分列行進曲
1:09:30- 海上自衛隊の行進 ← 軍艦行進曲  
1:11:30- 航空自衛隊の行進 ← 空の精鋭
1:26:30- 車両行進

陸軍分列行進曲から軍艦マーチに変わるところは鳥肌モノ。

1972年まで、観閲式は皇居外苑で行われましたが、「交通渋滞」を理由に朝霞基地に移されました。美濃部都知事(社会党+共産党が与党)の時代ですね。

次回は皇居前か国立競技場でやってほしいものです。

せめてNHKが生中継すればいいのですが、韓国大統領就任式をだらだらと生中継するNHKは、自衛隊の観閲式を黙殺。ニュースで安倍首相の訓示を伝えただけです。


安倍首相訓示
「我が国の主権に対する挑発。日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。これが『現実』です。

そうした『現実』のもとでも、国民の生命と財産、我が国の領土・領海・領空は、断固として守り抜く。そして、世界の平和と安定に寄与する。それが、諸君に与えられた責務であります。

だからこそ、申し上げたい。

『平素は訓練さえしていればよい』とか、『防衛力は、その存在だけで抑止力となる』といった従来の発想は、この際、完全に捨て去ってもらわねばなりません。

力による現状変更は許さない、との我が国の確固たる国家意思を示す。そのために、警戒監視や情報収集をはじめとした様々な活動を行っていかなければなりません。

自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有する国々と協力し、戦略的な視点をもって、二国間・多国間の演習や、防衛交流・防衛協力、そして平和協力活動を、進めていくことも必要です。

あらゆる活動が、我が国の防衛そのものであり、国民と主権を守るためのものである。その高い意識を持って、それぞれの現場で、能動的に任務にあたってもらいたいと思います。

私も、諸君が直面する厳しい『現実』から、目を背けることはありません。諸君の先頭に立って、『現実』を直視した、安全保障政策の立て直しを進めてまいります。

『世界の平和も、また我が国の平和も、座して得られるものではなく、平和を希求する各国民の不断の努力によって実現される』

自衛隊の創設に尽力した、木村 篤太郎 初代・防衛庁長官は、昭和29年7月1日、まさに自衛隊が創設されたその日に、こう訓示しました。

平和は、他人の力によってもたらされるものではない。私たち自身の力で実現する他ありません。そして、その努力に、『安住の地』などないのです」


中国海軍、全艦隊集め実戦演習 西太平洋で初、規模拡大
【北京=倉重奈苗】中国海軍が、西太平洋で初めて全艦隊を集めた最大規模の実戦演習を始めた。沖縄からフィリピンを結ぶ「第1列島線」の東側海域で、日米の防衛領域に着々と活動範囲を広げている。
画像

演習には、渤海・黄海を管轄する北海艦隊(山東省青島)と、東シナ海・台湾海峡を管轄する東海艦隊(浙江省寧波)、南シナ海を管轄する南海艦隊(広東省湛江)の3艦隊が参加。地元メディアによると、全艦隊は24日、所定海域に到着した。11月初旬まで、航空機も加わって対空ミサイル実射訓練や敵と味方に分かれた対抗戦を行う。
(朝日新聞デジタル 10月26日(土)22時31分配信)


中日はもはや何も話すことはない、軍事衝突への準備を整えよ―中国紙
中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙、環球時報は30日、「中日はもはや何も話すことはない!軍事衝突という最悪の事態への準備を整えよ」と題した記事を掲載した。

記事はまず、小野寺五典防衛相が29日の記者会見で、中国の釣魚島(日本名:尖閣諸島)領海への“侵入”行為は「平和と緊張の間のグレーゾーン」事態だと指摘したせいで、中日の対立はさらに一歩深まったと非難した。

「だが、中日はもはや何も話すことはない。ただ互いに攻撃と警告をし合っているだけだ。どちらも自らの強硬な立場を頑なに守り、慎重な摩擦を仕掛けて相手の限界点を探りながら、軍事衝突という最悪の事態への準備を進めている」と記事。

その上で、「釣魚島地域の形勢が中国の要求を満たさず、日本人が靖国神社への態度を堅持する限り、中国は日本への圧力を続け、苦しめなければならない」との決意を表明した。
(編集翻訳 小豆沢紀子)
(XINHUA.JP 10月31日(木)22時25分配信)


弱い犬ほど良く吠える。

しかし、住宅バブルの崩壊や、天安門広場でのテロ事件(?)など、国内情勢が急速に悪化する中、習近平政権は外に敵を求めるほか、求心力を保てなくなっているのも事実。尖閣での小規模な軍事衝突については、もはや想定内でしょう。

安倍首相の訓示は、その覚悟を求めたものです。

日本があの国の圧力に屈すれば、単に小さな島を失うというだけの話では終わりません。

日本を頼りにしている台湾、フィリピン、ヴェトナム、マレーシア、インドネシアも中共の軍門に下り、東アジアと東南アジアが世界最大の全体主義・人権抑圧国家にコントロールされることになります。ジョージ・オーウェルの『1984』の世界です。

日本人は子々孫々まで「戦犯民族」として汚名を着せられ、彼らの歴史観を押し付けられ、謝罪だの、賠償だのを、要求され続けることになります。

だから屈してはならない。

そのために、防衛力強化と情報機関の統合、情報管理が必要なのです。




わが軍、士気旺盛なり。 


と思った方は、
(お手数ですが)下の「気持ち玉」をクリックしたあとで、こちらも


人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マヤ文明で使われたのは絵文字ですか、象形文字ですか。
両方の記述があり分かりません。
選択肢に両方乗っている問題もあり、どちらか一方だと思うのですが・・・
質問です
2013/11/03 15:41
絵文字(ピクトグラム)は、ネットで使う顔文字や、道路標識のようなもの。何となく意味はわかりますが、特定の読み方があるわけではありません。アステカ文字やトンパ文字(雲南の少数民族が使用)がこれです。

象形文字(ロゴグラフィー)は、特定の文字が特定の単語と対応し、読み方も決まっているものです。エジプトのヒエログリフ、漢字、マヤ文字がこれです。表意文字、表語文字ともいいます。

歴史的には、絵文字→象形文字→表音文字、と発展します。
管理人
2013/11/03 18:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊観閲式2013  もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる