もぎせかブログ館

アクセスカウンタ

zoom RSS 空からの目

<<   作成日時 : 2011/09/25 06:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 17

画像


9月23日、偵察衛星「光学4号」の打ち上げに成功しました。



上空から敵の様子を探るという発想は古代からあります。『史記』の有名な「四面楚歌」のシーンでは、漢の劉邦に仕えた韓信が、項羽の楚軍への包囲作戦で凧(タコ)を使っています。宋代に火薬が発明されると、火薬を搭載した凧爆弾も考案されますが、実用にはならなかったようです。18世紀にフランスのモンゴルフィエ兄弟が気球を発明すると、フランス革命戦争で実戦投入されます。ベルギー戦線のフリュリスの戦い(1794)でフランス革命軍が、イギリス軍に対する偵察用に熱気球を使用しました。
画像


南北戦争では北軍に気球司令部が置かれ、水素ガス気球を使用。気球母艦に設置して移動も可能にしました。
画像


日露戦争では、旅順港を包囲した日本軍が大砲の着弾確認のため気球を使用。

東京の陸軍士官学校での気球実験(1883)
画像


第一次大戦以降、偵察任務は、気球から飛行機・飛行船に代わり、空爆も始まります。

ドイツ軍のツェッペリン飛行船(1912)
画像


特に飛行機は機動性において圧倒的で、飛行船を過去のものにしました。しかし、地上からの高射砲や敵の戦闘機との空中戦による損失が大きいため、敵から攻撃を受けないような宇宙空間からの偵察・攻撃の手段が求められ、第二次大戦以降はロケット開発が加速します。

1957年10月、ソ連による最初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げ成功に衝撃を受けたアメリカのアイゼンハウアー政権は、国防総省が主体となって大規模な宇宙開発に乗り出し、4カ月遅れの58年1月に人工衛星エクスプローラー1号の打ち上げに成功。NASA(米航空宇宙局)が発足したのもこのときです。

59年には早くも最初の軍事偵察衛星コロナを打ち上げました。
画像


初期の偵察衛星は、通常の光学カメラで地表を撮影し、撮影し終わったフィルムをパラシュートで落として飛行機で回収するという原始的な方法を取っていました。フィルムの解像度も低かったので、飛行機による偵察も並行して行なわれました。キューバ危機(1962)のとき、ソ連が建設したキューバのミサイル基地を発見したのは、衛星ではなく飛行機でした。

キューバ危機の直前に、U‐2型機撃墜事件が起こります。ソ連上空で偵察飛行していた米軍のU‐2型機が撃墜され、パイロットがスパイ容疑でソ連で裁判にかけられたのです。米軍はこれに懲り、偵察衛星の高性能化に全力をあげます。夜間や曇天時には地表を撮影できない光学カメラを補うため、赤外線カメラやレーダーを搭載します。情報はデジタル化、暗号化され、地上に電波で送信するようにしました。これらのシステムは、今日の偵察衛星に受け継がれています。

日本最初の偵察衛星――とはいわず、情報収集衛星という(笑)――は、1998年に開発が始まりました。これは、北朝鮮のおかげです。この年8月31日、北朝鮮は最初の大陸間弾道ミサイル(通称テポドン1号)を発射。日本の東北地方上空を飛んで、岩手県沖に落下しました。自民党の小渕内閣は偵察衛星の導入を閣議決定。以後、光学衛星2機、レーダー衛星2機の合計4機体制で北朝鮮を監視(するふりして中国も監視)することになりました。「何をするかわからない北朝鮮を監視する」といわれれば、民主党も、正面切っての反対はできません。

衛星を運ぶのは、日本が誇るHII−Aロケット(三菱重工)。

画像


光学1号レーダー1号…2003年3月、打ち上げ。光学1号は運用中。レーダ―1号は2007年に故障

・光学2号、レーダー2号
…2003年11月、打ち上げ失敗(固体燃料ブースターが分離せず。なおH-IIAロケット打ち上げでは、これが唯一の失敗)。以後、失敗に備えて1機ずつ打ち上げることに。

光学2号…2006年9月、打ち上げ。運用中。
レーダー2号…2002年2月、打ち上げ。2010年に故障

光学3号…2009年11月、打ち上げ。運用中。

光学4号…2011年9月、打ち上げ。運用開始。←今回

・レーダ―3号…2011年度に打ち上げ予定。

・レーダ―4号…2012年度に打ち上げ予定。

画像


偵察衛星はできるだけ多くの情報を得るため、ぎりぎり低高度(500キロくらい)を飛びます。このため、わずかな空気抵抗を受けて少しずつ落下します。軌道修正のため燃料を消費し、燃料が切れると大気圏に落下して燃え尽きますので、寿命は5年程度とされます。

光学1号はすでに8年目に入り、耐用年数をとっくにオーバーしていますが、日本人的な職人技でいまも現役運行しています。

レーダ―衛星は2機打ち上げましたが、いずれも故障し、復旧せず。よって光学衛星4機、レーダー衛星0機という変則的な運用になってしまいました。

米軍の最新鋭の偵察衛星は、解像度が10センチと言われています。地表の10センチ四方が1ドットとして表される。軍用車両や飛行機、艦艇の形式なんかを見分けるのは簡単です。

日本の偵察衛星は「解像度60センチ」と公表していますが、本当のところはわかりません。撮影された映像は、いっさい公表されていません。敵にこちらの手の内を明かすことになるから。

「大規模災害にも対応する」というのが偵察衛星導入の大義名分だったので、「東日本大震災の撮影画像を見せろ」、「それができないのなら衛星関係の予算を停止しろ」と、日本共産党の議員が噛みついています。

情報収集衛星実態示せ 原発画像など 吉井議員が主意書(しんぶん赤旗)

…んなもん、見せられるわけないだろ。

日本共産党はたまにいいこともいうのだが、こういうお花畑議員を抱えている限りはどうしようもない。


ベール脱いだ情報収集衛星 大震災で“秘密主義”緩和
内閣情報調査室は大震災の2日後、情報収集衛星の画像などを基に、岩手県から福島県までの津波浸水域を示した「被災状況推定地図」を作製。関係省庁や現地対策本部に配布した。

福島第1原発周辺も撮影して画像を官邸に提出。菅直人前首相は「分かりやすかった」と述べたという。ただ、画像や撮影日時は非公開。衛星の性能や軌道情報が漏れると、北朝鮮などの監視対象に手の内を明かすことになるからだ。

情報収集衛星は北朝鮮による平成10年のテポドン発射を機に導入された事実上の偵察衛星。大規模災害への対応も目的とされたが、「本当に災害時に使っているのか」と疑問視する声が上がっていた。同調査室内閣衛星情報センターは「これほどの大災害なので、情報保全とのバランスを考慮して公表した」と説明する。

一方、情報収集衛星は1基当たり数百億円の開発費が継続的に必要で、今年度までの関連経費は総額8千億円を超えた。災害時の利用を公表したのは、国民生活に役立っていることをアピールし、多額の税金投入に対する批判をかわす狙いもあるとみられる。

衛星は現在、昼間の晴天時に撮影する光学1〜3号機が運用中。今回の4号機は、設計寿命を終えた2号機の後継に当たる。識別可能な物体の大きさは約60センチで3号機と同じだが、カメラの向きを素早く変えて、短時間で複数の場所を撮影する能力を向上させた。

衛星の本格運用には光学と、夜間や曇天でも撮影可能なレーダーの各2基が必要だが、後者は電源の不具合で相次ぎ故障。後継のレーダーは年内に3号機、来年度に4号機を打ち上げる予定で、それまでは光学だけの変則的な運用を余儀なくされる。(2011.9.17 00:28 産経)


さて、偵察衛星が集めた詳細なデータは、日本の情報機関の一つである内閣情報調査室(いわゆる「内調」)に属する内閣情報衛星センターに集積されていきます。問題は、集めた情報を、誰がどのように分析し、どう活用するかです。

内閣情報衛星センターは市ヶ谷の防衛省の中にあり、所長は将官級の退役自衛官、次長は警察庁現役の警視監が出向します。警視監は警察組織の中で警視総監に次ぐNo.2です。この下に数名の分析官がいます。この組織は大丈夫でしょう。

しかし、首相官邸、内閣官房、公安調査庁、外務省、防衛省、国土交通省、経済産業省などが「データを活用できる」ことになっており、こちらのほうが心配です。

民主党政権には、極左団体「市民の党」に6250万円の献金をしていた管前首相を筆頭に、某国とつながりがある閣僚や政務官がうじゃうじゃ。彼らが衛星センターで写真を見たあと某国工作員に通報し、「アレが写ってるから隠したほうがいいよ」などとアドバイスし、情報提供料を受け取っている可能性も捨てきれません。そう考えると、民主党政権になってからも偵察衛星は「仕分け」られず、予定通り打ち上げが続いていることも説明がつきます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

菅前首相を捜査へ…地検が告発状受理 市民の党側献金で規正法違反罪
菅直人前首相の資金管理団体「草志会」が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)の派生団体に6250万円を献金していた問題をめぐり、神奈川県の住民らが政治資金規正法違反罪(虚偽記載)で、菅前首相に対する告発状を東京地検特捜部に提出し、受理されていたことが5日、分かった。特捜部は立件の可否を判断するため捜査に着手する。菅前首相の献金問題が刑事事件に発展する可能性が出てきた。

告発状によると、草志会は平成19年、市民の党の派生団体「政権交代をめざす市民の会」に対し、計8回に分けて計5千万円を政治献金。その際、収支を時系列で並べると、帳簿上は5月8日の時点で資金残高が「マイナス」となり、寄付が不可能な状態に陥っていた。不足金額はその後も拡大し、5月14日には最大の658万5593円に上った。収支報告書には借入金などの記載はなかった。

告発状では、収支報告書が「マイナス」になることはありえず、記載すべき収入を記載していなかったとして、規正法に抵触するとしている。

また菅前首相が国会答弁で寄付について「私が判断をした」と話していることから、収支報告書の記載の責任は事務担当者ではなく菅前首相にあるとしている。

産経新聞の調べでは、草志会は19〜21年にかけてめざす会に計6250万円を献金。さらに鳩山由紀夫元首相側や民主党東京都総支部連合会(東京都連)も献金しており、民主党側からの資金提供総額は判明分だけで計1億5533万円に上っている。

前首相・菅直人は、草志会が在日韓国人系金融機関の元男性理事から献金を受けていた問題でも、規正法違反罪で告発されている。
(2011.9.6 06:54 産経)


今の日本は、高い塀に囲まれ、赤外線センサーなど最新のセキュリティ対策は万全でも、土台を白アリに食いつくされている豪邸のようなものです。菅のような人物が、わずかの間とはいえ、最高権力者として国家機密に触れうる立場にいたことを考えると、ゾッとします。

人気ブログランキングへ 応援クリックお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
総理がアホナのは我々全員の責任です。どこぞの国と違い、我が国は民主主義国家ですからしかたありません。
内調は情報機関とも呼べないような貧弱機関で(ここは警察官僚のお休みポストみたいなもの)、衛星の画像解析スタッフもたった200人程度しかいません(米国数千人)。分析は最終的に人間がやりますから、経験がものを言います。衛星が上がっただけでは十分とは言えません。大型無人機(グローバルホーク等)も導入すべきだし、サイバー攻撃への対策も必要です。以上を考えると、運営は防衛省情報本部(もちろん要員増員で)に任せて、他局への情報開示は総理の認可が必要なようにすべきだと思います。米軍とどうせ連携しますから、こっちの方が内調よりいい。菅みたいなのは昔からいますからどうしようもありません(売国奴はどの時代どの国でもいるものです)。多分、公安が独自に動いているでしょう(あそこは独自に動けるし、国家公安委員長なんてお飾り 岡崎トミコは野党の餌食になるだけの菅の人選ミス)。冷戦時代は共産党を初め全政党を監視していましたので実績豊富です(CIAも一目置いています ホームページはシュールですが)。本当にやばかったら民主党は今頃なくなっていますから、献金とか北とのつながりもまだ可愛いレベルなのでしょう(要はあの政党は何から何まで中途半端の存在価値なしの政党ということです)。
もっと根本的な問題は、日本の縦割り行政です。公安や防衛省情報本部や警備部みたいなとこがあっても、情報をうまく統括することができない。内閣、総理のもとに素早く情報を総括して伝達できるような組織編成が必要です(ここは各機関抵抗しますから、強いリーダーシップと長い歳月が必要です)。
すーんだーいの浪人
2011/09/25 19:20
よだん

公安って実は他局とか民間への出向が異常に多いんです。
実際、構成員が何人なのか詳しいことは不明なんです。
年次報告書は国会図書館で見れるんですが、どっから調べたんだと思うくらいのすさまじい情報収集能力です(もちろん一般人が見てもかまわないものしか見れませんが、それでも)。
各国の情報機関ともコネクションがあり、CIAと人材交流もあるそうです。

おそろしや
すーんだーいの浪人
2011/09/25 19:25
浪人さんのコメにちょっと補足させてください。読者が誤解するといけないので…

日本で「公安」の名を冠する組織は3つあります。

A.公安調査庁(公調)
法務省直属の情報機関。破壊活動防止法(破防法)に基づき、朝鮮総連、オウム真理教(アレフ)、日本共産党、極左団体、極右団体などを監視、諜報活動を行う。警察ではないので、逮捕権はない。米のCIA、英のMI6、イスラエルのモサドとも情報交換。

B.公安警察(警視庁公安部、県警の警備部)
監視対象は公調と同じだが、刑法に基づいて個人を調査する。もちろん逮捕権あり。公安警察に対し、通常の犯罪を扱う警察は「刑事警察」という。

C.国家公安委員会
警察の「暴走」を監督するための組織。委員長と5名の委員しかいないので、有名無実化している。基本的に仕事がなく、委員長は他の国務大臣を兼任。岡崎トミ子、中井洽、マルチ山岡のような無能者でも務まる。各都道府県にも公安委員会が置かれているが、委員は5名〜3名しかいない。

なお、中国語で「公安」といえば「警察」を意味しますので、これも注意が必要です。
管理人
2011/09/26 01:45
失礼いたしました

普段、公安とよべば=公安調査庁 とおもっておりましたので、そのまま説明もせずに書いてしまいました

わざわざ先生のお手間をとらせて申し訳ありません
m( 。 。)m
すーんだーいの浪人
2011/09/26 18:30
高3スーパー世界史について

いつも楽しい授業をありがとうございます!
授業についての質問なのですが、これからインド・イスラームについては扱いますか?
教科書等では大航海時代や宗教改革の前に載っていたので気になってしまいました。
個人的にイスラームの範囲(正統カリフ、など…)が不安です・・・
ぐり
2011/09/28 10:39
高3スーパークラスでは、19世紀まで欧米史で爆走したあと、戻ってイスラムをやります。古代インドについては春期講習の範囲です。録音・プリントは「もぎせか資料館」にアップしてあります。
管理人
2011/09/28 18:06
47都道府県警察本部通信指令課、通称、電波部が情報収集衛星を使用していることを証明してください。指令室の一角には、この衛星を作動させ国民を監視、人体実験をする機械設備を所持し、国から裏金を得ています。

2016/02/23 04:52
警察の秘密組織である電波部は警備部の公安警察に属し、電波部の責任者は指導官だが、この部署の人数は不明で、3日に一度の24時間勤務、全国47都道府県に存在し道警本部、旭川東警察、警視庁指導官、内閣衛星情報センター職員など多くの者が認めており、全国の電波部となると、かなりの人数が想定される。ほか警察庁警備局、情報通信局、公安調査庁など警察組織による監視システムは大きく、少なくとも秘密組織である全国の電波部は国民監視、電磁波拷問、性犯罪、人体実験などと称し、1人の被害者に対し危険人物の認定で年間12億もの裏金が動くようだ

2016/03/25 19:00
情報収集衛星(監視衛星、偵察スパイ衛星)による国民監視、電磁波拷問、性犯罪の被害者が全国にたくさん存在し国家犯罪となっているが、情報収集衛星の使用省庁が犯人であり、これを秘密保護法の9割を占める割合で必死に隠し監視衛星を秘密使用するは、間違いなく警察庁と判断され、関係機関に証人も存在する、国と警察、大手マスコミの癒着した、恐ろしいこの国の真実、大きな社会問題である。

2016/03/25 20:14
警察組織に公安調査庁は属さなく前文を否定するが、内閣官房とともに、警察庁とは協力関係にあるようだ。レーダ衛星2基、光学衛星2基、レーダ予備機1基合計5基体制の監視衛星システムを将来10基以上の強力体制が目的であり、国民に対する使用はアメリカ、ロシア、ヨーロッパ同様に絶対禁止にしなければ国家犯罪は無くならない。

2016/03/25 20:39
全国警察本部、警備部の秘密組織とされる電波部が、情報収集衛星を国民に対し使用しているのが、この国の一番のタブーである。この衛星の電磁波による国民監視、拷問、性犯罪、人体実験など勝手に警察の危険人物と認定した国民を虐待する事により、多額の裏金を得るも、これを特定秘密保護法で隠し、国民に極秘使用を続けている現状において、この衛星を製造し国との癒着が推測される、三菱電機特機システムは、スパイ衛星である情報収集衛星の性能に関して、電磁波による殺人が可能な兵器を人工衛星に搭載し、内閣府官房に提供するとなれば、警察に衛星使用により監視されている日本の国民は、政府、警察に牛耳られ監視、拷問、殺人による強制管理社会国家となる懸念がある事を、三菱電機本社は十二分に考慮していただきたい。

2016/03/30 08:50
情報収集衛星(偵察スパイ衛星)はレーダ衛星2基、光学衛星2基(巨大電波望遠鏡搭載)レーダ予備機1基の合計5基体制の衛星監視システムである。使用者は内閣官房、防衛省情報本部電波部、警察庁警備局配下、全国47警察本部警備部の電波部、他6省庁である。

2016/04/15 19:56
防衛省情報本部電波部、約2400名、警察庁警備局1000名、
警視庁公安2000名、46道府県警備部8000名、敬11000名が、
情報収集衛星を使用し主に警察組織が、国民監視、電磁波による拷問、実験、性犯罪、裏金、集スト操作と配金。

2016/04/15 22:19
国の破綻が2021年から2025年と噂されるなか、衛星使用による電磁波の被害者が、最近、増加傾向にある。以前は1万人に1人前後位の割合だったが、国の破綻が近ずくにつれ、警察の裏金造りの為、被害者が急増している。

2016/04/15 22:33
情報収集衛星の打ち上げは、1969年衆議院が「・・・平和の目的に限り」と言明、全会一致で可決したもので、決して警察が国民を虐待し、裏金を得る為のものではないが、「2012年」政府が、これを削除した。(赤旗新聞より)

2016/04/18 17:24
警察本部警備部公安警察の電波部による衛星使用の電磁波の拷問と、集団ストーカーの電磁波発生器の機械持ち込みによる電磁波照射を、きちんと見分け、集ストの場合は他の人がいる場所へ避難する事が大事である。

2016/04/19 08:11
4月15日、国会で大切な法案「インターネット監視法」が、可決しています。「水」の投稿記事、これを含め11点全て抹消して下さい。宜しくお願い致します。

2016/04/23 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
空からの目 もぎせかブログ館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる