もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS カダフィ殺害と通貨統合

<<   作成日時 : 2011/10/24 03:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 13

画像


とどめを刺したのは、NATO軍の空爆でした。

反政府デモの発生から8カ月。凄惨な内戦と化したリビア革命は、首都トリポリの陥落で事実上終結したあと、独裁者カダフィの逃走と反政府軍の追跡が続いていました。

画像


側近とともに生まれ故郷の町シルトに潜伏していたカダフィは、市内を移動中、NATO軍の無人機に空爆されて負傷し、近くの下水管に潜んでいたところを反政府軍の兵士に捕えられ、抵抗して射殺された、というのが反政府勢力=リビア新政府の発表です。

拘束されたカダフィ(この直後に射殺される)
画像


カダフィの死を聞いて歓喜するシルト市民
画像


AFP(フランス通信社)の報道

(もう一度クリックすると、別ウィンドウで見られます。右下のccをクリックすると字幕が出ます)

「独裁者が倒れた」という、典型的な「西側」の報道ですね。

独裁者の無残な末路は、金正日を筆頭とする世界の他の独裁者への教訓となったでしょう。リビア国民は圧政からも空爆からも解放され、安心して眠ることができるでしょう。これからリビア人自身の手で、民主的な国家の再建をしていくでしょう。 


しかし、私は素直に喜べません。後味の悪いものを感じます。

米国特殊部隊によるビン=ラディンの殺害を思い出したからです。

国際手配された犯罪者ならば、ハーグの国際刑事裁判所など国際法廷で裁くべきです。カダフィが法廷に立っていたならば、あの得意の弁舌で、米国が触れられたくない過去についてとうとうとまくし立てていたに違いありません。拘束時に殺してしまうのは、「口封じ」といわれても仕方ないでしょう。

反米・反イスラエルを掲げ、数々のテロに関与し、「アラブの狂犬」とまで言われたカダフィですが、9.11テロを非難してから米国に急接近し、核開発計画も自ら放棄しました。このとき米国とカダフィとの間でどういう裏取引があったのか?

核開発をやめない金正日政権を野放しにしている欧米諸国が、なぜ核を放棄したカダフィ政権を潰すことを決定し、NATO軍の軍事介入まで行ったのか?

すべては闇の中です。

イラク戦争の時と同様に、欧米の石油資本が、リビアの豊富な石油利権を狙った、という説明があります。しかしもうひとつ、カダフィがアフリカの通貨統合を進めていたことは、西側のメディアでは全く報道されていません。

イラクのサダム=フセイン政権石油輸出の決済通貨をドルからユーロに変更したことが、イラク戦争の背景にあります。中・露に加え、ユーロ圏のフランスが武力行使反対に回ったため、国連安保理は武力行使を認める決議を出せず、米・英は国連憲章で規定されている「自衛権の発動」を根拠に安保理決議なしで開戦に踏み切りました。米仏関係が悪化し、アメリカでフランスワインを捨てたりしました。

何が「自衛権」かというと、9.11テロを国際テロ組織アルカイーダによる武力行使と見なし、「サダム=フセイン政権とアルカイーダとのつながりを示す証拠」、「サダム=フセイン政権が大量破壊兵器を隠している証拠」があるので、フセイン政権を攻撃する、と説明しました。これらの証拠が「すべて間違いだった」と米国が発表したのは、フセイン政権の崩壊後でした。

カダフィは、豊富な金の保有を原資として、アフリカとアラブの統一通貨「ディナ」を発行し、ドルやユーロに対抗する通貨とすること、米国の影響下にある国際通貨基金(IMF)・世界銀行の干渉に対抗するため、アフリカ通貨基金(AMF)アフリカ中央銀行の創設を提案していました。

統一通貨「ディナ」が実現すれば、かつてのイスラム帝国の領土が通貨統合されます(ディナール Dinar は、ウマイヤ朝の5代目アブド=アルマリクが発行した金貨が起源。イラク・リビア・アルジェリアの通貨は現在も Dinar )。石油取引はドルから「ディナ」に代わり、ドルの信用不安を引き起こすでしょう。米国債は売れなくなり、米国の財政赤字はさらに深刻化します。


RT(Russia Today)は、ロシアのニュース専門テレビ局。欧米メディアが絶対に伝えない部分を伝えています。ロシアの暗部は欧米のニュースが伝え、欧米の暗部はロシアのニュースが伝えるものです。見比べることで、真実に近づくことができます。

こちらは米国内の反グローバリズムのサイトのようです。

(音量を下げてお楽しみください)

確かに中国は、チベットや南シナ海でやっている悪事を、中東・アフリカではまだやってません。中東・アフリカの視点からみれば、
「欧米に比べれば、中国のほうがまし」
となるのでしょう。

結局、郵政民営化も、イラク戦争も、米韓FTAも、リビア内戦も、TPPも、根っこは一緒ということです。ドルによる世界支配を守りたい米国の金融資本の意向に沿ったものです。「ユダヤの陰謀」じゃなくて、「米国資本の利権」です。

日本のマスコミは、いつまでたっても、

「TPPは平成の開国」
「バスに乗り遅れるな」

ばかですか?

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
書いてる記者がわかってないのでは?
みるく
2011/10/25 00:01
今回は「メディアに騙されるな」のお手本みたいな事例ですね
カダフィ氏が独裁者で人権弾圧をおこなっていたのは間違いないですが、その理由や彼の政治信条も理解せずにいたずらに安易な方向に持っていこうとするのは反吐が出ます(フセインのときもそう イラクがトルコを除いて最もリベラルなイスラム国家だった事実を無視して フセインを変態独裁者としてCNNは放送した)
日本のメディアもまた「世界の潮流」に乗ってましたね
いい加減日本人はメディアリテラシーに目覚めて自立して情報を集めるべきだと思うんですが、なかなかうまくいきませんね

結論:TVは見ない。そうすればうるさいNHKのオバサンも来ない
   TVないといやという人は、ニュースとワイドショーは見   ない、政治経済関連のおかしな番組はみない。
すーんだーいの浪人
2011/10/25 23:10
NHKはスタバとかの接客を学ぶべき! (最近は店舗拡大し過ぎて、質→落ちてますけど)
みるく
2011/10/26 22:45


質問です。

1、1907年の英露協商でチベットが不干渉とされた理由はなんなのでしょうか

2、日本は最初は安徽派を支援していて、それが直隷派に負けたために安徽派をみすてて、まったく別の奉天派を支援しはじめた、
ということで大丈夫しょうか

3、アレクサンドル1世が提案した神聖同盟にトルコが入らなかった理由はなんでしょうか


よろしくお願いします。
オクトパ
2011/10/26 23:53
1.英としては露の南下からインドを防衛するため、チベットを勢力圏にするつもりでした。日露戦争に負けた露がおとなしくなったため、英はチベットには手を出さないことにしたのです。

2.中華民国は統一国家ではなく軍閥の連合体だったので、日本は21カ条の利権を守るため、もっとも強力な軍閥と手を組むのです。

3.「キリスト教の正義・博愛・平和の原則に基づく」同盟に、ムスリム国家は参加しません。

ついでに、正教会のロシアが提唱したので教皇も参加せず、絶対君主の同盟なので立憲君主政のイギリスも参加しません。
管理人
2011/10/27 08:03


納得しました。
ありがとうございました。
オクトパ
2011/10/28 00:01
センターの問題で質問です。1992年の大問3の問7の答えが、2というのがどうも納得できません。海禁中じゃないのですか??
ゆぅ
2011/10/29 01:06
ゆぅさん、19年前の問題の「問7の答えが…」といきなり質問されても困ります。問題文と選択肢を教えてください。
管理人
2011/10/29 06:57
アメリカの共和党、民主党について…

アメリカ史を学ぶにあたり「○○大統領は共和党」「△は民主党」と区別をつけたり
「この時代は民主党」と覚えたりする必要はありますか?

(正誤問題や記号問題はありますか?)

保守的なのが共和党、と覚えていますが、南北戦争(奴隷制維持か廃止か)から立場が変わったりして、いまいち両党の立場のイメージがわきません。

受験世界史にあたって役立つ「両党の特徴」、を教えて下さい。

宜しくお願いします。

受験生
2011/10/29 10:48
僭越ながら受験生様のご質問に対し私見を述べさせていただきます。
歴史的に見れば米国では共和党の方が先進的な政党で、米国の元来の保守とはプランテーション地主、開拓農家などの支持をえた民主党(ぼたいはジャクソン大統領派)です。共和党は産業資本家が支持母体で、保護貿易、産業育成を旨とし、主に19後半〜20世紀初頭にかけて政権を独占します(すなわちフロンティアの消滅期からの帝国主義政策の時代です)。外交は孤立主義(帝国主義政策をとるも他の列強との対立をできるだけ回避する)で、州権主義(各州の自主性を尊重)です。民主党は元来の支持母体が農業団体なので、輸出を目的に自由貿易を唱え、対外政策も積極的です。ww2、ヴェトナムなど、大きな戦争は全て民主党政権下で行われています。連邦・中央集権的政策に趣を置いています。
とまあ歴史的なことを言えばこのようになりますが、実際冷戦期になるとかなりややこしくなり、現在両党のイデオロギーにほとんど違いはありません。軍産複合体の登場で、米国の中心利権が農業から軍需に移り、保守勢力はネオコンという勢力に変わりました。軍需は産業資本家ですから共和党の伝統的支持母体ですので、共和党が今では保守政党という扱いになっています(しかし実際軍産複合体の利権は民主党にも及んでいる)。となると中央集権的な民主党は米国の進歩的政党ということになるんでしょう。しかしオバマとブッシュに何の違いがありますか(イラク、アフガン、TPP、リビアetc...)?あの国は政党など関係なく、本質は「目障りな奴は殺す、黙らせる、米国の利権確保が最優先」です。国家としては至極当然なんですが、他の国にしてみれば迷惑千万です。よって、本質に何ら変わりがない者を区別しようなど意味がありません。有名な事件や期間のときにはあの政党、という風に覚えていくしかないと思います。
すーんだーいの浪人
2011/10/30 00:39
時代で分けるとすっきりします。

1.南北戦争まで
共和党…北部産業資本家が支持基盤。強力な連邦政府による保護貿易。奴隷制廃止による安価な労働力確保。
民主党…南部綿花プランターが支持基盤。州権主義による自由貿易。奴隷制維持。

2.帝国主義の時代(1890年代〜)
共和党…独占資本(トラスト)が支持基盤。南米諸国の市場化、カリブ海諸国への棍棒外交。欧州との相互不干渉を掲げる現実主義外交(孤立主義)。
民主党…労働組合が支持基盤。「民主主義の拡大」を掲げ、国際連盟設立、善隣外交など理想主義外交。内政では反トラスト、労働者保護。

3.第二次大戦後(1945-)
共和党…対ソ巻き返し(強気)、大規模な軍拡。中ソがビビっておとなしくなる(雪どけ、デタント)。
民主党…対ソ封じ込め(弱気)、軍拡より福祉。中ソにナメられて戦争が多発(朝鮮戦争、キューバ危機、ヴェトナム戦争、ソ連のアフガン侵攻…)。

4.冷戦終結後(1989〜)
共和党…対テロ戦争(強気)。中国は敵。日本は同盟国。
民主党…やっぱり福祉(弱気)。中国は大事な投資先。日本は経済面でのライバル。

超簡単にいえば、(日)自民党≒(米)共和党=現実主義、(日)民主党≒(米)民主党=理想主義(お花畑)となります。
管理人
2011/10/30 02:51
こう区切ってみると覚えやすいですね!

違う視点が得られました。

お花畑(笑)


ありがとうございました!
受験生
2011/10/31 09:11
カダフィ大佐 死亡
王様
2015/04/04 16:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
カダフィ殺害と通貨統合 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる