もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 金正日の死 北朝鮮化する日本

<<   作成日時 : 2011/12/24 03:09   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 22

2011年12月某日 金正日死亡。

画像


12月19日 朝鮮労働党政治局会議
「同志諸君、偉大なる将軍様のご最期を、どう発表すべきか検討したい」
「事実関係は、この際どうでもよろしい。革命第二世代の指導者のご最期にふさわしい、壮絶なものでなければならない」
「先代の首領様のときはどうだったっけ?」
「病身に鞭打って地方をご視察、自らを省みずに人民をご指導中、心身ともに過労が蓄積され、心筋梗塞でお亡くなりになられた…ってことにした」
「アイゴー! これでいこう!」



「外国への通知はどうする?」
「同盟国中国へは直接、通知する。他の敵国には朝鮮中央テレビを見ろと伝えろ」
「国連総会での黙祷を要求しよう」

「朝鮮中央テレビの撮影用に、党の演劇部員を総動員すること」
「いい泣き顔を見せれば、配給をアップすると伝えろ」
「エキストラの数は、多ければ多いほうがいい。各学校、職場に総動員をかけろ」




中国共産党政治局会議
「金正日が死んだとの報告が入った」
「いままでずいぶん手間をかけたな」
「これでやっと朝鮮を改革開放できる」

「ところで金正恩は使えるのか?」
「まだガキだ」
「金一族でなければダメというのであれば、長男の正男(ジョンナム)を使う手もある」
「いや、正男は事実上わが国に亡命している。これを使うのは露骨すぎるだろう」
「当面は誰が朝鮮の実権を握るのか?」
「金正日の妹・金敬姫(キムギョンヒ)の夫・張成沢(チャンソンテク)だろう」
「張成沢は我が国の意向を理解している」
「だがやつは経済官僚だ。軍へのにらみが利かない」

張成沢(チャンソンテク)
画像


「問題はやはり朝鮮人民軍だな」
「金正日の先軍政治で甘い汁を吸っていた連中だ。あらゆる改革に反対する」
「正恩も張成沢も人民軍を統制できない。無理をすればクーデタの危険もある」
「朝鮮を崩壊させてはならない。米国の介入を招く」
「正恩に統治能力がなければ、我々が直接手を下すしかない」
「難民流出防止を名目に、国境に軍を配備すべきだ」

「なんだか朝鮮王朝末期に似てきたな」
「金正恩が高宗、人民軍の将軍たちが大院君、閔妃が金敬姫か」
「壬午軍乱が起こればわが軍が直ちに出動だ」
「瀋陽軍区の兵力を中朝国境に展開させろ。戦闘態勢だ」




日本国総理大臣官邸
「野田総理、朝鮮中央テレビが正午から特別放送を行なうようです」
「今日は…昼から例のアレがあったな?」
「はい。新橋駅前で街頭演説会。野田総理初の街頭演説です」
「マスコミの注目も集まっています」
「レンホー行政刷新担当大臣がすでに現地に入っています」
「来年は衆院選もありうる。ここで一発決めておきたい」
「総理は演説がお上手ですから…(へらへら)」


野田総理大臣の公用車内
「総理、朝鮮中央テレビが、金正日総書記死亡を伝えています」
「とうとう死んだか」

「総理、新橋駅前の演説会場が不穏な空気になっています」
「レンホー大臣の演説にものすごいヤジが飛んでいるとか…」
「左か、右か」
「両方です!」
「総理の演説がやじられるシーンをニュースで流すわけにはいきません」
「金正日も死んだことですし、今日の演説は中止されたほうが…」
「そうだな。国家安全保障上の重大案件だ。今日の演説は中止する」


新橋駅前、民主党国民運動チーム
「なんだこの騒ぎは…」
「テレビ中継が始まる前に、こいつらを黙らせないと…」



「テレビ映りの悪いでかいプラカードは排除しろ!」
「あれ、あれ、あのでかいやつ、テレビに映っちゃうじゃないか!」
「民主党がこの世から消えてなくなりますように…だと!?」
「おいっ、お前なにやってんだ! 演説の妨害するな!」



日本国総理大臣官邸 国家安全保障会議
野田総理「金正日総書記が亡くなった。外務大臣、間違いないのか?」
玄葉外相「朝鮮中央テレビで発表したので間違いないかと…」

野田総理「防衛大臣、北朝鮮軍の動きは?」
一川防衛相「私は防衛問題は素人なので、な〜んにもわかりません」

野田総理「警察情報は? 国家公安委員長…アレ?」
側近「総理、山岡国家公安院長は遅刻です。マルチ企業の集会があるそうで…」

野田「…他に発言は?」
一同「…」
野田「事態の推移を見守りたい。今日はいい会議ができた。終了!」
(以上、話すことがないので10分で終了)


米韓電話首脳会談
李明博「オバマ大統領、金正日の死後、北がどう出るか予測不能です」
オバマ「米軍はすでに警戒態勢に入っている。心配ない」
李明博「ヨンピョン島攻撃のようなことは許さない。韓米は鉄の結束を示したい」
オバマ「同感だ。胡錦濤にも伝えておいた。北の暴走を抑えてくれと」
李明博「日本のノダとは話しましたか」
オバマ「時間の無駄だ。それに、日本の民主党政権は北とつながっている」
李明博「カンは北を支援する組織に送金していました」
オバマ「ノダも信用できない。余計なことは言わないほうがいい」
李明博「ピョンヤンに筒抜け、ですな」


再び新橋駅前
政府を批判するプラカード掲げただけで警官隊に囲まれるデモ参加者。
画像


画像


明らかな憲法違反です。警官は法的根拠も示せない。

いったい、どこの天安門広場ですか?





もちろん現場の警察署長の判断ではありません。民主党政権の指示でしょう。彼らがやることは、マスコミを使った政治宣伝、民主党本部周辺でのデモ行進禁止、人権擁護法案という名の反政府運動弾圧計画、今回のデモ参加者拘束など、中国・北朝鮮のやり方にどんどん近付いていくようです。

次のデモではみんながこのプラカードを作って持っていけばいい。

「民主党が地上から無くなりますように!」

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

スペイン商人とポルトガル商人、華僑について質問させてください。

スペイン商人→国家公認の商人がマカオを拠点に、中国の密貿易人や華僑と貿易をした?

それともマカオにいるフィリピン人が(フィリピンは中国に朝貢しているから中国と貿易可能)仲介役をしたのですか?
だったらフィリピン人はかなり儲かることになりますよね…


ポルトガル商人→国家商人ではない私的な貿易船が香港に銀などを持っていき、華僑と香港でモノの交換をする。

華僑は出身地(つまり中国)のものを持ってくれば良いだけ、ですか?


教えてください。


mk
2011/12/24 23:34
このプラカード、どこで売ってますか?ww
みるく
2011/12/24 23:41
mk様

1.スペイン商人…スペイン王の貿易特許状を持ち、スペイン領新大陸で得た銀をマニラまで運び、マニラ在住の華僑から絹を買う(アカプルコ貿易)。スペイン王は明に朝貢したくないので、明との直接貿易を避ける。スペイン人のフィリピン総督も同じ。

2.ポルトガル商人…ポルトガル王も朝貢を拒否したため、ポルトガル人は民間商人として来航。明からマカオ居住権を与えられ、広東・福建・江浙の沿岸で中継貿易を行なう。

3.中国商人…海禁中は密貿易(倭寇)。海禁の解除で民間貿易と海外移住が許可された。海外移住者を華僑といい、マニラやアユタヤ、バタヴィアにも移住。福建・広東の出身者が多いが、出身地にかかわりなく手広く中継貿易を行なう。

4.日本商人…室町幕府が朝貢をやめた後も明の商人と密貿易を続け、倭寇(8割は中国人)の構成メンバーとなる。東南アジア各地に移住して日本町を建設。秀吉による倭寇禁止令、江戸幕府の鎖国令で貿易を禁じられ、現地人と混血して消滅。

※香港の開港はアヘン戦争後なので、大航海時代の商人はタイムマシンがないと行けません。

みるく様
自分で作ってください。
管理人
2011/12/25 00:40
先生がこれら東アジア情勢に関する記事を書かれる際に参考にされてる本、週刊誌等を教えて頂けませんか?受験が終わったら読みたいと思うので。

>国民党は清野作戦(三光作戦)で自国民も殺戮していますからね。38年の長沙大火で2万人を焼き殺し、黄河決壊では数十万人を押し流す〜

それに加えて領内では徹底した監視体制をしき、言動1つで漢奸のレッテルを即刻銃殺という…蒋介石は毛沢東以上の悪魔ですね。まだ日本軍や共産党がやってることの方がマシに見えます。
共産党も当時から権力闘争や地主階級の虐殺などかなりデンジャラスでしたが、人民としても「まだ共産党がいい!」みたいな感じだったのではないでしょうか^^;
アカイア人
2011/12/26 00:51
ジェノサイドは中華民族の伝統です。秦の白起は趙の捕虜40万人を生き埋めにし、項羽は秦の捕虜20万人を生き埋めにし…と古代以来、枚挙にいとまがなく、毛沢東も蒋介石もこの遺伝子を受け継いでいます。

日本史では信長が長島一向一揆や延暦寺に対してジェノサイドをやったくらい。城を落として敵の大将の首をはねても、捕虜や住民はむやみに殺さないのが日本の兵法です。

中国情報は宮崎正弘先生、青木直人さん、石平さん、朝鮮情報は古田博司先生、三浦小太郎さんですね。
管理人
2011/12/26 03:01
香港は開港していませんね、勘違いしていました(>_<)



細かいことかもしれませんが、スペインは国内で絹を売りさばきますよね?

ポルトガル商人は「中継貿易」だから、ポルトガル国内で絹を売るというより、外部から来た商人に高値で売っていたのでしょうか?


あと、スペイン、ポルトガルは東インド会社って作っていないんですか?
mk
2011/12/26 23:28
本日もおつかれさまです。

ふと思ったのですが、部分的核実験停止条約(PTBT)、包括的核実験禁止条約(CTBT)の「B」はどちらも「ban」の省略ですが、前者は「停止」後者は「禁止」ですよね。

これは条約内容をふまえた日本語の問題でしょうか?
試験では正確に書かないと×になるでしょうか?
東大世界史受講生
2011/12/26 23:51
mk様
ポルトガルは小国で、市場価値がない(モノが売れない)のです。ポルトガル商人はアジア諸国間の中継貿易で稼ぎました。これはオランダも同じです。

ポルトガルは本国政府とは無関係に冒険商人がアジア貿易を行ないました。スペインのアカプルコ貿易は、王室が出資する国営事業です。英・蘭の東インド会社は民間企業ですが、国から貿易独占権を付与されました。それだけ商人の力が強かったということです。

東大世界史受講生様
英英辞書でbanを引くと、not allowed officially とありますから、「禁止」というのが正確な訳だと思います。部分的核実験禁止と書いても、何の問題もないでしょう。不正確な翻訳が慣例化した例としては他に、
The United States⇒×合衆国 ○連邦
The United Nations⇒×国連 ○連合国
がありますね。困ったものです。
管理人
2011/12/27 11:36
日本の財務省が、日本のデフレ不況を長引かせて来てくれたお蔭で、 中国 は 、 日本の人的な資産らや技術的な資産らの大安売り、大バーゲンをものにし、 中国への日本人技術者たちの大量の引き抜きを目立たない形で実現し得、 日本の企業らを目立たない形で買い進めて来る事が出来ており、 日本の技術の体系知の所々を目立たない形で中国へ漏出させ続ける事に成功して来ました。 中国 が、 アフリカ諸国にまで、資源獲得の手を伸ばし、 自国の失業者らを派遣して、現地に定着させ、アフリカの各種の資源らを中国の支配下に置く事業らに従事させている一方において、 日本に対しては、 ゴールドマン・サックスのジム・オニール氏やフランスのジャック・アタリ氏や投資指南型の経済論客らの論説などを通しても、 『大量の移民を、日本国内へ定住させる』事が、日本経済の成長に必要にして不可欠である、との、中国に最も好都合な印象操作を得る事に繰返し成功し続けており、 中国の不動産バブルの崩壊で発生する、 大量の失業者らの一定以上を、日本経済の復興にかこつけて、日本へと送り込む、準備工作を着々と進めて
ブログ 経済参謀 シャーロック
2011/12/27 15:37
いる最中(さなか)にあるのです。 日本国民一般は、 日本国民一般が、その消費の割合を 15 % 〜 18 % ほど 増やす だけで、 デフレ不況を解消し、日本経済を永続的で確かな成長路線に乗せ得るだけではなく、 輸入の拡大によって、世界経済の縮小化とデフレ不況化とを防いで、 世界経済全体を復興させる道筋を 大きく開き得る、 という事を知らされないままにされており、その事に触れる、経済の統計数値らとその推移ぶりとへの定量的な認識に基づく、科学的な論説に対しては、 印象操作を狙った、日本での消費幅の拡大についての不可能論 が、繰返し繰返し、粘着してかぶせられ、 増税を肯定して観せるプロパガンダが、併説されて来ましたが、 彼らの主張する、 公共事業潰し と 増税との促進こそが、 可能的な 消費 = 所得 の 連鎖循環系らを不実化させ、 現実態の所得の連鎖循環系らの拡充幅の抑制化や縮小化を通して、 何にも増して、 日本国民一般の 消費を押さえ込んでしまう、 最悪の2大要因なのです。
ブログ 経済参謀 シャーロック
2011/12/27 15:38
ローマの属州とラティフンディアとコロナートゥス制について質問があります

ローマは戦争で獲得した捕虜と属州を使って、
穀物が生産できない属州では捕虜を奴隷としてラティフンディアをしてブドウやオリーブ油を生産する一方で、
穀物が生産できる属州では奴隷や小作人を使って穀物を生産、
その穀物がイタリアに流入したから自営農民が没落して小作人化した結果、
軍人皇帝時代にはコロナートゥス制が確立した、
と覚えているのですが、これで正しいのでしょうか?

お忙しいなか、こんな初歩的(?)な質問をして申し訳ありませんが、調べてもイマイチ分からなかったので、よろしくお願いいたします
あすまーる
2011/12/28 00:14
ローマとカルタゴはなぜシチリア島を争ったのか?

穀倉地帯だからです。小麦の大産地。シチリアがローマの属州になったことで、安い穀物がローマ本土(イタリア半島)に流入し、中小農民が没落します。

次に、元老院議員、属州総督などのローマ人貴族が、占領地を私有地化していきます。シチリアでは穀物生産のラティフンディアが形成されます。労働力には奴隷=戦争捕虜を使いました。

さらにイタリアでも、没落農民が手放した農地を貴族が買い占め、ラティフンディアを形成します。失地農民は都市へ流れて、政府に「パンと見世物」を要求する無産市民となります。彼らは誇り高いローマ市民ですから、奴隷労働はやりません。

さて、穀物は属州から入ってくるので、イタリアではブドウ・オリーヴなど商品作物を栽培します。イタリアではワインやオリーヴ油を製造して属州に売り、属州から穀物を買うという分業体制が出来上がります(1〜2世紀)。

この間のパクス=ロマーナにより経済発展した属州では商品作物栽培が広まり、イタリア産のワインが売れなくなります。中国や韓国が工業化して日本の産業が空洞化してしまったのと同じことです。

ワインが売れないので商業も衰退し、穀物輸入も滞ります。また、平和が続いたので奴隷=戦争捕虜が不足します。そこで、解放奴隷や没落農民(無産市民)を小作人(コロヌス)として使い、自給自足的な穀物生産の大農場が出現します。これがコロナートゥスで、中世の荘園(マナー)の起源です。
管理人
2011/12/28 04:39
日本で、デフレ不況が続いてゆく、と期待できる場合に、 日本の円を買い進めて保持して置くと、 実際に、これまで通り、 デフレ不況が 続けば続く ほど、 日本国内の品物やサービスらの値段一般は、下落してゆき、
例えば、
百万円の同一品質の車一台が、半年で、90万円に値下がりし、更に半年で、 80万円に値下がりする、 といったように、
同一金額での、 円の購買力が、段々と大きく成ってゆくので、
日本社会一般の 名目金利 が 、
0 % に成った、としても、
実質金利は、 高く成って行きます。

金利 は、
ある通貨の同一金額を持っているだけで、
一定期間後 や 一定期間中に、
同一品質の物 や サービスらを どれ位 多く買えるように成るか、
あるいは、 同一数量の物 や サービスらについて、 どれ程 質を高めたものらを 買える ように成るか、
といった事によって、その実質の大きさを量り観られ得る、という事です。

デフレ下では、
実質金利は、高く成って行くので、
企業ら大勢が、
銀行らから
ブログ 経済参謀 シャーロック
2011/12/28 12:44
物 や サービスらについて、 どれ程 質を高めたものらを 買える ように成るか、
といった事によって、その実質の大きさを量り観られ得る、という事です。

デフレ下では、
実質金利は、高く成って行くので、
企業ら大勢が、
銀行らから 借金 をして、 仕事らと仕事上の所得らとを得られる働き手たちを増やす事に成る、 投資 をした、としても 、
投資 収益 : リターン が 、
実質での金利の負担を上回って、
実質での 儲け を得られる、 可能性 が、低下してゆく 事を 意味しています。

儲けの見込める、有望な仕事らが減ってゆく不況が続く、 デフレ下で、
投資の見返り利益が、実質の金利負担さえ下回る、という場合には、
民間の企業ら大勢の投資らが増える筈は無く、 実際に、 大筋では減りっ放しです。

そしてまた、
このデフレ存続下での 実質 金利 の 高まり が 、
海外の中央銀行ら等の玄人筋の投資家らが、日本円を買い進めて、円高を推す主因です
ブログ 経済参謀 シャーロック
2011/12/28 12:45
数は正確と言い難い数字ですが、三族皆殺しとか普通にありますし怖いですよね
日本も全体主義専制統治ですから、政府の民衆への統治はいつも苛烈になりがちで、飢饉が全国に広がりにくい山がちの地形や国民性(?)の故か中央政府を打倒するような民衆反乱もなく、乱世では戦争に際しても略奪や人身売買は当然のように行われましたが、中国史で見るような大規模虐殺が無い分まだ穏健に見えます。
>中国情報は宮崎正弘先生、青木直人さん、石平さん、朝鮮情報は古田博司先生、三浦小太郎さんですね。
ありがとうございます。後で参考にします
アカイア人
2011/12/28 14:20
なるほど!
納得できました
ありがとうございました
あすまーる
2011/12/28 16:50
野田首相が14年4月に消費税率を8%に上げると表明しましたが…

消費税を上げないと財政がどうにもならないことはわかるのですが、素朴な疑問として、貧しい人から裕福な人まで一律に税がかかる消費税を上げなければいけないのでしょうか?消費税を上げるとしても、すべてに対してではなくて装飾品等の贅沢品、いわゆる裕福な人だけが買うようなものに対して税率を上げるべきかと…
食料品や日用品などの生活必需品に対しても適用されると貧しい人への負担が大きくなるだけでどんどん貧富の差が広がってしまいますよね。(資本主義国家ゆえある程度は仕方ないのかもしれませんが…)

消費税も品物別に税率を変えることはできないのでしょうか?
いちご
2011/12/30 08:38
法的な観点からいえば
「贅沢品」や「裕福な人」
とはどういう物や人をさすのか曖昧なので難しいでしょう。
また「裕福な人」という特定少数だけ負担を大きくする結果を招けば憲法14条違反(平等原則違反)を招きます。
通りすがり
2011/12/30 14:58
質問です。

「1971年スミソニアン協定により、ドル切り下げによる固定為替相場制復帰が図られた」とあるのですが、これは、「固定相場制にしたいけど、1ドル=360円だと厳しいから1ドル=308円にした」という事でいいのでしょうか?

また、固定相場制にする事によるアメリカのメリットは何なのでしょうか?
意外と腹黒いダントン
2011/12/30 17:45
もうすぐ(1月5日)もぎせかHP開設10周年ですね!おめでとうございます!
この10年で世界の情勢も大きく変わったと思います。できれば総集編のような記事が見てみたいです。
ふらい
2011/12/30 22:55
いちご様
消費税は申告漏れや脱税が少なく、取りっぱぐれがないという利点があります。欧州諸国の消費税率は15〜20%ですが、食品は10%前後に抑えている国がほとんどです(英国・豪州は食品税率0%)。ですので、消費税10%は決して非常識な数字ではありません。ただし、増税するには条件があります。

1.インフレ時に実施すること。
2.国民の信を問う(衆院選挙を行なう)こと。

現在のようなデフレ時に消費税アップをすれば、消費意欲がますます減り、デフレが深刻化します。

前回の衆院選(2009)で民主党の選挙公約(マニフェスト)では、消費税増税の前に国家公務員の人件費を減らし、国会議員の定数を削減すると言っていました。これをやらずに消費税だけ上げるのは詐欺です。国家財政が破綻寸前で消費税率を上げざるを得ないというのなら、国民に説明して信を問うのが当然です。

小泉は、「郵政民営化、是か非か、国民の信を問いたいと思う」と衆議院を解散し、圧勝して民営化を断行しました。小泉のような度胸が野田にはないのです。卑怯者です。
管理人
2011/12/31 22:57
意外と腹黒いダントン様
固定相場制は為替リスクがないので貿易決済がスムーズです。固定相場を維持するため、中央銀行が自国通貨を大量に売り買いします。厳密にいえば、$1=¥360ピッタリに固定するのは不可能なので、1%の変動幅が認められています。

ニクソン政権は、金とドルの交換停止を一方的に発表して世界を大混乱に陥れたあと、スミソニアン博物館に10カ国の財務相を集めました。

「米国製品の輸出拡大のためドル安にするから協力しろ。とりあえず$1=\308で固定する。為替変動幅は2.5%まで拡大する」

これがスミソニアン合意。ゆるい固定相場制ですね。結局、市場のドル売りは止まらず、各国の中央銀行は固定相場の維持を断念、変動相場制に移行します。


ふらい様
ああ、もう10年ですか。ありがとうございます…何か記念企画を考えましょう。

私は大晦日の夜までたのしく仕事です。
皆さんよいお年を!


管理人
2011/12/31 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
金正日の死 北朝鮮化する日本 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる