もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮チキンゲームと7月の参院選

<<   作成日時 : 2013/04/05 03:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

チキンゲーム続行中。


北朝鮮:寧辺の核施設全て再稼働へ、黒鉛減速炉など-KCNA
4月2日(ブルームバーグ):北朝鮮は寧辺にある核施設全てを再稼働させることを明らかにした。同国国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が2日報じたもので、2007年以降操業を停止していた黒鉛減速炉やウラン濃縮プラントも含まれるという。

KCNAによれば今回の動きは、朝鮮労働党が先月末の中央委員会総会で経済建設と核開発という2つの目標を追求する方針を決定したことを受けた措置。北朝鮮の原子力総局の報道官を引用して伝えた。

再稼働に向けて、作業は「遅滞なく」開始されるとしている。再稼働の対象の一つとなる5メガワット級の黒鉛減速炉は、6カ国協議での合意を受けて07年以降は稼働させていなかった。

原題:North Korea to Restart Nuclear Facilities at Yongbyon,KCNA Says(抜粋)
(2013/04/02 15:53 ブルームバーグ)


ウラン235に中性子(放射線の一種)をぶつけて核分裂を起こさせ、熱を出させるのが原発の仕組みです。中性子のスピードが早すぎるとうまくぶつからないので、ブレーキをかけるために減速材で原子炉を包みます。減速材に水を使うのが軽水炉(日本の原発はすべてこれ)、黒鉛を使うのが黒鉛炉(ソ連のチェルノブイリ型)です。

黒鉛炉は建設費用が安い半面、事故で核分裂が暴走すると黒鉛が燃えて制御不能になるとという危険があり(チェルノブイリ原発事故)、また核生成物質(核のゴミ)で長崎型原爆の原料ともなるプルトニウムを取り出しやすいという問題もあります。

北朝鮮のヨンビョン核施設は1960年代にソ連の支援で建設された黒鉛炉です。1年間に5キログラム(原爆1個分)のプルトニウムを生成する能力があります。

冷戦終結期にソ連に見捨てられた北朝鮮(金日成政権)は独自の核開発を決意し、年間50キロのプルトニウムを生成できる新型黒鉛炉の建設を始めました。

米国のクリントン政権はヨンビョン空爆を計画しましたが、北との戦争を恐れる韓国に泣きつかれて空爆は中止。カーター元大統領の訪朝、金日成の急死などを経て、米朝枠組み合意が調印されました(1994)。

1.北朝鮮は黒鉛炉建設を中止し、代わりに軽水炉を建設する。
2.北朝鮮は、核拡散防止条約(NPT)を守り、核開発を行わない。
3.米国は北朝鮮に発電用の重油を支援する。

こうして金正日政権は米国の目を欺きつつ、ひそかに核開発を進め、すでに蓄積していたプルトニウムを原料として核実験を強行しました(2006、2009)。その一方で、ヨンビョンに建設中だった冷却塔を爆破するというパフォーマンスを行い(2008)、見返りとして新たな重油支援と、テロ支援国家の指定解除を米国(ブッシュ政権)に認めさせました。
画像


もちろん他の施設での核開発は進められ、金正恩政権が3回目の核実験を実施(2012)。今回のヨンビョン再稼働となったわけです。クリントン政権時代の振り出しに戻っただけですが、金日成がもっていなかった核兵器を金正恩は持っているし、使う意思を表明している。米軍も、ヨンビョン空爆には踏み切れません。クリントン時代の宥和政策が、今の北朝鮮を生んだのです。


北朝鮮「開戦まで1分1秒の状態」、「米国にも通告した」
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、朝鮮人民軍総参謀部報道官の話として戦争勃発は「1分1秒を争う段階になった」と報じた。米国にも通告したという。

もはや「戦争になるかならないか」の段階ではなく「今すぐ勃発するか、明日勃発するか、1分1秒を争う段階になった」という。

従来と同様に、原因の所在は米国にあると主張し、「B−52戦略爆撃機、F−22ステルス戦闘機、B−2戦略爆撃機、さらに原子力潜水艦を韓国の周辺海域に配置し」したことを非難。「朝鮮(北朝鮮)の主権を最高利益を侵害し、朝鮮の制度を転覆しようという、対朝鮮敵視政策がまさに、実際の軍事行動に展化しつつある」と、これまでの主張を繰り返した。

「朝鮮人民軍総参謀部は人民軍最高司令部が表明したように、連続して協力な軍事実戦による対応措置を継続する」、「米国の対朝鮮敵視製作と核による威嚇は、朝鮮軍民の屈強な意志と、小型化、軽量化、多様化した朝鮮式の先端的な核攻撃手段により粉砕される」と述べた。

報道官は、「米ホワイトハウスとペンタゴン(米国防総省)に対し、『朝鮮の情け容赦ない作戦はすでに最終討論を経て許可された』と正式通告した」と述べた。

談話の最後の部分では「米国は目下の峻厳な事態を、深く考え熟慮せねばならない」と述べた。

**********

中国政府は2日、北朝鮮の駐中国大使を呼び出して、「重大な懸念」を伝えた。北朝鮮の一連の強硬策、とりわけ寧辺の黒鉛減速炉(原子炉)再稼働を表明したことについての、中国政府としての意志表明と考えてよい。

しかし上記記事を見るかぎり、北朝鮮は強硬姿勢を変化させておらず、「瀬戸際外交」は現在も続いている。(編集担当:如月隼人)
(2013/04/04 11:42 サーチナ)


「爆発の時は迫っている」 北朝鮮が警告 核攻撃も示唆
北朝鮮は4日、「より小型・軽量化した多様な」核戦力による攻撃を行うと示唆するとともに、「爆発の時は刻一刻と迫っている」と警告を発した。

朝鮮中央通信社(KCNA)は「爆発の時は刻一刻と迫っている。朝鮮で戦争が勃発するのか、また勃発が今日か明日かは誰にも分からない」とし、さらに「この重大な事態を招いた責任はすべて、略奪者の論理で朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の主権の侵害と、その威厳ある社会システムの打倒を目論む米政権と米軍にある」と伝えた。

北朝鮮はこれまでに、韓国と共同運営する開城工業団地への韓国人従業員の立ち入り禁止を通告したほか、5年前に稼働を停止した原子炉を再稼働させる計画を発表している。一方、米国も海空軍基地があるグアムにTHAAD(落下段階高高度迎撃ミサイル)と呼ばれるシステムを配備すると明らかにした。

韓国統一省の4日の発表によると、北朝鮮は依然として開城工業団地への韓国人従業員の立ち入りを認めていないという。ただ団地内にいる約800人の韓国人従業員が韓国に戻ることは可能としている。

北朝鮮による挑発が続く中、大半の専門家は、北朝鮮がミサイルに核弾頭を搭載する技術を獲得するまで数年かかると指摘しており、米当局も朝鮮半島を分断する非武装地帯で今のところ異常な軍事行動は見られないとしている。

また多くのアナリストは、激しさを増す北朝鮮の挑発的発言は、同国の若き指導者である金正恩(キムジョンウン)第1書記の権力を強固にするのが狙いと見ている。
(2013.04.04 Thu posted at 11:44 CNN)

北朝鮮、新型ミサイルを日本海側に移動 米CNN
「数日から数週間以内に発射実験の可能性」

【ソウル=加藤達也、ワシントン=犬塚陽介】北朝鮮が今月に入り、中距離弾道ミサイルとみられる物体を日本海側に運搬していることが4日、分かった。韓国の金(キム)寛鎮(グァンジン)国防相が国会の国防委員会で述べた。国防相はミサイルの射程について「相当の長さだが、米本土には到達しない」との見方を示した。また、「(2010年の)延坪(ヨンピョン)島砲撃のような挑発も憂慮される」と述べた。

一方、米CNNは4日、米政府高官の話として、北朝鮮の通信内容を傍受した結果、数日から数週間以内に中距離弾道ミサイルの発射実験を計画している可能性があると伝えた。

韓国政府筋は、運搬されているミサイルは過去に発射が確認されていない「ムスダン」(射程2500〜4千キロ)である可能性を指摘している。軍事専門家はムスダンについて「小型化や起爆装置の製造が核よりも容易な化学弾頭は搭載できる水準」と指摘、射程に米領グアムを収める。
画像


関係各国は、金日成(イルソン)主席の誕生101年に当たる今月15日や軍創建日の25日など重要な節目に、ミサイル発射を強行する可能性もあるとみて警戒している。
(2013.4.4 23:37 産経)


核保有国が核保有国を攻撃した例はありません。核による報復を恐れるからです。イラクのサダム・フセインは核兵器を持っていなかったため米軍に攻撃され、リビアのカダフィも核開発計画を放棄したため、欧米が支援する反政府勢力に倒されました。北は、これが分かっているから核を保有し、チキンゲームを続けられるのです。

北朝鮮の核戦力は、米国の核戦力の数千分の一にすぎませんが、仮に1発でも核が使われれば、数十万人の犠牲者を出すことになります。米国も、韓国も、それには耐えれない。
画像


かといって北の要求に応じれば、クリントン、ブッシュの誤りを繰り返すことになるので、それもできない。


オバマの本心は、米軍を朝鮮半島から撤退させて中国に任せてしまえ、ということでしょう。

かつてケ小平は、盟友だったヴェトナムに突然侵攻し(中越戦争 1979)、これによって米国からの信任を得て、米中国交樹立を成功させました。

政権を握ったばかりの習近平が北朝鮮に何らかの形で圧力をかけ、あるいは軍事介入して金正恩を排除し、いまのチキンゲームをやめさせることができれば、オバマから信頼を得ることができます。そのとき習近平は何を米国に要求するか?

釣魚島(ちょうぎょとう)=尖閣列島問題に介入せず、日米安保条約を発動しないという確約です。オバマがこれに応じれば、中国は尖閣の実効支配へと動きます。

それはまた、日米安保体制の終わりを意味します。

米軍撤退後の日本が独立を維持するためには、核武装の可能性を含む自主防衛が絶対に必要です。その第一歩が自らの手足をがんじがらめに縛っている現行憲法の改正です。12月の衆院選で憲法改正勢力(自民294・維新54)が3分の2以上を確保しました。しかし参議院の第1党は、現行憲法の死守を掲げている民主党です。7月の参院選の結果により、日本の将来が決まってくるでしょう。


民主・細野氏「維新と選挙協力はしない」 今夏参院選
民主党の細野豪志幹事長は1日の記者会見で、夏の参院選について「日本維新の会と選挙協力はしない。維新の憲法観は我々とまったく異なる。維新と自民党の改憲勢力3分の2確保を阻止する考えで戦う」と述べ、維新との選挙協力を断念する考えを明かした。

細野氏は候補者が擁立できていない空白区については「原則として、民主党の独自候補を擁立していく」と述べた。
(2013年4月1日19時3分 朝日)



7月の参院選はきわめて重要だ! 

と思う方は、

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。


何か動きがあれば追記します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
正日お父さんの時代は、北の経済力が乏しく、援助を得る道具としての「軍事・核武装」が使えたのでしょう。今は、経済もある程度良くなり(あの飢えに苦しんでいた国が、食料自給率なんて、日本よりずっと高い、笑)我が道を進んで行けちゃうかも…怖いことは確かです(^ω^)
デスモ
2013/04/05 23:12
90年代後半には300万人(人口の13%)が餓死しています。これに比べれば好転したのでしょうが、いまでも280万人が栄養失調で、子供の3割が発育不良です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130316/kor13031612150004-n1.htm

黄海道では人肉食の報告もあります。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130127/kor13012718010001-n2.htm

首領一家の肥え太りぶりから見ても、あるところにはあるのでしょう。人民を慢性的な飢餓状態に置き、党に忠誠を誓う者から優先的に配給を与える、という「餌付け」政策で独裁を維持しているわけです。
管理人
2013/04/06 00:51
実際にミサイルが発射された場合、イージス艦のSM3にしろPAC3にしろ撃ち漏らしは確実に出てくるかと思います。調べたところ確かに発射されたミサイルに対しそれなりには迎撃ミサイルを当てることはできるようですが、弾頭に当てられる可能性は極めて低く、ほとんどが胴体に当たったそうです。胴体に当たった場合ミサイルの軌道はそれるそうですがそれがどこに落下するかはわからないとのことでした。

上記のことを受け、実際に北朝鮮が暴走した場合、日米の安全性はどれくらいのものなんでしょうか?
先制攻撃をする以外手はない気がするのですが…
山本五十六
2013/04/10 18:01
敵が(1)日本を攻撃すると公言し、
(2)ミサイル発射準備に入った場合、
自衛隊は自衛権を発動できるし、敵基地の攻撃は自衛の範囲内である。

小泉内閣時代の石破防衛庁長官(現自民党幹事長)の見解です。北はこの2つの条件をすでに満たしています。

ただし、今の自衛隊は敵基地を攻撃できる誘導ミサイルや戦略爆撃機を持っていません。落ちてくるのを迎撃するだけです。これも憲法の制約によるものです。
管理人
2013/04/11 02:08
こんばんは。私はかつて先生に世界史を教わった者です。現在は大学生です。
私は先生の授業(か録音)でアイヒマンについての話を聞いて以来、大学でもアイヒマンを題材にレポートを書いたり発表したりと重要なテーマとして扱ってきました。哲学や論理、心理学など多方面に学ぶきっかけとなりとても感謝しています。
そこで質問なのですが、先生がアイヒマンについて授業で述べられる時、アイヒマン裁判とは矛盾する事例として引き合いにだしていた例はなんだったでしょうか?歴史上の話だったか身近な話題だったか、感動したのは覚えているのですが具体例が思い出せず困っています。
かつて先生に学んだ者です。
2013/04/12 00:21
「フェリペ2世のカルヴァン派虐殺命令に背いたオラニエ公は有罪か?」

という話ですね。
管理人
2013/04/12 00:37
10年以上前に先生の世界史を予備校で受けていた者です。年齢は30を超えました(笑)。

先日発売の『FRIDAY』に、東大合格者のノ ート見せます、みたいなページがあり、そこに掲載されていた合格者の世界史ノートが、かつて私が勉強した先生の板書にそっくりでした。

本物だとしたら、雑誌にもとりあげられるほど洗練された内容なんでしょうね。大学受験時代を思い出してしまい、ついコメントしてしまいました。ブログいつも楽しみにしています。新学期ですが頑張ってください!
元教え子
2013/04/13 19:07
私は29歳なので、どんどん追い抜かれますね…(汗)
無駄に歳を重ねないよう、精進します。
管理人
2013/04/14 13:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮チキンゲームと7月の参院選 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる