もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港船の尖閣上陸

<<   作成日時 : 2012/08/16 02:16   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 9

とりあえず、事実関係の確認。

8月12日 香港の保釣(ほちょう)連盟の船が、香港当局の制止を振り切って出港。
画像


「政府に強烈に要求する。倭寇を駆除し、釣魚島を取り戻せ」
画像


台湾入港を求めるが、台湾政府は入港拒否。台湾の保釣連盟も出港断念。
画像


8月15日 香港船が領海侵犯、海保の制止を振り切り、魚釣島に突っ込む。
→中国人7名が不法上陸し、中国国旗・台湾国旗を立てる。
画像

→先に上陸していた海上保安庁と沖縄県警30名が、上陸した中国人5人を逮捕。
→海保の巡視船が抗議船を拿捕し、乗員9人も逮捕。
画像

→沖縄本島へ移送。入国管理局に引き渡し、出入国管理法違反で起訴するか、国外退去にするか、協議中。

海上保安庁(記者会見)
「(抗議船を阻止できず、上陸を許したのは)双方にけが人が出るような強硬手段を取らない、という政府全体の方針に従ったため」

野田首相(記者会見)
「法令にのっとり厳正に対処していく」

佐々江賢一郎事務次官、程永華駐日中国大使を外務省に呼び抗議。

中国の傅瑩外務次官、丹羽宇一郎駐中国大使を呼び抗議。
「釣魚島とその付属する島に対しては、中国が主権を有する」
「中国人14人の違法拘束をやめ、安全を確保し、即時釈放せよ」 ← いまここ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2010年9月7日発生の、尖閣中国魚船衝突事件。

@中国漁船(?)が日本領海内で海保の警備艇に衝突。
A海保が中国船を拿捕、船長以下、乗組員を拘束。
B管首相、前原外相「法に従って粛々と判断する」
C中国外務省、丹羽大使を何度も呼び出す。
 「即時無条件で全員釈放しろ!」
D日本、船長以外の乗員を釈放し、漁船も返還。
E中国、「船長も釈放しろ!」
F日本人駐在員をスパイ容疑で拘束。
G中国、日本向けレアアースの輸出を停止。
H那覇地検、中国人船長を釈放。
「日中関係に配慮し、処分保留のまま釈放する」
(仙谷官房長官が柳田法相を通じて地検に圧力)
I船長はチャーター機で帰国。英雄として迎えられる。
(船長の帰国費用、海保巡視船の修理費用は日本側が負担)
J管首相・前原外相「検察の判断を、了とする」
K中国、「日本は船長の不法拘束を謝罪しろ。賠償しろ」
L仙谷官房長官
「日中関係に配慮し、衝突ビデオは公開しません」
M東京で中国に抗議するデモ。数千人が参加。
(日本のマスコミは、日中関係に配慮してほとんど報道せず)
N海保保安官の一色正春氏、衝突ビデオをYoutubeで公開。


今回も野田は、「法にのっとり厳正に…」などといっていますが、結局は中国の脅しに屈して14人を釈放し、国外退去にするでしょう。彼らはまた英雄として帰国し、また同じことを繰り返す。中国人の不法上陸が常態化し、尖閣は完全な紛争地帯となり、民間人保護の名目で人民解放軍が投入されるのは時間の問題。

民主党政権は、失敗から学習しろ!
尖閣周辺にさっさと自衛隊を展開しろ!

と思う方は、

人気ブログランキングへ ←クリックお願いします。

動きがあれば追記します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
そのまま強制送還の方針らしいですね
自民党が逮捕時の映像の公開を求めてるとのこと…
どこぞのおじさんが圧力をかけなければいいのですが(-_-;)

竹島の方は韓国の反応から見るにスワップが外交のカードとして使えそうな感じがあるのでまだましかなという気も

いずれにせよ、どじょうには魔法の言葉“遺憾”で済ましてほしくないですね(^-^;


話は変わりますが
自分はお茶の水3号館LAでお世話になっているものです

質問が二つほどあります

お忙しいところ申し訳ありませんが
よろしくお願いしますm(__)m


先日、周辺地域史で配布された論述プリントの内陸アジア史の(1)

遊牧民と農耕民の対立の象徴“万里の長城”の歴史とそれが無用だった時代、その理由について書け

というものについてです

解答例が北魏の時代に柔然に対抗する為に利用という書き方なのですが
自分は問題が遊牧民と農耕民の対立について強調していること、北魏建国は鮮卑系拓跋氏の征服によるということを考え、無用になった例として書きました

二通りの解釈が出来るのでしょうか?
そうでないならばどのような基準で解答例のように判断するのでしょうか?



周辺地域史穴埋めプリントの“朝鮮の歴史A”で高麗は韓族として扱われていますが、もとはツングース系の後高句麗ですよね?

これは国民の多数が韓族だったためということで大丈夫でしょうか?

その場合は元なども漢民族系の王朝という表現になるのでしょうか?(個人的に違和感を感じるもので ^^;)



宮崎県民さん
2012/08/17 00:32
北魏は、華北に移住した鮮卑族が圧倒的多数の漢族農民を支配して漢化した王朝です。純粋な遊牧国家である柔然との違いは明らかです。建国時の北魏は長城を無力化しましたが、漢化後の北魏は長城に沿って六鎮を置き、対柔然の防衛ラインとしました。

高麗建国の主体となった後高句麗は、高麗系の新羅人です。いわば「韓化」したわけです。新羅語と高麗語はほとんど同じものでしょう。百済の建国者も高句麗と同じツングース系扶余族だという建国神話があります。彼らも「韓化」したわけです。

元朝の場合、モンゴル人は漢化せず、モンゴル語を使い続けました。よって元朝はモンゴル人の征服王朝であり、漢人の王朝ではありません。

ロシアの建国者はスウェーデン出身のノルマン人です。しかし、ロシアのことをノルマン国家とは言いません。ノルマン人が完全にスラブ化したからです。

韓国では高句麗を「韓国の起源」と持ち上げ、ヨン様を主役にして高句麗建国ファンタジードラマまで作りました。高句麗領だった満州の領有権を主張する輩も続出し、中国と大論争になっています(高句麗論争)。

これはロシア人が「我が国の起源はスウェーデンであるから、スカンジナヴィア半島はロシア領だ」、と主張するようなものです。そんなアホなことを言うロシア人はいません。
管理人
2012/08/17 02:17
去年先生にお世話になっていた者です。


前回の記事と重複するところがあるかと思いますが、是非韓国の天皇に対する謝罪要求、それに対する日本の反韓意識がかつてないほど盛り上がっていることに関しての茂木先生の意見を記事にしていただけないでしょうか?
山本五十六
2012/08/17 11:16
なるほど
解説ありがとうございます(^^)

もう1つよろしいでしょうか?
高句麗論争に関して前々から気になっていたことがあります

こういった論争があれば女真はふざけるな!と独立を訴えるような気がするのですが、チベットなどと違いいその類いの話を聞いたことがありまさん

清朝を通して女真は漢民族と同化したのでしょうか?
宮崎県民さん
2012/08/17 16:31
山本五十六様
次回のネタに使わせていただきます。

宮崎県民様
「女真」はヌルハチのとき「満州」と改名しました。

満州独立派は「対日協力者」として全員収容所送りです。日本で中国民主化運動をしている鳴霞さんみたいな人もいますがごく少数です。一般の満州人はひっそりと暮らしています。対日感情は良いようです。

むしろ中国が恐れているのは、満州にいる朝鮮人の民族主義ですね。もし朝鮮統一が実現すれば、この人たちは統一朝鮮への帰属を求めるでしょう。高句麗論争で中国が神経質になるのは、このためです。
管理人
2012/08/18 02:14
私は茂木先生の周辺地域史を受講させていただいている者です。

授業では、
モラヴィア王国の西部ベーメン王国はカトリックに改宗することで神聖ローマと結び、侵略から身を守ろうとした
と習いました。A国がB国と同じ宗教に改宗することを条件に、B国をA国が守ってくれる(一緒に戦う)、というような状況が他にもいくつかあったように思いました。

ここで、改宗をするということは、同盟の条件になるほど重要なことなのか。改宗することで、改宗させた側には何か良いことがあるのか。と疑問に思いました。私は、宗教が変わることはそれほど価値のあることとは思っていなかったからです。

このことについて教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。
駿台池袋生
2012/08/19 00:11
弾圧の口実に日本が利用されるのはいい気分はしませんね…

個人的には韓国の経済状況では朝鮮統一に耐えきれず破綻して、帰属どころの話じゃなさそうな気もしますが(^^;

お忙しい中ありがとうございました。
宮崎県民さん
2012/08/19 00:15
駿台池袋生様
「宗教が変わることはそれほど価値のあることとは思わない」、というのは近代人の発想です。

古代・中世の戦争の多くが、対異教徒戦争(聖戦)として戦われたことを思い出してください。古代・中世における宗教は、近代におけるイデオロギー(民主主義、社会主義、民族主義…)と同じ役割をしました。
管理人
2012/08/19 11:34
改めて考えてみれば、先生のおっしゃるように現代の私達と昔の人々の宗教に対する考えかたは違うのだと気づきました。特定の宗教にとらわれない生き方をしている日本人だからこそこう考えてしまったのかもしれません。
これから世界史を勉強するときには、宗教の移り変わりなどにも注目していこうと思います。
お忙しいところありがとうございました。
駿台池袋生
2012/08/19 11:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港船の尖閣上陸 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる