もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相の硫黄島訪問

<<   作成日時 : 2013/04/15 04:27   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

3月14日、安倍首相が硫黄島(いおうとう)を訪問。


遺骨を前にひざまずく安倍首相。左は新藤義孝総務大臣(栗林中将のお孫さん)
画像

画像


安倍首相 硫黄島の遺骨収容「官邸がリーダーシップをとって進める」
安倍晋三首相は14日、太平洋戦争で亡くなった日本兵の遺骨収容作業を硫黄島(東京都小笠原村)で視察し、「官邸がリーダーシップをとって各省庁をまとめて進めていきたい」と述べ、政府として遺骨収容の取り組みを強化していく考えを示した。硫黄島での視察終了後、記者団に述べた。

遺骨収容現場などを回った安倍首相は、自衛隊の硫黄島基地の下にある戦中の地下壕を地表からレーダーで探査する作業を視察。新藤義孝総務相らと黙祷をささげた。

同島での遺骨収容は戦没者約2万2千人のうち半数にとどまっている。首相は「いまだに約半数の方々のご遺骨は眠ったままで、遺骨帰還事業を着実に進めていきたい」と強調した。
(2013.4.14 17:05 産経)

画像


硫黄島の戦いは、ノルマンディー上陸作戦に匹敵する第二次大戦の激戦でありながら、学校ではほとんど教えません(大東亜戦争そのものをまともに教えない)。クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』ではじめて知ったという人も多いでしょう。

硫黄島は、サイパン島と日本本土を結ぶ中間地点にあります。サイパン島を占領して日本本土空爆の基地を建設した米軍は、日本空爆の中継地点として硫黄島の攻略を決定。

日本軍は、本土防衛の最前線基地として硫黄島の死守を決定。
画像


栗林忠道中将は米国・カナダに駐在した経験を持つ合理主義者でした。それまで繰り返されていた海岸線でのバンザイ突撃を「無意味である」と一蹴し、全島に地下壕を掘って最後の一兵まで抵抗するという徹底的なゲリラ戦を立案。島民をすべて疎開させ、島の要塞化に着手しました。

栗林中将の言葉
「十人の敵を倒すまで死ぬことは禁ずる。生きて、再び祖国の地を踏めること無きものと覚悟せよ」

「日本は戦に敗れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対して涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし」

「予は常に、諸子の先頭にあり」
画像


日本の敗戦後も抵抗は続き、最後の兵士が投降したのは1949年でした。

関連記事 C.イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』を観る



こちらは米軍の実写フィルム。


米軍 11万人  VS  日本軍 2万3千人
(7000人が戦死)       (約2万人が戦死) 

米軍は、日本兵の遺体を埋めた上に滑走路を建設。戦後の遺骨収集作業で祖国に戻れた遺骨は8千余柱。1万1千柱はいまだ戦場の土に、滑走路の下に、埋まったままです。栗林中将も、激戦の中で行方不明のままです。

2005年、小泉首相が現職の首相としてはじめて硫黄島を訪問。
画像


安倍内閣(第1次)は国策として遺骨収集事業を推進し、麻生内閣は滑走路を引きはがして遺骨収集をするための調査予算を計上。これにストップをかけたのが鳩山内閣。

2010年、森喜朗元首相や新藤義孝議員の働きかけを受けた菅首相が遺骨収集の特命チームを任命、米公文書館の資料をもとに800柱の御遺骨を発見し、収集しました。9月に尖閣で中国漁船の衝突事件が起こった年です。「史上最悪の首相」が硫黄島を訪問、遺骨収集のパフォーマンスをしたのを見て、英霊も苦笑したことでしょう。  

今回の安倍首相・新藤総務相の硫黄島訪問と慰霊は、行くべき人が行くべきところに行き、するべきことをしていただいた、という気がします。安倍政権の間に、1万1千柱の英霊の御遺骨と魂が祖国に戻り、安らかな眠りにつけるよう、引き続き努力してもらいたいと願います。御遺骨の帰還は、自主憲法の制定とともに偽りの「戦後」を終わらせるための大切な儀式だと思います。

「日本は戦に敗れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対して涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし」(栗林中将)



硫黄島を忘れてはならない。 

と思った方は、

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相の硫黄島訪問 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる